1. Home
  2. 読書
  3. 惑星シベルのグッド・犬・ハンティング
  4. 激ヤバジジイの好感度を上げる犬 -『ドン...

惑星シベルのグッド・犬・ハンティング

2022.07.02 更新 ツイート

激ヤバジジイの好感度を上げる犬 -『ドント・ブリーズ2』 惑星シベル

映画と犬好きの漫画家・惑星シベルによる、映画に出てくるグッドな犬(略して“グッ犬”)をレビューするコミック・エッセイ!

*   *   *

こんにちは! 惑星シベルです!

本日の作品は、ロド・サヤゲス監督、スティーブン・ラング主演『ドント・ブリーズ2』です……!

みなさん……覚えているだろうか……。盲目のメチャ強ジジイを……。そしてその愛犬を……。

そう!! こちらの作品の一作目、『ドント・ブリーズ』はグッド・犬・ハンティングの第4回で取り上げております……!!!

そして久しぶりに、先に言っておかなきゃいけないことがあります……。

今回、犬は……助かりません。死んでしまいます……。しかし助かる犬もいます……!

助からない犬と助かる犬、ハントしてまいりました。

さて、今回のグッ犬まず1匹目!「シャドー」! 一作目を観た人はわかると思うんですが、一作目で活躍していたあのこわい犬です! 犬種はロットワイラーですね。強くて愛らしい~!

前回、名前が出てこなくて残念……って感じだったのですが、今作でなんと名前が発覚! シャドーというかっこいい名前がありました! 嬉しい~!

やはり、超立派な番犬でしたね……。しかも今作ではジジイの娘のボディガードのような活躍。(前作だけ観た人は「え? ジジイの娘???」となると思いますが、この記事では犬にだけ触れますね……ククク……)

ジジイの娘を守る最高の忠犬であり番犬であるシャドーのことを大好きになったあたりで、なんとシャドー……ああ言いたくない。言いたくないけど銃殺されてしまいます……。ショック……。

許せない……ジジイもわたしもジョン・ウィックになります……。しかしこのシャドーの死によって、この家に何者かが侵入し、娘に危機が迫っていることをジジイは察知します!

犬の死に無駄はない!!!!!

 

そして、今作、活躍する犬はシャドーだけじゃあないんです!

またもや名前は出てきませんが、2匹目は敵陣が置いていった犬! 犬種はピットブル……というのが惑シベの見解であります。あのたくましいむちむちボディ、ごろんと可愛い困り眉なお顔……!

この犬、敵陣が放った凶暴な犬なんですが、追い詰められたジジイは犬に銃口を向けます……。

しかし辛そうなジジイ……。シャドーの死を思い出したのでしょうか……なんと犬は殺せない!!!

一時的に犬を隔離してその場を切り抜ける……! ジジイ見直した……。よかった……。

その後、敵陣は最低最悪集団なので、犬がまだ中にいるとわかっていながら家に火を放って去ります(中にはジジイと犬)。

ジジイ、絶体絶命の中、犬を逃がしてから自分もなんとか脱出! 信じてたぞジジイ~~~!

 

ここからはすっかりジジイの仲間です。ジジイの横に座って鼻をスピスピ鳴らしていて可愛いったらありゃしない……。この犬に敵のアジトまで案内してもらうので、超重要な犬です!

しかも最後でジジイのピンチ時に敵に噛み付いて助けようとしてくれる……! 犬の恩返しだ!

元は敵陣の犬だったわけですが、見るからに犬の扱いが最低最悪なんですよね……そりゃジジイに懐きますわ。

この犬、エンドロールの後まで活躍します!!! 重要シーンなので是非とばさずに犬を堪能してください!

実際のところ、犬を追っているとジジイの好感度が上がってしまいましたが、冷静に観るとジジイもなかなかヤバい人間なのでけして好感を持てる感じではないのが面白いです……。犬マジック★

本日の犬《シャドー》のグッド・犬・ポイント

強く気高くたくましく娘には優しくジジイには従順……。
娘を守るその姿、騎士様のようでした……安らかにお眠りください。泣

本日の犬《敵陣が置いていった犬》のグッド・犬・ポイント

こちらの犬もまた強く恐ろしく逞しいー……と思いきや鼻を鳴らして甘ったれる一面もいじらしい!!!

『ドント・ブリーズ2』

人気のない郊外の古びた屋敷に住む、ある盲目の老人。彼はその屋敷で一人の少女を大切に育て、二人だけで静かに暮らしていた――その男こそ、8年前、強盗に押し入られた被害者として生きているが、実は強盗団を惨殺した過去をもつ、あの盲目の老人だった……。ある日、謎の武装集団が老人の屋敷に静かに忍び込む。その目的は少女―― 。暗闇の中、全てを知り尽くした屋敷内で全員の抹殺を試みるも、訓練されていた集団は老人を襲い、火を放つ。命からがら炎の中から逃げ出したが、そこに少女の姿はない。目覚める狂気の怒り。老人は己の手で大切に育てた少女を取り戻すため、武装集団の後を追う……。その集団はなぜ少女を狙うのか、少女はいったい何者なのか、老人はなぜ少女に固執するのか。全ての真実を知ったとき、前作を超える衝撃に息が止まる――。

関連書籍

惑星シベル『惑星シベルのグッド・犬・ハンティング 映画に出てくる犬だけレビュー』

★★★この連載が書籍になりました★★★ 犬なくして映画は語れない! 映画と犬好きの漫画家 惑星シベルが、映画に出てきた“犬”だけをレビュー。 『ウォレスとグルミット』など犬が主役の映画はもちろん、『ロッキー』の愛犬バッカス、『マスク』の相棒マイロ、さらにはワンシーンだけしか出てきていない犬や、主人公を窮地に追い込む犬でさえ愛でてしまう、犬への偏愛が詰まったコミックエッセイ。 幻冬舎plusの連載『惑星シベルのグッド・犬・ハンティング』で公開された記事13本に、2本の書き下ろしや描き下ろしイラスト「グッド・犬・チェキ」を加えて再編集した、映画フリーク&犬フリーク必携の1冊。

{ この記事をシェアする }

惑星シベルのグッド・犬・ハンティング

はじめまして!惑星シベルです!
映画と犬が好きと公言していたら、このような素敵な連載が始まりました〜!ヤッタ〜!
新しい映画から古い映画まで、ジャンル問わず、ゆるく激しく(?)出てきた犬を追いかけていきますので、見てやってくださいね。トイレとかで。
まだその映画を見ていない人に気を使いつつも基本的にネタバレはします〜!(するんかい)

書籍化のため、連載の一部は公開を終了させていただきました

バックナンバー

惑星シベル

生まれも育ちも北海道。2018年「月刊!スピリッツ」(小学館)にて漫画家デビュー。10年間、東京で楽しい日々を過ごしたのち、北国へ舞い戻り大人しくない犬と大人しく暮らしている。

今後の活動はTwitter @waku_sibe にて。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP