1. Home
  2. 生き方
  3. 南極調理隊タテヤの越冬日記
  4. 本日をもって太陽ともお別れです

南極調理隊タテヤの越冬日記

2014.07.15 更新 ツイート

第10回

本日をもって太陽ともお別れです竪谷博

 こんにちは。第55次日本南極地域観測隊調理隊員のタテヤです。日本はもう夏ですね。こちら昭和基地は、これからの7月8月が冬本番です。

 では前回の続き、少し遡って5月後半の記録からいきましょう。

 5月17日。南極にいてもこの時期になると食べたくなる筍! 筍ごはんを作りました。


 三陸の美味しいわかめと一緒に若竹煮も作りましたよ~。残念ながら採れたての筍ではありませんが、雰囲気だけでも旬を味わうことが、南極ではとても大事なのです。


 5月19日。ブリザードのこの日は、恒例の玉ねぎの皮剥き大会! みんなでやればあっという間に終わるのだ(^^)


 5月20日。鰈の煮つけ。


 5月24日。観測用ゴム気球打ち上げ。


 宙空隊員が、上空30kmの高層大気を調べるために、ゴム気球に軽量の測器をぶら下げて打ち上げるところ。


 5月24日。タロとジロで有名な1次隊が上陸したポイントに行ってきました!


 上陸地点から見える南極の雄大な景色です。ラングホブデの岩山、長頭山が見えます(ラングホブデというのは、昭和基地の南方約30km、地面に雪や氷がなく、岩や地面が剥き出しになったエリアです)。


 5月25日。スイーツ部の隊員とシュークリームを作りました!


 休日のおやつの時間です(^^)


 出ました! 北海道標津漁師が手作りした鮭の燻製。休日のバーにまたまた登場です。


 丸ごと一尾を出刃包丁で切る!


 あとは、皮を剥ぎながらむしゃぶりつきます。




 こちらは、ニシンの山椒漬けと赤ホヤの塩辛。おつまみには最高の逸品。小皿に取り分けて頂きます!

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

南極調理隊タテヤの越冬日記

南極ではどんな暮らしをしているの? 何を食べてるの? 第55次南極観測隊・調理担当隊員タテヤが、昭和基地での日々をレポートします。

バックナンバー

竪谷博

1972年、東京都生まれ。日本料理店での修業を経て、西荻窪本店のほか都内に6店舗をかまえる風神亭チェーンの料理人となり、和食をベースとした創作料理で腕をふるう。41歳で一念発起し、第55次南極観測隊の調理担当に志願。2013年12月に昭和基地に赴任し、現在はただ1人の調理担当隊員として、第55次南極観測隊越冬隊24名の活動を支えている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP