1. Home
  2. 生き方
  3. 本屋の時間
  4. 『365日のほん』が発売になります(2)...

本屋の時間

2017.11.08 更新 ツイート

第24回

『365日のほん』が発売になります(2)文章は読む人あってのもの辻山良雄

写真を拡大
白地を埋めるかのように、赤を入れていく。もはや〈文〉ではなく〈図〉のようである。


 Titleではその日に入荷した新刊をツイッターで紹介しています。「あの文章はその場で本を読んでから書いているのでしょうか」とよく聞かれるのですが、とてもそんなに速くは読めません。毎日入荷した本を手にとって眺め、少し読んでみてその本の良いところを探します。文章の美しさや書かれた内容の面白さ、装丁など、褒めるポイントは本により違いますが、その本を見て自然と思い浮かんだことをそのままことばにします。

 しかし『365日のほん』は、すぐに流れていくSNS上のことばとは異なり、紙に印刷され、買った人の手元に残ります。それに耐える強さを持つには、書いた文章を何度も見直すことが必要になります。

 人は自分でも説明できないようなことを、知らないうちに書いてしまっているものです。何度も同じ文章を見直すうちに、「意味が自分の腑に落ちていないことば」や「見栄で使った難解な言い回し」などの箇所に、次第に違和感を覚えはじめます。

写真を拡大
あとから読みかえすと意味の通じない文はあきらめ、わかるように文を足していく。

 そうした悪目立ちすることばを削る(もしくは自分の手の内にあることばに直す)と同時に、まだ何かもの足りず、もう少し説明が必要そうな箇所に文章を足していきます。そうした作業を何度も繰り返しているうちに、次第に文章が滑らかになり、引き締まってきます。

 その過程で重視するのは、個性よりは読みやすさです。個性は消そうとしても消せないものなので、あえて自分からは求めなくてもよいと思いますが、文章は読む人あってのものなので、独りよがりにならないように気を付けています。

写真を拡大
最終的には、滑らかになってきます。

 文章をどのように書くかもそうですが、どのような本を選ぶかということも、『365日のほん』では重要なことでした。「そうはいっても365冊もあるのだから、好きな本は一通り選べますよね」といわれそうですが、掲載される本の数が増えてくれば、似た傾向の本ばかりを並べていれば、読む人に平板な印象を与えてしまいます。それを防ぐには、統一されたテイストのなかでも、各ジャンルからバランスよく本を選んでくることが大切です。そのなかには、自分は読まないかもしれないがリストには含めたい本もあります。店の売場を作るときの引いた視点が、『365日のほん』のセレクションには活かされているのかもしれません。

写真を拡大
巻末に付けた、収録作品一覧。

 本屋にとってみれば、本を365冊選び文章を書くということは、その店のベストアルバムを作るようなものです。「ああでもない、こうでもない」と、様々な本を入れ替えながら選ぶことは、新しい店を作るように楽しいことでした。「何でこの本がないんだ!」というお叱りもあるかもしれませんが、100人いれば100通りのセレクションが存在します。そうした「私ならこうする」といった点も含めて、『365日のほん』を楽しんでいただければと思います。
 

 *次回は15日(水)の更新。ブックデザインなど、本の外回りが出来るまでを追いかけます。

 

 

今回のおすすめ本

 辻山良雄『365日のほん』(河出書房新社)

 全国の書店には11月23日以降に並びはじめますが、TitleのWEBSHOPでもご予約を承っております。ご予約、ご購入のお客さまには特典として「四季のカード」を差し上げます(4枚1セット。1枚はシークレットとして、ある写真家の作品が使われております)。

 

◯Titleからのお知らせ
6月1日(月)から、書店・カフェともに店頭での営業を行います。短縮営業です。詳細はこちらをご覧ください。

◯2020年7月9日(木)19時30分~ オンライントーク 参加費無料

本の世界をめぐる夜会
『学びのきほん 本の世界をめぐる冒険』刊行記念 オンライントーク

「学びのきほん」シリーズと連動するイベント、今回は『本の世界をめぐる冒険』の刊行記念。登壇者は、著者のナカムラクニオさん、この本の校正を担当した牟田都子さん、店主辻山良雄の3人。司会進行は「学びのきほん」編集担当の白川貴浩さん。各々が経験してきた「本をめぐる冒険」をざっくばらんに語り合います。オンラインのアドレス等、詳細はTitleホームページへ。

◯2020年7月2日(木)~ 2020年7月27日(月) Title2階ギャラリー

OTHERS
中山信一個展

コロナウィルスの影響により延期となった中山信一個展「OTHERS」を、7月2日より開催。新作『OTHERS』に収録されている原画30点を展示販売する他、Titleでの展示のために制作した、店主・辻山との合作短編小説「ねこのひかり」(文・辻山良雄 絵・中山信一)の原画も合わせて展示します。


 

◯朝日新聞(耕論)2020.6.18
自粛要請と自由 新型コロナ 辻山良雄さん、戸羽太さん、青井未帆さん

◯nippon.com インタビュー 2020.5.4
たたかう「ニッポンの書店」を探して
本を自分で紹介し、売ることに賭ける-東京荻窪「Title」


◯『本屋、はじめました』増補版がちくま文庫から発売、たちまち重版!!

文庫版のための一章「その後のTitle」(「五年目のTitle」「売上と利益のこと」「Titleがある街」「本屋ブーム(?)に思うこと」「ひとりのbooksellerとして」「後悔してますか?」などなど)を書きおろしました。解説は若松英輔さん。
 


 

 

◯辻山良雄・文/nakaban・絵『ことばの生まれる景色』ナナロク社

店主・辻山が選んだ古典名作から現代作品まで40冊の紹介文と、画家nakaban氏が本の魂をすくいとって描いた絵が同時に楽しめる新しいブックガイド。贅沢なオールカラー。

 

 ◯辻山良雄『365日のほん』河出書房新社

春、夏、秋、冬……日々に1冊の本を。書店「Title」の店主が紹介する、暮らしを彩るこれからのスタンダードな本365冊。

 

 ◯辻山良雄『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』苦楽堂 ※5刷、ロングセラー!! 単行本

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

本屋の時間

東京・荻窪にある新刊書店「Title(タイトル)」店主の日々。好きな本のこと、本屋について、お店で起こった様々な出来事などを綴ります。「本屋」という、国境も時空も自由に超えられるものたちが集まる空間から見えるものとは。

バックナンバー

辻山良雄

Title店主。神戸生まれ。書店勤務ののち独立し、2016年1月荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店 「Title」を開く。書評やブックセレクションの仕事も行う。著作に『本屋、はじめました』(苦楽堂)、『365日のほん』(河出書房新社)がある。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP