1. Home
  2. 社会・教養
  3. 朝日新聞記者の将棋の日々
  4. うつ病から復帰した先崎学九段――将棋を取...

朝日新聞記者の将棋の日々

2019.09.04 更新 ツイート

うつ病から復帰した先崎学九段――将棋を取り戻したプロ棋士のいま村瀬信也(朝日新聞 将棋担当記者)

2018年7月、休場から復帰して順位戦を戦った先崎九段。(村瀬信也 撮影)

「ひどい目に遭いましたよ」

私が声をかけると、先崎学九段は苦笑いしながらそう答えた。以前会った時に比べて、だいぶ痩せたように見えた。

2017年12月。東京都内のホテルで、中村太地王座(現七段)の就位式が開かれた。羽生善治九段を破り、念願のタイトル獲得を果たした若武者の晴れの舞台。休場中の先崎も、同じ故米長邦雄永世棋聖門下の弟弟子のために駆けつけた。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP