1. Home
  2. 読書
  3. 古典にすべてが書かれている。
  4. 考え続けた人だけが勝利する『戦争論』の真...

古典にすべてが書かれている。

2019.07.05 更新

考え続けた人だけが勝利する『戦争論』の真髄坂口孝則

◎今回取り上げる古典:『戦争論』(クラウゼヴィッツ)
 

 

成功の説明はすべて後付けにすぎない

1990年代、シスコシテムズは驚異の成長をとげた。もともと地下室をオフィスにしたスタートアップだった。彼らは積極的なM&Aを重ね、市場を席巻することに成功した。社員は楽しみながら働き、そして、顧客の声に耳を傾ける。関連企業も支配することによりシナジー効果を生み出す。

自社でなんでもやるのではなく、必要な機能は企業を買収すればいい。そのような潮流もシスコへの称賛を増やしていた。しかし、2000年代に入ると、株価は大きく下落し、そして従業員のリストラクチャリングを実施するにいたった。

2019年の現在、シスコの株価は、絶頂期のそれにまでは至らないものの、復活している。批判はあれども、立派な経営状態にある。

私が興味深いのは、2000年代はじめの不調は、それまでシスコシテムズの強みと思われていた観点から語られていたことだ。つまり、顧客とのコミュニケーションがさほどうまくいっていなかった。取引先との情報共有も不十分だった。企業文化にも問題があった。買収企業の選定に、さほど合理性がなかった――などだ(なお、これらの過程はフィル・ローゼンツワイグ『なぜビジネス書は間違うのか』に詳しい)。

考えてみるに、好調企業を説明するに、「社員が楽しそうに働いている」「顧客中心」「関連企業とのシナジー」とさえいっておけば、ほぼすべてにあてはまるだろう。固有名詞は出さないものの、日本の某社も好調時にはそう説明されていた。

しかし、おなじく不調企業も説明できるだろう。「社内は不穏な空気」「顧客の真のニーズをつかめていない」「自社の強みを活かせていない」、など、裏返すだけだ。不調企業なのに、社員は楽しそうに働いていることはありうる。顧客中心でも、利益があがらないことはありうる。

私は常々「日本では大衆の手のひら返しがもっとも恐い」といっている。しかし、それは日本だけではない。成功したら、その戦略はすべて正しいとされ、さらに、失敗したら、その戦略はすべて間違っているとされる。その意味で、日本マクドナルド創出者の藤田田さんがいう「勝てば官軍」は正しい。

おなじ企業であっても、感想が好意的にも、悪意的にもなる。

 

偶然が決定的に結果を左右する

今回、クラウゼヴィッツ『戦争論』を題材に現代のビジネスに役立てていこう、という趣旨の2回目の原稿となる。著者のクラウゼヴィッツは1780年にプロイセン国に生まれた。彼はナポレオン以降の近代的な戦争を分析し、その体系を『戦争論』にまとめた。クラウゼヴィッツは、ナポレオンに敗北した立場から、『戦争論』を記している。いわば敗者から提示されたものである。

この『戦争論』は文字通り、戦争の型となる戦略を語っており、世代と時代を超えて読みつがれている。

ただ、重要なのは、戦略とはたまゆらだとクラウゼヴィッツが考えている点だ。戦争に勝利した戦略があるかもしれない。しかし、それを絶対的に考えてはいけない。まさに、それはクラウゼヴィッツがナポレオンを見て考えたことだった。ナポレオンには連戦連勝の戦略があった。ナポレオンとの敗北の過程でクラウゼヴィッツは異国に流れ着いた。クラウゼヴィッツは、前述のとおり敗者の立場から戦争論を紡ぎ出した。そして、ナポレオンも連勝はならずに、ヨーロッパの歴史に沈んでいく。ナポレオンの戦略も、絶対的なものではなかった。むしろ、たゆまなく、考え続けることが戦略の肝要なのかもしれない。

クラウゼヴィッツ『戦争論』は、敵軍との衝突を「摩擦」と訳している。そのうえで、こういう文章がある。

<恐るべき摩擦は、機械における摩擦と異なり、少数の個所に限定することができない。つまり戦争においては、摩擦は到る処で偶然と接触し、前もって推測し得ないような現象を生ぜしめる、それというのもこれらの現象の多くは、偶然と緊密に結びついているからである。ここで偶然というのは、例えば天候である。霧が立ちこめていれば、敵をいち早く発見することができない、また適時に砲火を開くことができない、更にまた報告は指揮する将校に到達できなくなる。雨が降れば、大隊は所定の時刻に到着できない、また別の大隊は、本来なら三時間の行進で済む工程に八時間も費やさねばならなくなり、そのために会戦に参加できない、更にまた騎兵は、ひどい低地で動きがとれなくなり、そのために有効な突撃が実施できない、というふうである。(P133)>

偶然が支配するとミもフタもない結論を述べている。現在、ビジネスの世界では、「プランB」という言葉がある。プランA、すなわち、事前にどれほど考え抜いた経過うであっても、現実社会に放てば、まったくうまくいかない。そして、試行錯誤を繰り返し、プランBに光明を見出す、というものだ。

世界で流行しているサービスの多くも、当初に狙っていたものはすくない。まさに偶然の産物が多い。

偶然が支配する世界を攻略するための「名誉欲」と「功名心」

ページは前にもどるものの、このような記述も印象的だ。

<戦争においては、情意は絶えず無数の強烈な印象に煩わされるし、また知識とこれに基づく知見とはすべて不確実である、それだから指揮官を当初の軌道から逸脱させ、また時には指揮官自身だけでなく延いては諸他の人達をも誤らせるような機会が、人間が営む他の活動領域におけるよりも遥かに多く生じるのである。
危険と心労とに充ちみちた光景を眺めると、感情はややもすれば知性の確信を圧倒する、またさまざまな姿が薄明のなかに朦朧と現れるような場合に、透徹した明白な知見をもつことは極めて困難である。してみると知見の変更もまことに道理であり、従ってまた恕せらるべきであろう。およそ戦争において行動の規準を成すものは、事態の真相を漠然と予感しまた感知することしかない。(P108)>

極限状態においてもなお、正気を保つことができるだろうか。凡庸な指揮官は、やはり難しい。ましてや、下の方々は、もっと迷う。そのうえでクラウゼヴィッツは、「規準を成すものは、事態の真相を漠然と予感しまた感知すること」といっているのだ。
それでもなお、戦争という、はっきりしない獣に立ち向かうのは、どのような性質ゆえだろうか。クラウゼヴィッツは次のように述べている。

<激しい闘争のさなかに人間の心を占める高尚な感情のうちで、名誉と功名とを憧憬する念ほど強力でかつ常住的なものはない、と言ってよい。ところがドイツ語はこのような憧憬を「名誉心」とか「功名心」などと呼んで、これに厭わしい付随的な語義を付加している、これはかかる高尚な感情に対する不当な取扱というべきである。確かにこの高邁な憧憬の念が、特に戦争において濫用されたために、忌わしい幾多の不正事が人類にもたらされたことは否定できない。しかしこの感情は、その起源を糺せば、人間性に発する最も高尚な感情に属するものであり、また戦争においては、軍という巨大な集団に魂を吹込む本来の息吹にほかならない。(P101)>

クラウゼヴィッツがドイツ語を引き合いに出して批判している箇所は、ややわかりにくい。ここで、クラウゼヴィッツは、それでも戦争を攻略しようと試みている性質を、名誉と功名を希求する気持ちだといっている。それは愚劣で下品なものではなく、むしろ人間の精神のなかで、崇高で尊ぶものだとし、リーダーとして他者を昂ぶらせるためには不可欠なものだとして結論づけている。

本気で考え抜く人だけがたどりつける場所

ビジネスの戦略を考えるとき、私たちはきっとクラウゼヴィッツの教訓から、こういってしまえばいいと私は思う。「とにかく見たくない現実を見ることだ」と。それは、実際の戦争においては死者数かもしれない。部隊が崩れ行く様子かもしれない。私たちは、悲惨な売上や思わぬ低利益や、さまざまな高コストを直視することかもしれない。きっと私たちがクラウゼヴィッツから導ける今日的な教訓は、そんなことだ。

しかし、私はもう一つ、この大長編『戦争論』を読むにつけ、重要な点をくわえておきたい。それは、ほとんどが無駄になる可能性があるにもかかわらず、とにかく勝利のために考えること――その一点だ。

他者よりも、考え続け、その思考量を最大化したひとは、きっと勝利する。これは理屈というよりも、たんに祈願に近い。しかし、その思考量と思考の期間こそが、見えない形で私たちに自信と、諦観にも似た、何かに立ち向かう力を付与するのではないだろうか。それを何よりも、証明しているのは、クラウゼヴィッツ『戦争論』の莫大な量そのものだ。

私はきっと職業柄、通常よりも多くのビジネスパーソンや、起業家、自営業者に会ってきた。そのうち、成功者は例外なく、思考を重ね、そして、行動とともに試行錯誤してきたひとたちだった。仕事に真剣ではないひとたちが圧倒的に多いなかで、本気で考え抜くこと。

運良くビジネスでは、多くの場合、挑戦して誰かに闘いを挑んでも死ぬことはない。現在、情報の多寡は競争力の源泉にならなくなった。現在の参入障壁は、思考の量と失敗の数になった。

クラウゼヴィッツは、何が正解かもわからないまま、そして、正解らしきものが見つかるのかさえわからないなかで、一人、思考の戦争を続けていた。そしてそれは生身の兵士の死をも左右する、危険な闘いだった。ギリギリの地点で思惟を重ねた偉人のテキストは、示唆に富んでいる。

その意味でも、この『戦争論』を血で書かれたテキストと思い、現代の自分に役立つヒントを得るために読むのは価値があるだろう。

『戦争論』を正しい解釈にこだわらずに読もう

7月にクラウゼヴィッツ『戦争論』をとりあげ読書会を実施する。書籍をもってきていただければ大丈夫で、事前にお読みいただく必要はない。

・岩波文庫版の「上」のみ持参
・電子書籍ではなく、紙版がふさわしい
・読んでいなくても参加可能
・可能なら第一篇を読む
・さらに可能なら「上」全編を読む

当日は意見交換をしながら、大胆に誤読してビジネス等のヒントを解説していきたい。
少しでもご興味あるかたのご参加を心からお待ちします。

 

<坂口孝則さんと古典を読む読書会概要>

《日程・図書》

第2回 7月11日(木) 
【ビジネスの戦略を学ぶ】19時30分~21時30分
クラウゼヴィッツ『戦争論』(上/岩波文庫)

第3回 9月5日(木)19時30分~21時30分
【常にウケるコンテンツを学ぶ】
モンテーニュ『エセー』(1/岩波文庫)

*各自で課題図書をご購入のうえ、当日ご持参ください。

《参加費》
各1回  2,500円
2回券  4,500円

詳細・お申込みは、幻冬舎大学のお知らせページをご覧ください。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

古典にすべてが書かれている。

古典の魅力とは何か? どんな古典を読むべきか? 古典初心者のための入門コラム 

バックナンバー

坂口孝則

調達・購買コンサルタント/未来調達研究所株式会社取締役/講演家。
2001年、大阪大学経済学部卒業後、電機メーカー、自動車メーカーに勤務。原価企画、調達・購買、資材部門に従業。
製造業を中心としたコンサルティングを行う。
著書に『牛丼一杯の儲けは9円』『営業と詐欺のあいだ』『1円家電のカラクリ 0円iPhoneの正体』『仕事の速い人は150字で資料を作り3分でプレゼンする。』(小社刊)などがある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP