1. Home
  2. 社会・教養
  3. 朝日新聞記者の将棋の日々
  4. 前人未踏の通算1434勝を達成――「大き...

朝日新聞記者の将棋の日々

2019.06.19 更新 ツイート

前人未踏の通算1434勝を達成――「大きな山」を超えた羽生善治九段が仰ぐ誰も見たことのない景色村瀬信也(朝日新聞 将棋担当記者)

第60期王位戦挑戦者決定リーグ白組プレーオフで永瀬拓矢叡王に勝利し、歴代1位となる公式戦通算1434勝を達成した。(村瀬信也 撮影)


報道陣が次々と特別対局室に入り、将棋盤を挟む2人を取り囲んだ。多くのカメラレンズが向けられる中、大勝負を制した羽生善治九段はキョロキョロと周囲を見渡していた。

6月4日。東京・千駄ケ谷の将棋会館で、羽生は歴代単独1位となる通算1434勝を達成した。「昭和の大名人」である故大山康晴十五世名人の記録を27年ぶりに塗り替える快挙だ。それまで3勝7敗と分が悪かった永瀬拓矢叡王が相手だったが、この日は堂々とした指し回しでリードを広げ、貫禄を示した。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP