1. Home
  2. 生き方
  3. 料理人タテヤの南極日記 #JARE61
  4. 幻のロブスターと「砂漠の墓標」

料理人タテヤの南極日記 #JARE61

2020.03.31 更新 ツイート

第5回

幻のロブスターと「砂漠の墓標」 竪谷博

みなさん、こんにちは。第61次南極地域観測隊・調理担当の竪谷です。新型コロナウィルスが上陸していない大陸は、この地球上で、南極だけになってしまいました。日本でも感染が拡大しているニュースを見て、こちらでも大変心配しています。

今回は、出発前に参加したお気楽バスツアーの様子をお届けします。外出をひかえて自宅で過ごすことの多いみなさんの、少しでも気晴らしになりますように。
 

 

2019年11月3日。フリーマントル3日目。起床は5:00。天気は快晴でした。フリーマントル駅から電車に乗りパースの駅に向かいます。
 

朝日に輝くしらせ。
 

パースの街。パースは西オーストラリア州の州都で、「世界で一番美しく住みやすい街」と言われています。
 

パースの中心。
 

パースからはバスに乗り換えて約2時間の移動です。
 

途中、動物園に寄りました。カンガルーに餌をあげるふれあいパークです。
 

こちらは子供のカンガルーです。
 

たくさんいる!
 

こちらはウオンバットです。ウオンバットもカンガルーやコアラと同じ仲間の有袋類(ゆうたいるい)。とても臆病なので慣れている飼育員さんだけが抱っこできます。結構でかい!
 

{ この記事をシェアする }

料理人タテヤの南極日記 #JARE61

料理人タテヤ、再び南極へ。第61次南極観測隊・調理担当タテヤが、昭和基地での日々をレポートします。

バックナンバー

竪谷博

1972年、東京都生まれ。日本料理店での修業を経て、居酒屋・風神亭チェーンの料理人として腕をふるう。41歳で一念発起し、第55次南極観測隊の調理担当として、2013年12月、昭和基地に赴任。ただ1人の調理担当隊員として、第55次南極観測隊越冬隊24名の活動を支え、15年3月に帰国。同年7月には東京都杉並区に居酒屋「西荻窪じんから」をオープン、居酒屋激戦区の西荻窪で多くの人に愛される人気店になる。47歳で再び一念発起し、第61次南極観測隊越冬隊の調理担当として、19年12月、昭和基地に赴任。越冬隊30名の活動を支えている。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP