1. Home
  2. 読書
  3. 古典にすべてが書かれている。
  4. 闘いながらも弱さを隠せないニーチェ「この...

古典にすべてが書かれている。

2019.10.05 更新 ツイート

闘いながらも弱さを隠せないニーチェ「この人を見よ」にビジネスの突破口を学ぶ 坂口孝則

◎今回取り上げる古典:『この人を見よ』(フリードリヒ・ニーチェ)

自分と違う価値観の人は無視すればいいではないか

KY(空気が読めない)という言葉が流行したとき、私はたいへんに興味深く感じた。自分を貫くことができるという意味で、KYは褒め言葉かと思いきや、揶揄されていた。

世の中では、個性的であることが最重要価値かのように語られているのに、どうも、他人の気もちを読めない個性は認められないらしい。

ところで、私の個人的な経験では、多様性とか、平等とか、自由とか、愛とかを、必要以上に叫ぶひとたちこそ、その考えを否定する「個性」を持つひとたちに不寛容をあらわにする。多様性を叫ぶ論者は、多様性を認めない“多様性”については認めないのだ。

ヘイトスピーチも認めろといっているわけではない。ただ、街中に立って差別的な発言を繰り返すのではなく、単に内心で思うくらいは、それこそ勝手なはずなのに、多様性を尊ぶ自由主義者たちはそれを我慢できない。

話は変わるようだが、偽善というのも、たいへんに不思議な言葉だ。やっていることが善いのであれば、なぜ責められる筋合いがあるのだろうか。そのひとの内面がどうであれ、やっていることが善ければ、それでいいではないか。もっといえば、他人の内面なんてどうやって完全に理解できるのだろうか。

いや、偽善は、道徳的に間違っている、と誰かはいうかもしれない。しかし、なぜ道徳的でなければならないのだろうか。表面的だったとしても、善いことをやっているのだから。

偽善であれ、KYであれ、内面的な差別主義者であれ、彼らを肯定することはできないのだろうか。相手の意見がどうであれ、ただただ肯定できないのだろうか。すくなくとも、どのような考えをもっている人間でも、無視するくらいはできないだろうか。もっといえば、自分に関係がないと思えばいい。それくらいの強さをもてないものだろうか。

他人は他人。自分は自分。そして、その先で、ありのままの自分を認めること。宗教が定めた道徳という尺度を鵜呑みにせずに、自分の考えや性質を肯定し、そして運命までを受け入れること。

私は、このあたりの問題を考えたのがニーチェではないかと思っている。正当な読み方は知らない。しかし、私は“勝手に”そう考えている。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

{ この記事をシェアする }

古典にすべてが書かれている。

古典の魅力とは何か? どんな古典を読むべきか? 古典初心者のための入門コラム 

バックナンバー

坂口孝則

調達・購買コンサルタント/未来調達研究所株式会社取締役/講演家。
2001年、大阪大学経済学部卒業後、電機メーカー、自動車メーカーに勤務。原価企画、調達・購買、資材部門に従業。
製造業を中心としたコンサルティングを行う。
著書に『牛丼一杯の儲けは9円』『営業と詐欺のあいだ』『1円家電のカラクリ 0円iPhoneの正体』『仕事の速い人は150字で資料を作り3分でプレゼンする。』(小社刊)などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP