1. Home
  2. 生き方
  3. 南極調理隊タテヤの越冬日記
  4. 極夜の祭典・ミッドウインター祭

南極調理隊タテヤの越冬日記

2014.07.30 更新 ツイート

第11回

極夜の祭典・ミッドウインター祭竪谷博

 みなさま、こんにちは。第55次日本南極地域観測隊調理隊員のタテヤです。今回はいよいよ、極夜に入ってからの南極生活をご紹介します。

 昭和基地では、極夜といっても、24時間星が見えるほどずっと真っ暗なわけではありません。薄明るくなる時間も数時間あるのですよ。

 6月3日。午前9:30ごろ。まだライトがないと暗くて危険です。


 午前11:00ごろ。この時間になればライトがなくても大丈夫(^^)。でも14:00ごろには暗くなってきます。


 6月4日16:00。かまくら掘りに参加!


 極夜の祭典・ミッドウインター祭に向けて大きなかまくらを掘っているところです!


 ミッドウインター祭とは、南極で観測している世界中の基地が、太陽の昇らない極夜期を一斉に祝い、明るく楽しく乗り切っていこう!という国際的なお祭りです。


 今日の作業はこの辺で終了~!


 すべて手掘り作業なので気温が-20℃以下でも汗だくになります。


 この日一緒に掘ったメンバーと記念撮影。このころは毎日筋肉痛でした……(^^)

 

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

南極調理隊タテヤの越冬日記

南極ではどんな暮らしをしているの? 何を食べてるの? 第55次南極観測隊・調理担当隊員タテヤが、昭和基地での日々をレポートします。

バックナンバー

竪谷博

1972年、東京都生まれ。日本料理店での修業を経て、西荻窪本店のほか都内に6店舗をかまえる風神亭チェーンの料理人となり、和食をベースとした創作料理で腕をふるう。41歳で一念発起し、第55次南極観測隊の調理担当に志願。2013年12月に昭和基地に赴任し、現在はただ1人の調理担当隊員として、第55次南極観測隊越冬隊24名の活動を支えている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP