1. Home
  2. 読書
  3. 古典にすべてが書かれている。
  4. 「ビジネスの合理性」を獲得するには「不合...

古典にすべてが書かれている。

2019.04.05 更新 ツイート

「ビジネスの合理性」を獲得するには「不合理な浪費」が必要だと「あの名著」は教えてくれる坂口孝則

◎今回取り上げる古典:『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(マックス・ヴェーバー)

人生は逆説で満ちている

1995年。誰かにとっては平凡な一年も、私にとっては特別な思い出の年となった。たまたま遊びに行った大学生の部屋で、スレイヤー『Reign in Blood』を聴いた。そのとき、なんとも言い難い衝動に駆られた。私が高校1年生のときだった。

その驚きと、恐怖にも似た心の揺れを、どのように表現してよいのかいまだにわからない。彼らが演奏していたのは、私が教えてもらった安全な音楽から遠く離れた何かだった。速さ、凶暴さ、暴力性。私はそのとき佐賀県で、日本の片隅にいた。しかし、そのときはじめて、大げさにいえば、人生には両親が一度も教えてくれなかった可能性があると知ったのだった。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

古典にすべてが書かれている。

古典の魅力とは何か? どんな古典を読むべきか? 古典初心者のための入門コラム 

バックナンバー

坂口孝則

調達・購買コンサルタント/未来調達研究所株式会社取締役/講演家。
2001年、大阪大学経済学部卒業後、電機メーカー、自動車メーカーに勤務。原価企画、調達・購買、資材部門に従業。
製造業を中心としたコンサルティングを行う。
著書に『牛丼一杯の儲けは9円』『営業と詐欺のあいだ』『1円家電のカラクリ 0円iPhoneの正体』『仕事の速い人は150字で資料を作り3分でプレゼンする。』(小社刊)などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP