1. Home
  2. 社会・教養
  3. 朝日新聞記者の将棋の日々
  4. 佐藤名人vs.豊島二冠 激闘の名人戦第3...

朝日新聞記者の将棋の日々

2019.05.17 更新 ツイート

佐藤名人vs.豊島二冠 激闘の名人戦第3局――豊島二冠が最高峰のタイトル奪取に王手村瀬信也(朝日新聞 将棋担当記者)

豊島将之二冠が佐藤天彦名人を破って3連勝とし、名人獲得に王手をかけた。

「豊島さんが優勢ですね」

「名人が勝ちそうだ」

検討室に詰めかけた棋士たちの形勢判断は、大きく揺れていた。

佐藤天彦名人に豊島将之二冠が挑戦する第77期将棋名人戦七番勝負は、ここまで豊島の2連勝。豊島が勝てば初の名人獲得に大きく近づく。先手番の佐藤にとっては、是が非でも落とせない一戦だ。勝負どころとも言える第3局は5月8日、2日目の夕方になっても均衡が保たれた熱戦になっていた。

 

岡山県倉敷市の観光スポット「美観地区」にほど近い倉敷市芸文館。その3階にある和室が、今回の舞台だ。2階の検討室では、立会人の淡路仁茂九段や副立会人の畠山鎮七段、大石直嗣七段らが、対局室を映すモニターを見つめている。倉敷に近い、広島県福山市出身の今泉健司四段の姿もある。午後8時半ごろの段階では、佐藤の攻めが途切れそうで、「豊島がリードを奪った」とみられていた。

この時間帯になると、記者は勝敗だけでなく、「いつ決着するのか」が気になり始める。新聞の記事の締め切り時刻が迫ってくるからだ。判断の助けになればと思い、私は手元のノートパソコンにインストール済みの将棋ソフトが示す形勢判断を注視していた。

するとどうだろう。人工知能(AI)は、わずかに豊島側がリードではあるものの、ほぼ互角の「評価値」を示している。あれ? 豊島二冠が勝ちそうだったのでは……

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP