1. Home
  2. 読書
  3. 古典にすべてが書かれている。
  4. 闘いながらも弱さを隠せないニーチェ「この...

古典にすべてが書かれている。

2019.10.05 更新 ツイート

闘いながらも弱さを隠せないニーチェ「この人を見よ」にビジネスの突破口を学ぶ坂口孝則

◎今回取り上げる古典:『この人を見よ』(フリードリヒ・ニーチェ)

自分と違う価値観の人は無視すればいいではないか

KY(空気が読めない)という言葉が流行したとき、私はたいへんに興味深く感じた。自分を貫くことができるという意味で、KYは褒め言葉かと思いきや、揶揄されていた。

世の中では、個性的であることが最重要価値かのように語られているのに、どうも、他人の気もちを読めない個性は認められないらしい。

ところで、私の個人的な経験では、多様性とか、平等とか、自由とか、愛とかを、必要以上に叫ぶひとたちこそ、その考えを否定する「個性」を持つひとたちに不寛容をあらわにする。多様性を叫ぶ論者は、多様性を認めない“多様性”については認めないのだ。

ヘイトスピーチも認めろといっているわけではない。ただ、街中に立って差別的な発言を繰り返すのではなく、単に内心で思うくらいは、それこそ勝手なはずなのに、多様性を尊ぶ自由主義者たちはそれを我慢できない。

話は変わるようだが、偽善というのも、たいへんに不思議な言葉だ。やっていることが善いのであれば、なぜ責められる筋合いがあるのだろうか。そのひとの内面がどうであれ、やっていることが善ければ、それでいいではないか。もっといえば、他人の内面なんてどうやって完全に理解できるのだろうか。

いや、偽善は、道徳的に間違っている、と誰かはいうかもしれない。しかし、なぜ道徳的でなければならないのだろうか。表面的だったとしても、善いことをやっているのだから。

偽善であれ、KYであれ、内面的な差別主義者であれ、彼らを肯定することはできないのだろうか。相手の意見がどうであれ、ただただ肯定できないのだろうか。すくなくとも、どのような考えをもっている人間でも、無視するくらいはできないだろうか。もっといえば、自分に関係がないと思えばいい。それくらいの強さをもてないものだろうか。

他人は他人。自分は自分。そして、その先で、ありのままの自分を認めること。宗教が定めた道徳という尺度を鵜呑みにせずに、自分の考えや性質を肯定し、そして運命までを受け入れること。

私は、このあたりの問題を考えたのがニーチェではないかと思っている。正当な読み方は知らない。しかし、私は“勝手に”そう考えている。

 

怒りをぶちちまけるニーチェ遺作『この人を見よ』

ニーチェの遺作となった『この人を見よ』(光文社古典新訳文庫版)をとりあげたい。ニーチェは哲学者だから、なにか崇高なことを考え、それは立派な、一般人がときに理解し難いような高尚な内容であると思われている。

しかし私が思うに、ニーチェの名前を聞いたことがあるひとがいても、そもそも本を読んだことがあるひとはほとんどいない。道徳とか人生訓に引用されて、二宮金次郎のような扱いをされている。

ニーチェは、頭がよい。ただし気性の激しい強烈で過激なおっさんが話していると思ったほうが、私の理解にちかい。

ニーチェは、何かにたいして怒りをぶちまけている。しかし、その怒りは病的で、いったいなぜそこまで怒っているかがわかりにくい。怒りは、自分を理解しない世界と、その世界を毒したクリスト教について向けられている。しかしその怒りはイエス・クリストには向けられていない。

タイトルである「この人を見よ」とは、聖書でイエスを指して「この人を見よ」といったところから引用されている(「ヨハネによる福音書」)。ニーチェはイエスと自分を重ね、無視されそうになっている狂人として、「私を無視するな」と叫んでいる。

なぜ、ニーチェがイエスに共感をいだいたのか。それは、それまでの世の中の常識に挑んだ点においての共感だった。そして、イエスは、クリスト教誕生前の世界に、そしてニーチェはクリスト教文化の常識に挑んでいった。

意地悪で病的なニーチェの面白さ

この遺作『この人を見よ』だが、それまでにニーチェが執筆した作品を一つひとつ取り上げ、いまでいうセルフレビューを記している。しかし、はじめてニーチェ作品にふれるなら、このおじさんが、いったい何に怒り、何と闘っているかがわからないだろう。

<「隣人愛」(――隣人病だ)には高い価値、それどころか! 価値そのものがあると見ているのだ!……なんということだ!(P315)>

<あの戦慄すべきナンセンスが生まれた。愛とは「非利己的」なものであるべきなのです(P98)>

<人類は、これまで最悪の手に委ねられていたのであり、失敗した者、腹黒く復習に燃える者、いわゆる「聖者」、つまり世界を誹謗し、人類を屈辱する者たちによって、統治されてきたのだ(P141)>

その代わりにニーチェが提示するものはなにか。

<最高のイエスを言うこと、つまり、なんの保留もつけずにイエスと言うことだ。苦悩そのものに対して、罪そのものに対して、現実に存在するいかがわしくて見知らぬものすべてに対して(中略)。このことを理解するには、勇気が必要である。そして勇気をもつ条件として、ありあまる力が必要である。(P108、P109)>
(*引用中のイエスとはイエス・クリストのことではなく、YESを指す。念のため)

隣人愛どころか、ニーチェはこうも書いている。論敵にたいしてだ。

<私には、粗野きわまりない言葉や、粗野きわまりない手紙のほうが、沈黙よりたちがよく、誠実であるように思える。沈黙している人間には、ほとんどいつも心の鮮麗さや礼儀正しさが欠けている。沈黙は抗議である。言いたいことを飲み込んでいると、当然、性格が悪くなる(中略)。粗野であることは、きわめて人間的な反論の形式なのだ(P34、P35)>

これは哲学だろうか。間違いなくそうだ。しかし、私たちが社会の授業で習ったような、わかりやすい道徳や思想と結びつけるとかなりの無理がある。ニーチェが闘ったのは、そのような社会でつるりと流れ行く常識だったのだから。

そして私は、わかりやすい言葉だけを切り取って、聖人かのようにニーチェを祭り上げることが残念でならない。聖人になりたくない、と本人が語っている。もっと意地悪で病的なニーチェこそ、私のなかでもっとも面白い。

人間の内面を書き換えたキリスト教への怒り

ニーチェは何にたいして怒っていたのか、それは他人の精神に介入しようとするキリスト教についてだった。キリスト教は、殴ってくる隣人にたいしても、愛で迎えた。そして、むしろ彼らに哀れみをもって接した。殴った隣人たちは、「かわいそうな」ひとに転換されていった。

愛は人類全体に向けられ、キリスト教は愛という武器をもって、ひとの内面を書き換えることで世界の価値観を転覆した。しかし、その宗教性の強さゆえ、ひとは、神から与えられる愛なしには、生きていくことさえできなくなった。

しまいには、ひとの心に介在することを職業とする聖人までが生まれた。聖人からひとびとは骨抜きにされ、自らの意志で強く生きることさえできなくなった。

神はひとびとに原罪をあたえたという。ニーチェはなぜそのようなものに制限をつけられるべきなのかと気づいた。罪がある? 悩みがある? それなら、それをまるごと肯定するだけ強くなればいい。力をもて、粗野であっても強者となれ。

これを読んでいるひとの大半は、他者の内面を気にする。たとえば、あなたが誰かを叱ったときに「ムカつく!」と言い返されるよりも、「私は傷つきました」と返されることにダメージを受ける。相手が傷つくことが、自分への最大の復讐とは! しかし、ニーチェだけがそこにキリスト教のしかけた構造を嗅ぎ取っていた。

ニーチェはただキリストを無視することはできなかった

ただ、ここで大きな疑問が浮かぶ。

強く生きるのであれば、生きればいいのではないか。しかし、二―チェの記す文章はあまりに執拗で、キリスト教的現実に苛立っている。もっといえば、強く生きることができずに、弱者の吐露のようにも聞こえる。

もちろん本を書くのは、大衆に知らしめたい思いはあっただろう。しかし、力、強さ、勇気と、語りすぎるものだから、逆説的に恨みに近い無念さを抱いているのではないかと勘繰ってしまうほどだ。

もちろんこの感想はニーチェ批判ではない。

むしろ、葛藤し、つじつまのあわなさこそ、ニーチェの魅力だと私は感じている。なにか新しい思想を瀰漫(びまん)しようとするとき、世間からの「受け入れられなさ」に失望し、しかしまさに自己の運命を信じ、ひたすらに闘い続けた。

それだけ世の価値観の再転覆を試みるのは、あらかじめ失敗する企てだったのだろう。しかし、その企てが失敗しようが、ニーチェは闘うしかなかった。そして、残念ながら、当時も現代でも再転覆する見込みはないが、ニーチェの名前は残った。一人の戦記としての壮絶な内容が、一定のひとの心を衝くからだろう。

私も心を衝かれる一人である。

世の中が、ニーチェのいうとおり、世界がある価値観に書き換えられたとしたら、あなたはどう思うだろうか。そして、その価値観にどう立ち向かう、あるいは立ち向かわないだろうか。私は、おおげさにいえば、ニーチェの闘争を知ることは、人生観やビジネスにも大きな影響を与えると信じている。それは良い意味でも、悪い意味でも。自分が傷つくことで他人を動かす戦略をとるのも自由だし(なんと無意識にこの手法をとるひとの多いことだろう! いまでは会社や組織のなかで「私がもっとも疲労しています」といったメッセージを他者に送ることで、同情という名の環境改善を乞うひとがいかに多いことか)、または、他人がどうであれ自己を貫く強さに憧れることもできるだろう。

自己啓発書を読むならば、古典が役に立つと私が思うのはこのような瞬間だ。答えを『この人を見よ』を読んで教えてほしい。

みなでニーチェ『この人を見よ』について読み話す読書会

11月7日にニーチェ『この人を見よ』をとりあげた読書会を実施する。書籍をもってきていただければ大丈夫で、事前にお読みいただく必要はない。

・光文社古典新訳文庫版『この人を見よ』を持参
・電子書籍ではなく、紙版がふさわしい
・読んでいなくても参加可能
・可能なら気になった章を読む
・さらに可能なら「一」全編を読む

当日は意見交換をしながら、大胆に誤読してビジネス等のヒントを解説していきたい。

少しでもご興味あるかたのご参加を心からお待ちします。
 

<坂口孝則さんと古典を読む読書会概要>

《日程・図書》

11月7日(木)19時30分~21時30分
【ビジネスの“突破口”を学ぶ】
ニーチェ『この人を見よ』(光文社古典新訳文庫)

*各自で課題図書をご購入のうえ、当日ご持参ください。

《参加費》
2,500円(税抜)

詳細・お申込みは、幻冬舎大学のお知らせページをご覧ください。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

古典にすべてが書かれている。

古典の魅力とは何か? どんな古典を読むべきか? 古典初心者のための入門コラム 

バックナンバー

坂口孝則

調達・購買コンサルタント/未来調達研究所株式会社取締役/講演家。
2001年、大阪大学経済学部卒業後、電機メーカー、自動車メーカーに勤務。原価企画、調達・購買、資材部門に従業。
製造業を中心としたコンサルティングを行う。
著書に『牛丼一杯の儲けは9円』『営業と詐欺のあいだ』『1円家電のカラクリ 0円iPhoneの正体』『仕事の速い人は150字で資料を作り3分でプレゼンする。』(小社刊)などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP