1. Home
  2. 生き方
  3. 本屋の時間
  4. 『365日のほん』が発売になります(1)...

本屋の時間

2017.11.01 更新 ツイート

第23回

『365日のほん』が発売になります(1)弊社で辻山さんの本を作らせていただけませんでしょうか!辻山良雄

写真は束見本(実際の製本時と同じ紙を使った見本)に、カバーと帯の試し刷りを巻いて作った『365日のほん』です。

 どのような本でも、それを本というかたちで世に出したいという人がいなければ、その本は生まれてきません。『365日のほん』の担当編集である河出書房新社の坂上陽子さんは、それ以前にもTitleにお客さまとして何度か来店したことがありました。ある日の開店早々、坂上さんは私の書いた『本屋、はじめました』を買って帰りましたが、その夜パソコンの画面からふと顔を上げると、朝に会ったはずの坂上さんが、なぜだかまたそこにいました。

「辻山さん。本、読み終わりました!すごく面白かったです‼」その本は平易に書いたので、一気に読んだという感想はツイッターなどでもよく目にしましたが、面と向かってわざわざそれを伝えにきた人は初めてです。そうした“勢い”を感じる反応は、書き手からすれば嬉しくて励みになるものです。

「この『2016年の毎日のほん』もとてもよかったです!辻山さんの本の紹介は毎日WEBで見ていますが、こうして紙になるとまた違う説得力があるなと思って……」

『2016年の毎日のほん』(『本屋、はじめました』のTitle購入特典として差し上げていた冊子。2016年1年間の「毎日のほん」をまとめたもの)

「ああ、ありがとうございます」

「それで思ったのですが、これまでにないようなブックガイドがあれば面白いと思います。一つ一つはどこからでも読めるような短い本の紹介ですが、全体を通してみれば一つの大きな流れになっている、読みものとしても読めるような本で……」

 聞きながら「えっと、それは書けということなのでしょうか。一冊書き終って、ほっとしているのですけど……」と、うっすら思っているとダメ押しがやってきました。

「弊社で辻山さんの本を作らせて頂けませんでしょうか!」その声は、静かで狭い店内によく響いていました。

 実はWEBで更新している「毎日のほん」をまとめたいという依頼はそれまでも受けたことがありましたが、本にするには量が足りないと思っていました。しかしこの依頼には、面白い本が作れそうだという予感があったのと、面と向かってストレートに本の感想を言われることでよい気持ちになっていたのだと思います。「〈毎日のほん〉とは別なものを書くことで、とりあえず考えてみます」と、何となく押し切られたような感じになりました。このことが『365日のほん』の最初の一歩であり、そもそもの志でもありました。
 

*今月の本屋の時間は「特別編」として(?)『365日のほん』の舞台裏を4回に渡り追いかけます(毎週水曜日更新予定)。次回は8日更新。どのように『365日のほん』の文章を書いたかについて記しました。一冊の本がどのように出来ていくかをお楽しみください。

 

今回のおすすめ本

 辻山良雄『365日のほん』(河出書房新社)

 全国の書店には11月23日以降に並びはじめますが、TitleのWEBSHOPでもご予約を承っております。ご予約、ご購入のお客さまには特典として「四季のカード」を差し上げます(4枚1セット。1枚はシークレットとして、ある写真家の作品が使われております)。

〈お知らせ〉


◯2020年1月10日(金)~ 2020年1月28日(火) Title2階ギャラリー

鹿子裕文『ブードゥーラウンジ』刊行記念展
~モンドくんの原画展+本づくりの舞台裏~

福岡・天神の一風変わった実在のライブハウス「ブードゥーラウンジ」と、そこに集う本物の〈はみだし者〉たちが日夜繰り広げた大騒動を描いたノンフィクション『ブードゥーラウンジ』。本書は『へろへろ 雑誌「ヨレヨレ」と宅老所よりあいの人々』(ナナロク社/ちくま文庫)で大反響を呼んだ鹿子裕文さんの待望の新作。会場では『ブードゥーラウンジ』のカバー装画をはじめ、たくさんの挿絵を描いてくれたモンドくん(奥村門土)の原画を展示します。「ブードゥーラウンジ」に関するチラシや資料も多数。

 

◯2020年1月31日(金) 19:30〜 Title 1階特設スペース

 季刊誌kotobaプレゼンツ「21世紀に書かれた百年の名著を読む」第4回
仲俣暁生×倉本さおり「阿部和重『シンセミア』を読む」

仲俣暁生さんの連載「21世紀に書かれた百年の名著を読む」とのTitle連動イベント第4回。今回のゲストは倉本さおりさん。とくに「監視社会」を描いたという意味では現代に対して預言的だったという解釈もできる『シンセミア』を、ともに書評家として活躍されるお二人が語らいます。


◯2020年 02月01日(土) 17:30~ 二子玉川ライズ ガレリア 特設ステージ

まちを変える本屋
田口幹人さん(楽天ブックサービス)×久禮亮太さん(Pebbles Books)×辻山良雄さん(Title)

現在、楽天ブックサービスで地域と本をテーマに活躍されている田口幹人さん、リブロから独立後、小石川で「Pebbles Books」を運営している久禮亮太さん、Title店主・辻山の3人のトークイベント。梅田 蔦屋書店の北村知之さんが聞き手となり、それぞれが考える「まちの本屋」のあり方と、その未来を考える。

 


◯『本屋、はじめました』増補版がちくま文庫から発売されました

文庫版のための一章「その後のTitle」(「五年目のTitle」「売上と利益のこと」「Titleがある街」「本屋ブーム(?)に思うこと」「ひとりのbooksellerとして」「後悔してますか?」などなど)を書きおろしました。解説は若松英輔さん。
 


 

 

◯辻山良雄・文/nakaban・絵『ことばの生まれる景色』ナナロク社

店主・辻山が選んだ古典名作から現代作品まで40冊の紹介文と、画家nakaban氏が本の魂をすくいとって描いた絵が同時に楽しめる新しいブックガイド。贅沢なオールカラー。

 

 ◯辻山良雄『365日のほん』河出書房新社

春、夏、秋、冬……日々に1冊の本を。書店「Title」の店主が紹介する、暮らしを彩るこれからのスタンダードな本365冊。

 

 ◯辻山良雄『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』苦楽堂 ※5刷、ロングセラー!! 単行本

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

バックナンバー

辻山良雄

Title店主。神戸生まれ。書店勤務ののち独立し、2016年1月荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店 「Title」を開く。書評やブックセレクションの仕事も行う。著作に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP