1. Home
  2. 社会・教養
  3. 朝日新聞記者の将棋の日々
  4. 「将棋を一生懸命楽しむ」――最強女流・里...

朝日新聞記者の将棋の日々

2019.06.04 更新 ツイート

「将棋を一生懸命楽しむ」――最強女流・里見香奈女流四冠が藤井聡太七段と共に戦った「奨励会」退会後に歩む新たな道村瀬信也(朝日新聞 将棋担当記者)

里見女流四冠が西山朋佳女王に挑んだマイナビ女子オープン五番勝負、第4局の感想戦。(村瀬信也 撮影)


ありふれた練習将棋の風景にもかかわらず、2人の姿が今も脳裏に焼き付いている。

2017年6月21日。取材を終えて、関西将棋会館の3階にある棋士室に入ると、里見香奈・現女流四冠が畠山鎮七段と将棋を指していた。室内には、駒音と対局時計の電子音だけが響いていた。
 

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP