1. Home
  2. 社会・教養
  3. 朝日新聞記者の将棋の日々
  4. 27年ぶりに「無冠」となった羽生善治九段...

朝日新聞記者の将棋の日々

2019.03.19 更新

27年ぶりに「無冠」となった羽生善治九段の新たな挑戦村瀬信也(朝日新聞 将棋担当記者)

A級順位戦最終局で広瀬章人竜王に勝ち切った羽生善治九段。(村瀬信也 撮影)
A級順位戦最終局で広瀬章人竜王に勝ち切った羽生善治九段。(村瀬信也 撮影)

「また、和服を着て対局する可能性はありますか」。

すぐ近くにいた記者がそう尋ねた瞬間、私はボールペンを動かす手を止め、羽生善治九段の顔を見つめた。

3月2日。前日にA級順位戦最終局を戦った羽生は、東京・有楽町で開かれた鹿児島の伝統工芸品「本場大島紬」の贈呈イベントに出席した。鹿児島県とは、羽生の祖父の出身が種子島という縁がある。

贈られたのは、共に絹100%で織られた緑の着物と深緑の羽織。三反園訓知事が羽織を着せると、羽生は「軽いですね」と驚きの声を上げた。冒頭の質問は、その後の囲み取材で飛び出した。

将棋の対局のほとんどは和室で行われる。棋士は普段、スーツで臨むが、タイトル戦の際は和服を着るのが慣例だ。将棋取材を担当している私には、その質問は「また、タイトル戦に出る可能性がありますか」という問いと同義に聞こえた。そんなことを、ここで聞いちゃうのか――。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP