1. Home
  2. 読書
  3. 古典にすべてが書かれている。
  4. 蔓延する新型コロナへの対策を感染症の日本...

古典にすべてが書かれている。

2020.04.09 更新 ツイート

蔓延する新型コロナへの対策を感染症の日本史から学ぶ 坂口孝則

●今回取り上げる本:『病が語る日本史』(酒井シズ)

過去を全否定することなく過去から教訓を引き出すために

新型コロナウィルスが世界各地に広がり、いまだに終息する素振りを見せない。死者数も恐ろしいスピードで積み上がっていく。

私は企業のコンサルタントに従業している。まわりから聞こえてくる意見に、象徴的な二つがある。それは「グローバリズムが発展しすぎたがゆえの、反グローバリズム」と「サプライチェーンが高度化したがゆえの、反サプライチェーン」だ。

これは専門的な内容を解説する場ではないので、簡易的に話す。日本企業は、中国や東南アジアに事業が拡大し、それがゆえに新型コロナウィルスの打撃を受けている。そこで前者は、だからこそ中国などを外して事業を再構築しようというもの。

そして、現在、生産・在庫・販売など一連のサプライチェーンは、極限までムダな流通量を削っている。それがサプライチェーンの進化だった。しかし、そうすると、脆弱になり、今回のような災害時にはすぐさま止まってしまう。だから後者は、サプライチェーンを高度化するのではなく、むしろ余裕をもたせろと主張するもの。

この二つが、なぜ私にとって象徴的かというと、その思考の振れ幅があまりにも極端だからだ。大きな事故の際には、多くの人たちが過去を突然に全否定しようとする。平和な日常を過ごしていたときには疑いもしなかったくせに。災害から教訓を引き出すにしても、それは過去を完全に否定するのではなく、きっと、過去の良かったところも見逃さずに、改良する目が必要だろう。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

古典にすべてが書かれている。

古典の魅力とは何か? どんな古典を読むべきか? 古典初心者のための入門コラム 

バックナンバー

坂口孝則

調達・購買コンサルタント/未来調達研究所株式会社取締役/講演家。
2001年、大阪大学経済学部卒業後、電機メーカー、自動車メーカーに勤務。原価企画、調達・購買、資材部門に従業。
製造業を中心としたコンサルティングを行う。
著書に『牛丼一杯の儲けは9円』『営業と詐欺のあいだ』『1円家電のカラクリ 0円iPhoneの正体』『仕事の速い人は150字で資料を作り3分でプレゼンする。』(小社刊)などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP