1. Home
  2. 生き方
  3. 南極調理隊タテヤの越冬日記
  4. 壮大なオーロラに心も言葉も奪われた夜

南極調理隊タテヤの越冬日記

2014.09.30 更新

第15回

壮大なオーロラに心も言葉も奪われた夜竪谷博


 8月3日。深夜0:00を過ぎた頃、オーロラのブレイクが起こりました。満月の月明かりのように夜の闇を照らします。どうぞ連続でご覧ください。


 言葉が出ません……。


 どこまで明るくなるのか?と驚くほど輝く瞬間があります。そのたびに胸がドキドキします。


 すごいなぁ……。


 通常の夜には見ることができない海氷上の岩島も見ることができました。


 いやぁ……。


 きれいだなぁ……。


 はぁーっ。すごいなぁ……。


 オーロラブレイクの時、様々な色に変化するカーテンが空一面をおおい、流れては消えていきます。


 深夜の時間帯は、オーロラ観測に影響しないように灯火制限をしているため、基地の明かりは一切、外に漏れません。なので、ライトを点けないと、自分の足元さえ分からない暗闇になります。しかし、オーロラが現れると、あたりはライトなしで歩けるほどになります。
 月も雲も風もなく、なおかつ太陽活動が活発な時にオーロラ写真は撮りやすいのですが、なかなかそのような条件が揃う日はありません。


 とにかく、すごい景色を見た時って、まわりに人がいなくても、一人で思わず何かつぶやいてしまいますよね。今回のオーロラはそんな感じでした。本当に心に残りました!


 それでは、そろそろ終了です。今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。それではまたまた次回をお楽しみに! 昭和基地一九(いちきゅう)広場よりさようなら~(^^)

  

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

南極調理隊タテヤの越冬日記

南極ではどんな暮らしをしているの? 何を食べてるの? 第55次南極観測隊・調理担当隊員タテヤが、昭和基地での日々をレポートします。

バックナンバー

竪谷博

1972年、東京都生まれ。日本料理店での修業を経て、西荻窪本店のほか都内に6店舗をかまえる風神亭チェーンの料理人となり、和食をベースとした創作料理で腕をふるう。41歳で一念発起し、第55次南極観測隊の調理担当に志願。2013年12月に昭和基地に赴任し、現在はただ1人の調理担当隊員として、第55次南極観測隊越冬隊24名の活動を支えている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP