1. Home
  2. 社会・教養
  3. 朝日新聞記者の将棋の日々
  4. 米長邦雄永世棋聖がAIと戦い抜いた「最後...

朝日新聞記者の将棋の日々

2019.07.19 更新 ツイート

米長邦雄永世棋聖がAIと戦い抜いた「最後の大勝負」――今もなお受け継がれるその遺志村瀬信也(朝日新聞 将棋担当記者)

2012年1月、コンピューターソフトと戦う「第1回将棋電王戦」に敗れた故・米長邦雄永世棋聖。米長門下の中村太地現七段が、AIの示す手を指す役目を務めた。(村瀬信也 撮影)

「6二玉はいい手ですからね。朝日新聞にも申し上げておきます」

対局後の記者会見で、私が「コンピューターが強くなったことについての感想」を尋ねると、米長邦雄永世棋聖は質問に答える前に、穏やかな口調でそう釘を刺した。

2012年1月14日。東京都渋谷区の将棋会館には、多くの取材陣が詰めかけた。棋士と人工知能(AI)が対戦する「第1回将棋電王戦」で、日本将棋連盟会長の米長はAI代表の「ボンクラーズ」と相まみえた。米長は2手目に△6二玉という常識外れの手を指して力勝負に持ち込んだが、自陣に生じた隙をつかれて敗れた。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP