1. Home
  2. 生き方
  3. 料理人タテヤの南極日記 #JARE61
  4. 船上露天風呂で英気を養い、昭和基地に到着...

料理人タテヤの南極日記 #JARE61

2020.05.14 更新 ツイート

第8回

船上露天風呂で英気を養い、昭和基地に到着! 竪谷博

昭和基地へ到着です。約1カ月にわたる船上生活から基地での生活に切り替わります。
 

到着後、すぐに夏宿舎に食糧の搬入があります。ゆっくりしている間はありません。
 

夏の間は毎朝07:45からラジオ体操が始まります。
 

朝礼では各部署が1日の仕事内容を発表して安全確認をします。
 

61次隊の仕事のひとつに、この旧気象棟解体作業があります。
 

アンテナドームの取り外しにかかります。
 

内装を壊す時にとてもほこりが出て大変でした!
 

全て手作業。ゴミの分別もしながら進めていきます。
 

屋根に取り付けられていたドームも取り外されました。

コンクリートプラントも1年ぶりに稼働の準備を開始しています。
 

昭和基地に到着してすぐ夏作業に着手。大忙しの日々が始まりました。南極の夏は短く、しかも61次隊では夏隊がいる期間が例年より短いため、1日も無駄にはできません。

次回は昭和基地での夏作業風景をお届けいたします。

{ この記事をシェアする }

料理人タテヤの南極日記 #JARE61

料理人タテヤ、再び南極へ。第61次南極観測隊・調理担当タテヤが、昭和基地での日々をレポートします。

バックナンバー

竪谷博

1972年、東京都生まれ。日本料理店での修業を経て、居酒屋・風神亭チェーンの料理人として腕をふるう。41歳で一念発起し、第55次南極観測隊の調理担当として、2013年12月、昭和基地に赴任。ただ1人の調理担当隊員として、第55次南極観測隊越冬隊24名の活動を支え、15年3月に帰国。同年7月には東京都杉並区に居酒屋「西荻窪じんから」をオープン、居酒屋激戦区の西荻窪で多くの人に愛される人気店になる。47歳で再び一念発起し、第61次南極観測隊越冬隊の調理担当として、19年12月、昭和基地に赴任。越冬隊30名の活動を支えている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP