1. Home
  2. 社会・教養
  3. 日本野球よ、それは間違っている!
  4. 巨人のFA補強失敗と来季の命運を握る阿部...

日本野球よ、それは間違っている!

2019.12.28 更新 ツイート

巨人のFA補強失敗と来季の命運を握る阿部・二軍監督広岡達朗

毎年、ストーブリーグのトップを飾ってきたFA(フリーエージェント)選手の争奪戦だが、今年はそのFA市場に大きな異変が起こった。伝統と看板と資金力を武器に市場の主役を演じてきた巨人が、7年ぶりに収穫ゼロに終わったのだ。

このオフ、FA権を行使して移籍したのはロッテの内野手・鈴木大地と楽天の投手・美馬学(みま・まなぶ)、ソフトバンクの外野手・福田秀平の3人だった。美馬と福田はロッテに、鈴木は楽天に移籍した。

このうち私が面白いと思うのは福田で、巨人との日本シリーズでも全試合に出場して打率.286、本塁打1、打点3を挙げている。シーズン中はベンチスタートが多かったが、一塁も守れるうえに足も速く、バントなどの小技もできる実戦的な選手で、シリーズではいい仕事をした。ソフトバンクの選手層の厚さを象徴する存在だ。

鈴木も小柄ながら打率.288、本塁打15でリーグ打撃ベスト8の実力者だが、美馬はダメだ。先発で8勝5敗、防御率4.01で、右ヒジを何度も手術している投手とロッテが3年総額3億9000万円(推定)で契約したのは理解できない。

この3人がそろって選んだ転職先は戦い慣れたパ・リーグだ。報道によると福田は、ソフトバンク入団当時の二軍のコーチだった鳥越裕介(現ロッテ・ヘッドコーチ)に誘われたのだという。

また、美馬と鈴木には巨人も熱心で、美馬には全権監督の原辰徳も直接交渉に乗り出したが逃げられた。

注目しなければならないのは、3人のうち誰も巨人に行かなかったことである。巨人の条件がパ・リーグ3球団より低いはずはない。それでも収穫ゼロに終わったのは、巨人にはいい選手がたくさんいるということの証拠だ。いまどきの選手は移籍先でもすぐ試合に出たいから、多少契約条件がよくても、競争が激しく出場のチャンスが少ない巨人には行きたくない。加えていまの巨人のユニフォームには、かつてのような魅力も値打ちもないということだ。この現実に、巨人はまだ気づいていない。

FA補強失敗は巨人再建の最後のチャンス

しかし巨人は、今オフの成果ゼロに失望する必要はない。「FA市場の成果がないなら、いまいる選手を育てなければいけない」ということに気づけば、逆に大きなプラスになる。ところが報道によると、巨人はFA補強の完敗を若手の底上げやトレード、新外国人などで補う方針だという。私にいわせれば、それが間違っているのだ。

若手の底上げは結構だが、巨人がこれまで外国人選手や他チームで大成したFA選手を集めてリーグ優勝や日本一奪回をめざしてきたのは、スカウトたちが日本中をまわって情報を集め、ドラフト会議で指名した自前の選手を教え育てる自信がない証拠ではないか。

私はこの問題を毎年のように著書や連載で指摘してきたが、歴代のフロント幹部は「巨人は勝たなければファンや新聞の読者がうるさいですから」と言い訳をした。

この間、どれだけの巨額資金を投じてどれだけのFA選手を集め、その結果がどうなったかはここでは繰り返さない。ただ、今オフのFA市場で成果ゼロが2012年以来7年ぶりだったことを考えると、当時から付け焼き刃の金権補強に走らず、「選手を育てて勝つ」というチーム補強の基本に立ち帰っていたら、4年連続でリーグ優勝を逃し、6年間も日本一から見放されることはなかったのではないか。

だから今後も目先の勝利だけを追う金権補強を続けるのはやめ、目を覚まして「育てて勝つ」チーム強化の王道に戻るべきだ。ここで私が注目しているのは、今季引退して二軍監督に就任した阿部慎之助の動向である。

名門再建のカギを握る“阿部・二軍”

阿部は日本シリーズ敗退直後から秋季キャンプで二軍選手の指導に力を入れているが、新聞報道などで繰り返しているのが二軍の現状に対する厳しい評価だった。年の瀬を迎えた先日のテレビ出演時にも、司会者に「来年一軍に上がれるようないい選手は二軍にいますか?」と聞かれると「1人もいません」と即答した。

これは長年巨人の4番を務め、捕手としては史上3人目の400本塁打を記録した阿部の正直な感想だろう。それだけに、二軍監督としての阿部の役割と責任は極めて重い。

阿部はこれから、自分が現役時代にできていたことができない選手の多さに驚くだろう。いまの選手は「こうしてやれ!」と具体的に正しいやり方を教えないといけない。「ダメじゃないか。よく考えろ」というだけなのは昔流の指導だ。

そして、頭で考えるだけでなく、正しい打ち方、捕り方、投げ方を体で覚え込まさなければならない。天才打者でスーパースターだった阿部が、それに気がつくかどうか。

阿部の指導者としての考え方は、これまでのスーパースターOBより数段上だ。名門・巨人の二軍監督として、これからいろんなことにぶち当たって苦労するだろうが、そのつど考えて勉強し、克服しなければいけない。それが近い将来、一軍の監督になったとき、必ず役立ち、巨人復活につながるはずだ。

チーム強化は他力本願ではなく自力本願で

気になるのは、一軍監督・原の考え方だ。彼は復帰就任以来、ファームについて「二軍も三軍も一軍選手の調整の場」と位置づけてきた。一見、平等で公平な組織論のようだが、これは二軍の存在意義を軽視し、一軍の勝利のみを最優先する考え方で間違っている。

いうまでもなく、二軍は優秀な若手を鍛えあげて一軍に新たな戦力として送り込む機関である。その本来の目的のために、日ごろの練習で基本をしっかり教え込み、イースタンリーグを通じて一軍で活躍できるように実戦経験を積ませる必要がある。二軍が一軍選手の調整相手をするだけの存在であってはならない。

阿部が「一軍に上がれるような選手は1人もいない」と酷評したのは、これまでの二軍が指導者も選手も本来の立場を忘れ、モチベーションを失っている証拠である。

今オフのFA選手の争奪戦完敗は、これまで豊富な資金と人気チームの看板で有力選手を集めてきた他力本願から、自前の選手を育てて勝つ自力本願のチーム編成に立ち戻る絶好のチャンスだ。そのためにも、阿部・二軍が名門復活のカギを握っている。

 

*   *   *

広岡達朗『言わなきゃいけないプロ野球の大問題 巨人はなぜ勝てなくなったのか?』

「私がイチローに引退を勧め続けた理由」
「大谷は外野手になれ!」
「原巨人は、丸で優勝しても意味がない」
――日本野球界を斬って斬って斬りまくる、この連載が本になりました!

 

●長野、内海の流出で試される巨人の若手育成力
●“ポスト原”の監督育成に着手せよ
●大谷はバッティングを封印してリハビリに専念しろ
●イチロー、45歳で引退。真価が問われる“第二の人生”
●ワールドシリーズを制したレッドソックスの「脱・フライボール革命」
●ソフトバンクは今シーズンこそ“真の日本一”をめざせ
●日ハム・吉田と中日・根尾 大型ルーキーの課題とは
●FA選手の巨額複数年契約はやめろ ……ほか

セ・パ両リーグ日本一の名将・広岡達朗氏が「野球の本質とは何か」を提言。
2019年シーズンの最新情報をもとに、甲子園から大リーグまで野球界の問題を徹底検証します。

関連キーワード

関連書籍

広岡達朗『言わなきゃいけないプロ野球の大問題 巨人はなぜ勝てなくなったのか?』

「私がイチローに引退を勧め続けた理由」「大谷は外野手になれ!」「原巨人は、丸で優勝しても意味がない」――セ・パ両リーグ日本一の名将が書き残す、野球の本質とは何か

広岡達朗『日本野球よ、それは間違っている!』

「清宮は即戦力にならない」「大谷の二刀流はメジャーで通用しない」「イチローは引退して指導者になれ!」――セ・パ両リーグ日本一の名将が大胆予言! 球界大改革のすすめ

広岡達朗『巨人への遺言 プロ野球 生き残りの道』

セ・パ両リーグで日本一監督となった球界の伝説・広岡達朗氏が、84歳になってようやくわかった「野球の神髄」をまとめた、野球人生の集大成的な一冊。 新監督、大リーグから賭博事件、元選手の薬物逮捕といった近年の球界を取り巻く問題まで舌鋒鋭く斬り込んだ、日本プロ野球への「愛の鞭」が綴られている。

{ この記事をシェアする }

日本野球よ、それは間違っている!

 

 

 

バックナンバー

広岡達朗

1932年、広島県呉市生まれ。早稲田大学教育学部卒業。学生野球全盛時代に早大の名ショートとして活躍。54年に巨人に入団、1年目から正遊撃手を務め、打率.314で新人王とベストナインに輝いた。引退後は評論家活動を経て、広島とヤクルトでコーチを務めた。監督としてヤクルトと西武で日本シリーズに優勝し、セ・パ両リーグで日本一を達成。指導者としての手腕が高く評価された。92年に野球殿堂入り。『動じない。』(王貞治氏・藤平信一氏との共著、幻冬舎)、『巨人への遺言』『中村天風 悲運に心悩ますな』『日本野球よ、それは間違っている!』(すべて幻冬舎)など著書多数。新刊『言わなきゃいけないプロ野球の大問題 巨人はなぜ勝てなくなったのか?』(幻冬舎)が発売中。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP