1. Home
  2. 社会・教養
  3. 朝日新聞記者の将棋の日々
  4. 米長邦雄永世棋聖がAIと戦い抜いた「最後...

朝日新聞記者の将棋の日々

2019.07.19 更新 ツイート

米長邦雄永世棋聖がAIと戦い抜いた「最後の大勝負」――今もなお受け継がれるその遺志村瀬信也(朝日新聞 将棋担当記者)

2012年1月、コンピューターソフトと戦う「第1回将棋電王戦」に敗れた故・米長邦雄永世棋聖。米長門下の中村太地現七段が、AIの示す手を指す役目を務めた。(村瀬信也 撮影)

「6二玉はいい手ですからね。朝日新聞にも申し上げておきます」

対局後の記者会見で、私が「コンピューターが強くなったことについての感想」を尋ねると、米長邦雄永世棋聖は質問に答える前に、穏やかな口調でそう釘を刺した。

2012年1月14日。東京都渋谷区の将棋会館には、多くの取材陣が詰めかけた。棋士と人工知能(AI)が対戦する「第1回将棋電王戦」で、日本将棋連盟会長の米長はAI代表の「ボンクラーズ」と相まみえた。米長は2手目に△6二玉という常識外れの手を指して力勝負に持ち込んだが、自陣に生じた隙をつかれて敗れた。

 

前年12月、米長はこのAIと前哨戦を戦い、やはり「2手目△6二玉」を採用して敗れていた。私はその時の記事で、この手を「奇策」と表現したのだが、これが気に入らなかったらしい。冒頭の言葉は、記者との丁々発止のやりとりを好んだ米長らしい「ジャブ」だった。

将棋の序盤は、まず飛車や角などの大駒を働かせる手が常道とされる。「2手目△6二玉」は、引退から8年が経った米長が、相手の苦手な展開に持ち込むために編み出した苦心の産物だったが、「メリットがない手」「挑発的な手」とも受け取れる。思わぬタイミングで飛び出した米長の反論に虚を突かれたが、やはりあの手は奇策という表現がふさわしい「驚きの手」だったと、今でも思う。

一方で、「あの時、もっと聞いておけば良かった」と思うことがある。棋士とAIの関わりは今後どう変化していくのか、そして将棋界はどうなるのか――。

将棋AIの歴史は40年以上前までさかのぼる。黎明期は初心者レベルの腕前で、21世紀初頭になってもアマチュア有段者といい勝負だった。だが、開発者の熱意が実を結び、実力は急上昇。電王戦では第2回以降もAIの強さが際立つ結果となり、17年には当時名人を保持していた佐藤天彦九段を2連勝で破った。

どの世界でも、さらなる高みを目指す選手たちは、自分より強いプレーヤーを手本とする。今の将棋界で、手本として強い影響力を持つのは、人ではなくAIだ。人間味あふれる将棋で人気を博した米長が、AIを使った研究に力を入れる棋士たちの姿を目の当たりにしたら、どんな感想を抱くだろうか。ひょっとしたら「こうなることは予想していましたね」と言うかもしれない。何しろ、棋士として初めてAIと真剣勝負を繰り広げ、その強さを肌身に感じたのは米長自身なのだから。

AIの次に米長が立ち向かった相手は、病だった。09年、がんの治療を受けたことを公表していたが、電王戦の後に症状が悪化。表舞台に現れる機会は、徐々に少なくなった。

羽生善治棋聖が5連覇を果たした棋聖戦の就位式の時のことは、今も忘れられない。将棋連盟の会長としてあいさつに立ったが、その姿からは闘病の過酷さがうかがえた。「写真を残さなければ」の一心で、カメラのシャッターを切った。訃報が伝えられたのは、その2カ月後。昭和の名棋士は、69歳で波瀾万丈の人生の幕を閉じた。

2012年10月、羽生善治棋聖の就位式にて、将棋連盟会長としてあいさつする米長邦雄永世棋聖。(村瀬信也 撮影)

今年6月30日。米長門下の3人が将棋会館に顔をそろえた。中村太地七段、長岡裕也五段、杉本和陽四段。杉本が朝日杯将棋オープン戦のプロアマ一斉対局に臨み、別室で開かれた解説会に兄弟子の中村と長岡が出演した。解説会の人選は、杉本の出場に合わせた将棋連盟職員の計らいだったという。

この日は対局が10局あったが、解説会がひときわ盛り上がったのは、やはり杉本の将棋を解説している時だった。

「杉本君は局面がごちゃごちゃしてから強いんですね。うちの師匠はさわやか流と言われたり、泥沼流と言われたりしました」
「意外と末っ子が一番引き継いでいるんですね」

中村と長岡は、同門だからこそ語れるエピソードを次々と披露していく。その言葉の端々には、弟弟子に肩入れする気持ちがにじんでいた。

杉本は苦しい将棋を粘り抜いて、何とか白星を勝ち取った。解説会に現れると、自分の見落としに触れられて苦笑い。最後は、こう締めくくった。
「今日は兄弟子2人が解説で、すごいプレッシャーでした。内容は褒められたものじゃなかったんですが、何とか勝つことができて良かったです。ありがとうございました」

今年6月30日に開催された朝日杯将棋オープン戦の解説会。左から中村七段、杉本四段、一番右が長岡五段。(村瀬信也 撮影)

会場は拍手に包まれた。

思い起こせば、電王戦の時にAI側の駒の操作係を務めたのは、当時23歳の中村だった。中村はその後タイトル獲得を経験し、一流棋士の仲間入りを果たす。長岡は羽生善治九段の研究パートナーとして名が知られるようになった。2年前にプロになった杉本も、若手振り飛車党の注目株として存在感を増している。

米長がこの世を去って7年が経つ。現役の頃、そして「最後の大勝負」に臨んだ姿を知らないファンが増えてきたが、そのDNAは後進に確かに受け継がれている。棋士が後世に残すものは、棋譜だけではない。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP