1. Home
  2. 生き方
  3. 料理人タテヤの南極日記 #JARE61
  4. さらば「しらせ」、夏隊、そして60次隊

料理人タテヤの南極日記 #JARE61

2020.06.25 更新 ツイート

第10回

さらば「しらせ」、夏隊、そして60次隊竪谷博

こんにちは。第61次南極地域観測隊・調理担当のタテヤです。今回は観測隊の夏作業第2弾をお届けします。

今回の大きなミッションのひとつが、基本観測棟の放球デッキ建設。短い夏の期間で一気に仕上げなくてはなりません。果たして夏隊が昭和基地を離れる前に完成するのでしょうか?
 

しらせ乗組員の力を借りて、砂利とコンクリートを水と一緒にミキサーにかけて混ぜ合わせます。ほぼ手作業なのでとっても重労働です!
 

練られたコンクリートはすぐにトラックに乗せて現場に運ばれます。
 

生コンを型枠に手際よく流していきます。すぐに固くなってしまう寒冷地仕様。時間をかけられません。
 

細かいところはバケツにすくって流します。かなりキツイ!
 

色々ありながらもついに形が出来上がってきました。新放球デッキも完成間近です。
 

一方しらせは、帰りの進路に船首を向けていました。
 

昭和基地沖から離れる準備が整ったようです。
 

1月下旬の夕焼け空。しらせ乗組員や夏隊との別れの時が近づいてきました。
 

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

料理人タテヤの南極日記 #JARE61

料理人タテヤ、再び南極へ。第61次南極観測隊・調理担当タテヤが、昭和基地での日々をレポートします。

バックナンバー

竪谷博

1972年、東京都生まれ。日本料理店での修業を経て、居酒屋・風神亭チェーンの料理人として腕をふるう。41歳で一念発起し、第55次南極観測隊の調理担当として、2013年12月、昭和基地に赴任。ただ1人の調理担当隊員として、第55次南極観測隊越冬隊24名の活動を支え、15年3月に帰国。同年7月には東京都杉並区に居酒屋「西荻窪じんから」をオープン、居酒屋激戦区の西荻窪で多くの人に愛される人気店になる。47歳で再び一念発起し、第61次南極観測隊越冬隊の調理担当として、19年12月、昭和基地に赴任。越冬隊30名の活動を支えている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP