1. Home
  2. 生き方
  3. 料理人タテヤの南極日記 #JARE61
  4. 往復3週間の「内陸旅行」に出発しました!

料理人タテヤの南極日記 #JARE61

2020.12.07 更新 ツイート

第21回

往復3週間の「内陸旅行」に出発しました! 竪谷博

みなさんこんにちは。第61次南極地域観測隊・調理担当のタテヤです。

今回は昭和基地から約270キロ、標高約2200メートルの「みずほ基地」へ、往復で約3週間かけて内陸旅行へ行った時のことをお話しします。次の隊で計画されているドームふじ基地での観測のために、たくさんの燃料を置きにいくのが今回の内陸旅行のミッションです。

こちらの黄色い幌橇で食糧を運びます。
 

橇の中には棚があり、日ごとに分けた食糧などを積み込みます。
 

出発の朝。隊員ほぼ総出で荷物を積み込みました。
 

旅行隊は出発前に横断幕と記念撮影。
 

大陸に上がる前には、危険な氷の割れ目(タイドクラック)を渡らなくてはなりません。道板を渡して、慎重かつ一気に通過します。

 

全車両が無事にタイドクラックを通過できました!
 

大陸に上陸してから約2時間でS16地点(内陸旅行の前線基地的な場所)に到着です。ここには事前に用意しておいた車両や橇が置いてあります。次の隊のため、約270キロ先のみずほ基地へたくさんの燃料を置きに行きます。
 

橇を7台引くと、全長は約50メートルにも! 重いので、雪上車の速度は時速7キロくらいしか出ません。途中、雪や氷、大気の観測をします。
 

今回はこちらの4台で行きました。
 

天気がいい日は雪面が見やすいので凹凸に早く気が付き、安全に進むことができます。
 

{ この記事をシェアする }

料理人タテヤの南極日記 #JARE61

料理人タテヤ、再び南極へ。第61次南極観測隊・調理担当タテヤが、昭和基地での日々をレポートします。

バックナンバー

竪谷博

1972年、東京都生まれ。日本料理店での修業を経て、居酒屋・風神亭チェーンの料理人として腕をふるう。41歳で一念発起し、第55次南極観測隊の調理担当として、2013年12月、昭和基地に赴任。ただ1人の調理担当隊員として、第55次南極観測隊越冬隊24名の活動を支え、15年3月に帰国。同年7月には東京都杉並区に居酒屋「西荻窪じんから」をオープン、居酒屋激戦区の西荻窪で多くの人に愛される人気店になる。47歳で再び一念発起し、第61次南極観測隊越冬隊の調理担当として、19年12月、昭和基地に赴任。越冬隊30名の活動を支えている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP