1. Home
  2. 読書
  3. 古典にすべてが書かれている。
  4. 付け焼きの意見を垂れ流す〈知的賤民〉の愚...

古典にすべてが書かれている。

2019.12.26 更新 ツイート

付け焼きの意見を垂れ流す〈知的賤民〉の愚かさを200年前に指摘した読書術の古典坂口孝則

■今回取り上げる古典:「読書について」(ショウペンハウエル)

世の中に断言できることは多くない

「読書」をタイトルに冠したこの記事を読むくらいだから、読者は読書家にちがいない。私も手当たりしだいに書籍を読み漁ってきた。一日に2冊は書籍が届く。書店で購入するものも入れると相当な数になる。

むかしは購入した書籍をせっせとスキャンしていた。しかし、いまでは気に入った箇所をスマホのカメラで撮影しておく。読み終わったら売却する。どうしてもほしい書籍があつたら、中古でもすぐさま手に入る時代になった。

なぜ書籍を読み始めたかというと、それはたんに楽しかったから、という経験があったにほかならない。教養だとか、知識とか語るひともいるけれど、きっかけは、ただただ愉悦があってのことだろう。

ただし私の場合、ちょっと複雑で、働き始めてから、さまざまな業種の方々と話す必要があった。その際、てっとりばやく業界の知識を得られるのが書籍だった。さらに、そのあと、メディアに出るまでになった。そうすると、どういう質問がやってくるかわからない。知らないと、なんだか白けた雰囲気になる。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

古典にすべてが書かれている。

古典の魅力とは何か? どんな古典を読むべきか? 古典初心者のための入門コラム 

バックナンバー

坂口孝則

調達・購買コンサルタント/未来調達研究所株式会社取締役/講演家。
2001年、大阪大学経済学部卒業後、電機メーカー、自動車メーカーに勤務。原価企画、調達・購買、資材部門に従業。
製造業を中心としたコンサルティングを行う。
著書に『牛丼一杯の儲けは9円』『営業と詐欺のあいだ』『1円家電のカラクリ 0円iPhoneの正体』『仕事の速い人は150字で資料を作り3分でプレゼンする。』(小社刊)などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP