1. Home
  2. 読書
  3. 古典にすべてが書かれている。
  4. 研究機関のウィルスが巻き起こす異常事態と...

古典にすべてが書かれている。

2020.04.26 更新 ツイート

研究機関のウィルスが巻き起こす異常事態と人類絶滅。小松左京SFとは異なる結末を願う坂口孝則

今回取り上げる古典:『復活の日』(小松左京)

名著とは自分を再発見させてくれるもの

だいぶ前に読んだ本のうち、ある瞬間にふたたび思い出すものがある。読んだ瞬間には、その重要性もわからず、ただただページをめくるだけだったにもかかわらず、人生のある瞬間でふと心にひっかかる本。

たとえばボブ・グリーンの『ボブ・グリーンの父親日記』。これは20代の後半に読んだ。当時、氏の文体を研究していた私は、氏の著作をできるだけ集めていた。30代の前半で結婚して子供が生まれたとき、ふと思い出して同書を再読してみた。驚いた。

初読時には、まったく気にもとめなかった箇所が、父親になった私に襲いかかってきた。両親との葛藤、娘への戸惑い、仕事と育児の両立……などなどが、切羽詰まった声として私の耳に届いてきた。もしかすると、自分にとっての名著とは、自分の人生が流れるなかで、自分を発見させてくれるものなのかもしれない。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

古典にすべてが書かれている。

古典の魅力とは何か? どんな古典を読むべきか? 古典初心者のための入門コラム 

バックナンバー

坂口孝則

調達・購買コンサルタント/未来調達研究所株式会社取締役/講演家。
2001年、大阪大学経済学部卒業後、電機メーカー、自動車メーカーに勤務。原価企画、調達・購買、資材部門に従業。
製造業を中心としたコンサルティングを行う。
著書に『牛丼一杯の儲けは9円』『営業と詐欺のあいだ』『1円家電のカラクリ 0円iPhoneの正体』『仕事の速い人は150字で資料を作り3分でプレゼンする。』(小社刊)などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP