1. Home
  2. 暮らし術
  3. これまでの服が似合わなくなったら
  4. ファッションセンスを爆上げしてくれる自撮...

これまでの服が似合わなくなったら

2019.09.21 更新 ツイート

ファッションセンスを爆上げしてくれる自撮り習慣山本あきこ

スタイリスト・山本あきこさんの新刊『これまでの服が似合わなくなったら。~「40歳、おしゃれの壁」を乗り越える!~』は、「いつもの服がなんだかしっくりこない…」と悩む方必読! 1万人以上の女性を変身させてきたスタイリスト・山本さんによる、大人女性の魅力を底上げするファッション術が満載の1冊です。本書から、今すぐ使えるおしゃれテクニックを抜粋してご紹介します!

*   *   *

チェックすべきは横の姿

ここで一度、試着のポイントを整理しますね。

私たちはたいてい、正面から見た自分の姿しかチェックしていません。でも、ファッションは、正面だけで完結しているわけではありません。試着するときは、360度、横の姿や後ろ姿もチェックしましょう

たとえば、フロントにタックが入ったハイウエストのパンツ。正面から見たらスッキリして見えるのに、横から見るとタックがふくらみすぎてお腹がぽっこり見えてしまっていることもあります。ギャザーの数が多いスカートも、横から見ると実際以上にウエストが太く見えていることがあります。

パンツでもスカートでも、試着したら必ず試着室から出て靴を履いてください。そして、横からはどう見えるか鏡に映して、お腹まわり、腰まわりが綺麗に見えるかを確認してください。

スカートは、基本的にはウエストではきます。お腹まわりのデザイン、ひだの大きさ、シワがよっていないかどうか。タイトスカートであれば、お尻まわりのフィット感、後ろから見たときの丈の長さなども確認しましょう。

パンツの場合は、とくに後ろ姿が命です。前に話したように、お尻が補正下着をはいたときのようにきゅっと持ち上がって見えていたら、それはあなたにとっていいパンツです。後ろ姿はそのままでは見えないので、お店の人にも見てもらうのがいいでしょう。

また、服はただ着るものではなく、着こなすものです。シャツだったら袖をまくる、襟を立てる。トップスをパンツにインしたら、必ずブラウジングさせる(たるませる)……。ここまでして、初めて「着こなす」と言います。試着もただ袖を通すだけではなく、着こなしも含めてチェックしましょう。

自撮りのすすめ

私は、3年前から、一般の女性向けに、誰でもおしゃれの法則を身につけることができるファッションカレッジというスクールを始めました。そこで参加者のみなさんに必ずやってもらうのが、毎日の自撮りです。実は自撮りほど、ファッションセンスを爆上げしてくれる習慣はありません。SNSにアップする、しないは別として、数週間自撮りを続けると、一人残らずどんどんあか抜けて綺麗になっていきます。

自撮りをするとおしゃれになる理由はいくつかあります。

・自分の全身バランスを客観的に見ることができるようになる

・似たようなバランスのコーディネートばかりしていないか確認できる

・自分の持っているアイテムに偏りがないか確認することができる

・コーディネートの脳トレになる

・コーディネートしやすい服がわかるようになる

・もっと綺麗になりたいという気持ちがわいてくる

などなど。

自撮りをするときはポイントがあります。それは「カメラアプリ」を使い、少し写真を盛って撮影すること。気分も上がり続きやすくなります。また、全身が映る鏡を使って撮影するのもいいですし、カメラを固定して自撮りモードにするものいいでしょう。

友達とLINEグループを作り、お互いに写真を交換して感想を言い合うのもいいと思います。スクールでは、全員がSNSグループで毎日その日のコーディネートをアップしていて、みんながどんどんおしゃれになっていく姿を目の当たりにできるので、モチベーションも上がるようです。

センスは持って生まれたものではなく、必ず鍛えることができます。そのために必要なのは、自分の今の姿をきちんと直視することです。

(1)左右後ろもしっかりチェックすることと、(2)自分の全身を客観的に見ることで、どんどん綺麗になっていきますよ!

山本あきこ『これまでの服が似合わなくなったら』

「いつもの服がなんだかしっくりこない…」と思ったら、
"自分本位なおしゃれ"へ進むチャンスです! 
1万人以上を変身させてきたスタイリストによる大人女性の魅力を底上げするファッション術。
・肝になるのは「ほどよい色気」
・最初に見直すべきは髪の毛
・細い部分は「探して、出す」
・似合わない色にとらわれない
・見た目と内面が一致すれば幸せになれる

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

これまでの服が似合わなくなったら

「いつもの服がなんだかしっくりこない…」と思ったら、"自分本位なおしゃれ"へ進むチャンスです!

バックナンバー

山本あきこ スタイリスト

1978年生まれ。女性誌や広告など多くの媒体でスタイリストとして活躍した実績と経験を持つ。その経験を活かし、モデルだけではない様々な人たちに似合い、取り入れやすい独自のコーディネート理論を確立。
「センスは持って生まれたものではなく鍛えられる」という信念のもと、一般の女性向けにスタイリングアドバイスを行う活動を開始。予約開始と同時に申し込みが殺到する「予約の取れないスタイリスト」に。
「どんな人でもいつからでもおしゃれになれる」をモットーにこれまで1万人以上の女性たちを変身させてきた。作ったコーディネート数は20万を超える。
著書に『いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜだかおしゃれに見える』『毎朝、服に迷わない』『暖かいのにおしゃれになれる』(いずれもダイヤモンド社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP