1. Home
  2. 読書
  3. 古典にすべてが書かれている。
  4. とにかく生きよ。人生の教訓に満ちた不朽の...

古典にすべてが書かれている。

2019.08.05 更新 ツイート

とにかく生きよ。人生の教訓に満ちた不朽の名著『エセー』坂口孝則

◎今回取り上げる古典:『エセー』(モンテーニュ)
 


誤読が新しい解釈を生む

かつて、私はロックやメタルを聴いては、耳でその音をコピーしていた。中学から高校のころだ。私はさほど耳が良いわけではない。コピーする。そして、雑誌などを買って答え合わせをする。すると、一部が間違っている。「これ正しいの?」と疑って、違う雑誌を買ってみる。すると、やはり私が間違っているとわかる。

これは多くの音楽少年が経験する道かもしれない。どうしても聞き取れない音やコードがある。3歳くらいから音楽教育を受けているわけではないから、絶対音感もない。だから、自分には楽器を弾く才能がないのではないかと絶望に浸る。

私が当時、購入していた音楽雑誌で、忘れられないコメントがあった。細かな文面は異なるかもしれない。ただ、文意は正しいはずだ。まず、その雑誌にはQ&Aコーナーがあった。そして、ある読者が、プロのミュージシャンに、「自分はどうしても、正しい音を耳で聞き取れない」と相談していた。

すると、回答者であるプロミュージシャンは「しかし、間違っていても、あなたにはそう聞こえたのだから、いいじゃないですか」と答えていた。そして、「新たな楽曲を作っているようなものです」といった答えに感心した。いまでは、ウィトゲンシュタインの言語ゲーム論に通じるような議論を想起する。しかし、私がいいたいのは、そのような衒学的な内容ではない。

あるひとが、Aという音を送る。Aと受け取るひとがいる。しかし、なかには、Bと受け取るひとがいる。その誤配によって、違う解釈が生まれ、あらたな創造物が誕生する可能性がある。

音痴と聞き取りベタを棚に置いたまま、私はすばらしい可能性を感じたものだった。ややおおげさにいえば、世界の可能性が開いた気がした。「正確に読まなくてもいい」「正しく聴かなくてもいい」。そのあとの、自分の咀嚼が価値あるものであれば、それはすべて肯定される――。世界は自由なのだ。

私が、古典を誤読してもいいのでなんらかのヒントを得ようと訴える当連載の、30年も前のことだった。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

古典にすべてが書かれている。

古典の魅力とは何か? どんな古典を読むべきか? 古典初心者のための入門コラム 

バックナンバー

坂口孝則

調達・購買コンサルタント/未来調達研究所株式会社取締役/講演家。
2001年、大阪大学経済学部卒業後、電機メーカー、自動車メーカーに勤務。原価企画、調達・購買、資材部門に従業。
製造業を中心としたコンサルティングを行う。
著書に『牛丼一杯の儲けは9円』『営業と詐欺のあいだ』『1円家電のカラクリ 0円iPhoneの正体』『仕事の速い人は150字で資料を作り3分でプレゼンする。』(小社刊)などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP