1. Home
  2. 社会・教養
  3. 朝日新聞記者の将棋の日々
  4. 孤高の棋士・豊島将之名人が強い信念でたど...

朝日新聞記者の将棋の日々

2019.08.07 更新 ツイート

孤高の棋士・豊島将之名人が強い信念でたどり着いた最高峰のタイトル村瀬信也(朝日新聞 将棋担当記者)

7月19日に行われた就位式で謝辞を述べる豊島将之名人。平成生まれ初の名人となった。(村瀬信也 撮影)

「負けました」

5月17日午後8時59分。133手目「6四桂」を見た佐藤天彦名人が、はっきりとした声で投了を告げた。福岡県飯塚市で行われた第77期将棋名人戦七番勝負第4局。挑戦者の豊島将之二冠が勝利し、平成生まれの名人が初めて誕生した。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP