1. Home
  2. 読書
  3. 惑星シベルのグッド・犬・ハンティング
  4. どこまでも主人に寄り添う犬。『グッバイ、...

惑星シベルのグッド・犬・ハンティング

2021.08.05 更新 ツイート

どこまでも主人に寄り添う犬。『グッバイ、リチャード!』 惑星シベル

映画と犬好きの漫画家・惑星シベルによる、映画に出てくるグッドな犬(略して"グッ犬")をレビューするコミック・エッセイ!

*   *   *

こんにちはー! 毎日! 暑い! 暑いよ! 惑星シベルです!

真夏のアスファルト、犬の肉球もヤケドするほどに熱くなっているのでお散歩タイム気をつけましょうね!

 

 

さて今回の作品は、ジョニー・デップ主演の『グッバイ、リチャード!』です!

こちら、めちゃくちゃグッドなジョニー・デップです。自分がなぜこの映画にたどり着いたのか……暑さのあまり忘れてしまったのですが、レンタルしてきてDISCを見たらそこには1匹のグッ犬が……!!!

心に刺さる言葉が多い映画で、大泣きしてしまいましたね……汗と涙でベショベショになってしまいました。

本日のグッ犬は、「ジブルス」です! ジブルスは……どうやら長毛のジャック・ラッセル・テリアのよう?です。

ここまで長くてくりくりな毛のジャック・ラッセル・テリアには馴染みがないので自信ありません!

ジブルスの白い癖毛がたまりません……。毛の合間から覗く黒々とした真ん丸のお目々も!!!

 

いや~今回のストーリーはですね。大学教授のリチャードがガンで余命半年を宣告されてからの人生……って感じなのですが。

ジブルスの存在がすごいです。まずジブルスは声だけ先に登場します。

妻に不倫を告白されたリチャードが、その不倫相手が自分の勤める学校の学長だったため「シュミ悪すぎるだろ」と爆笑します。

その笑い声に反応して「ワン!」と聞こえるんですよね……よく聞いてみてください。

聞こえなかったら……暑さにやられた惑シベの幻聴かもしれません(いいえ!たしかに聞こえるんですぅ!!!)

 

そして姿を見られるのは……妻の不倫現場にメッセージを置きに行くリチャードの、その車に同乗しているのが! ジブルス!!!!

リチャードが「見ろジブルス。不倫現場だぞ」と妻の不倫現場をジブルスに紹介します。いいなあ。

 

そのあとも家でウロウロしていたり、寝るときに一緒に寝ていたり……。

リチャードがベッドで読書をしているときに布団の上で自分の足を毛づくろいしていたり……愛おしい~!!!

 

リチャードはずっと自分がガンだということを家族に言えずにいるのですが、ラストの方でやっと言います。

娘に告げた後、「遠くに旅に出る」と言って家を出ます。

 

そ! こ! で!

ジブルスを連れて行くんです……。

このラストシーンのジブルスがとてつもなく良いです。

ついに泣いてしまうリチャードを助手席で心配そうに眺めるジブルス。

分かれ道で停車していたのですが、道なき道を直進して終わります。二人はどこへ行くのだろうか……。

現実的に考えてしまうと、え! どこへ行くの! リチャードが死んだ後ジブルスはどうなるの……?! とか心配にもなりますが……。

 

最期の最期までリチャードに寄り添うジブルスの存在ー……。

 

これが重要な気がしましたね。そのポジションに1匹の愛犬を持ってきたのがすごくいいです。

作中、ジブルスだけはずっとリチャードに寄り添っていたので。

 

あーあ!!! なんかいい映画見ちゃったなー!!!!!!

本日の犬《ジブルス》のグッド・犬・ポイント

クリクリの白い毛、から覗く真ん丸のお目目!!!

『グッバイ、リチャード!』

「余命180日です」。大学教授・リチャードに告げられた突然のがん宣告。博学でエレガント、真面目な夫として美しい妻と素直な娘との何不自由ない暮らしを送っていたはずのリチャードの人生は一変。追い討ちを掛けるかのように妻に上司との不倫を告白された彼の日々は予期せぬ展開を迎える。死を前に怖いものなしになったリチャードは残りの人生を自分のために謳歌しようと決心。あけすけにものを言い、授業中に酒やマリファナを楽しむ。ルールや立場に縛られない新しい生き方はリチャードにこれまでにない喜びを与え、人の目を気にも留めない彼の破天荒な言動は次第に周囲にも影響を与えてゆく。しかし、リチャードの“終わりの日”は着実に近づいていて……。

関連書籍

惑星シベル『惑星シベルのグッド・犬・ハンティング 映画に出てくる犬だけレビュー』

★★★この連載が書籍になりました★★★ 犬なくして映画は語れない! 映画と犬好きの漫画家 惑星シベルが、映画に出てきた“犬”だけをレビュー。 『ウォレスとグルミット』など犬が主役の映画はもちろん、『ロッキー』の愛犬バッカス、『マスク』の相棒マイロ、さらにはワンシーンだけしか出てきていない犬や、主人公を窮地に追い込む犬でさえ愛でてしまう、犬への偏愛が詰まったコミックエッセイ。 幻冬舎plusの連載『惑星シベルのグッド・犬・ハンティング』で公開された記事13本に、2本の書き下ろしや描き下ろしイラスト「グッド・犬・チェキ」を加えて再編集した、映画フリーク&犬フリーク必携の1冊。

{ この記事をシェアする }

惑星シベルのグッド・犬・ハンティング

はじめまして!惑星シベルです!
映画と犬が好きと公言していたら、このような素敵な連載が始まりました〜!ヤッタ〜!
新しい映画から古い映画まで、ジャンル問わず、ゆるく激しく(?)出てきた犬を追いかけていきますので、見てやってくださいね。トイレとかで。
まだその映画を見ていない人に気を使いつつも基本的にネタバレはします〜!(するんかい)

書籍化のため、連載の一部は公開を終了させていただきました

バックナンバー

惑星シベル

生まれも育ちも北海道。2018年「月刊!スピリッツ」(小学館)にて漫画家デビュー。10年間、東京で楽しい日々を過ごしたのち、北国へ舞い戻り大人しくない犬と大人しく暮らしている。

今後の活動はTwitter @waku_sibe にて。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP