1. Home
  2. 生き方
  3. 料理ができない!うつ病が教えてくれた家事の意味
  4. うつのおかげで生まれた時短ミニマム料理

料理ができない!うつ病が教えてくれた家事の意味

2019.11.29 更新 ツイート

うつのおかげで生まれた時短ミニマム料理阿古真理

わが家の家計は折半で、負担する支払いの分担が決まっている。食費は私の担当である。私が病気でほとんど仕事ができなかった時期も、分担は変わらなかった。その頃、仕事も行き詰まっていた。頭が回らなくなる病気だから、新しい仕事を得るために企画する能力も衰えている。そもそもネタを集めるパワーがない。それでも2人とも儲からない分野で働いているので、お互いが経済的に自立していなければ家計が回らなかった。

 

もちろん、そんな私を夫は心配した。自分が仕事を変えてもっと家賃が安いところへ引っ越し、私が専業主婦になったらどうかとか、スーパーのレジなどでアルバイトをしたらどうかなどと提案してくれた。

確かにその頃の私は失業状態だったが、自分の生活費は自分で稼ぐ人生を歩く、と若い頃に決めていたし、夫に自分を曲げて仕事を変えて欲しくもなかった。アルバイトをしなかったのは別の問題で、不特定多数の人を相手に働き、すばやく対応することを求められるサービス業が、病気の私に務まるとは思えなかったからである。日銭を稼げるようになって、本業への意欲がますます弱くなることも恐れていた。

うつは、変化を恐れる病気である。イレギュラーなことや、一度に2つ以上のことに対応することが難しい。しかも、ちょっとした生活の変化も大きな精神的負担になる。毎日をできるだけ安定した予測の範囲内に収めることが、体調の安定につながるのだ。

結局、少しずつでも仕事をすること、貯金の上澄みをちょっとばかり使うことで何とか乗り切ったように思う。夫も私の負担が少なく、できそうな仕事を回してくれた。分野は違うが、夫も出版業界で働いているのである。

少ないお金で食費をやりくりするため、できるだけ工夫をした。いつも行く八百屋のお兄ちゃんは、私が店で働いたりもしたから察していたのだろう。ときどき、古くなった野菜を譲ってもらうことができた。魚屋で買うのは、干物やアジ、サバなどできるだけ安い魚。良質なものを選んでいた調味料も、グレードを下げた。漬けものやジャムといった、プラスアルファの一品はなし。

切り詰めた家計の中で、昔の農家が不作を乗り切るなど、コメを節約するために「大根飯」を食べた、など大根が貧しさを救う作物でもあることが、よくわかった。当時私が買っていた大根の値段は、1本150円ほど。それだけあれば、1週間は助かる。お腹がふくれるし、量が多いのである。

それから、冬は白菜を丸ごと、それ以外の季節はキャベツを丸ごと買うと、やはり1週間は使い回せる。それらも200円前後ぐらいである。ニンジン、ジャガイモ、タマネギなどの定番の根菜も割安だ。

少し回復して料理ができるようになると、これらの定番野菜を駆使した料理をするようになる。何品も並行してつくる技量が当時なかったことや、献立を考える気力がなかったこと、家計が厳しかったことが合わさって、品数は少なかった。

そんな頃に編み出したのが、ミニマム料理である。これは、使う素材が一種類で、料理の工程が最低限の料理だった。

夏はカボチャを丸ごと買う。丸ごとなら長く保存できるので、使いたいと思うまで、台所の野菜ボックスに放置しておける。先ほど挙げた定番野菜はどれも、保存ができるところも助かる。買っておけば、今日明日に使い切らなくても大丈夫。「~せねばならない」というストレスをできるだけ少なくすることも、うつには必要である。

丸ごとのカボチャを割るのは力がいるので、夫に頼んでいた。二つ割か四つ割にしてもらった後、種とワタを取り除く。本当は種だって食べられるのだが、どう料理したらいいかわからなかったので、それは捨てていた。使わない分はラップでぴっちりくるんで冷蔵庫に入れておけば、1週間ぐらいは使える。長く置くと端っこが白くなるので、そこの部分は削って捨てる。もちろん早く使ったほうがいいに決まっているが、急がなくても大丈夫、と思えることが、精神的負担を少なくした。

カボチャの簡単料理の定番は、煮つけである。しかし、まとめてつくって2回、3回と煮返すと、皮が割れてくる。下手をすると最初に煮た時点で、煮過ぎて割れてくる。皮が外れた身はすぐに崩れて食べにくい。しかも、出汁をつくらないといけないのが手間である。

そこで思いついたのが、カボチャ蒸しだ。幸いわが家には、蒸し器がある。煮つけと同じように4分の1個や2分の1個を、3~4センチ角に切り、鍋の底に水を入れて沸騰させた蒸し器に入れ、上からパラパラと塩を振りかける。それで数分ほど中火にかけて蒸す。皮の内側に竹串を刺して、柔らくなっていれば完成である。

蒸したカボチャは、甘くておいしい。お腹がふくれるので、副菜にすれば2切れぐらいで十分。夏は根菜が少ないので、お腹にたまる食材のカボチャは頼りになる。しかも栄養価が高い。β―カロテンやカリウムがたっぷり含まれ、ビタミンCやほかのミネラルも含む。

そして、この蒸しカボチャは、冷蔵庫で保存することができる。冷たいカボチャは、まるでスイーツのように甘い。そのまま食べてもいいし、一工夫する元気があるときは、ひき肉とタマネギのあんをかけたりもした。めったにそういうときはなかったけど。

冬は、白菜蒸し。これは夫が思いついた料理だ。白菜をザクザク5センチ幅に切って蒸し器に入れ、味つけなしで3~5分程度蒸して完成。それを、醤油とお酢、ラー油を混ぜた小皿に入れながら食べると、まるでギョウザみたいな味になる。ギョウザは手間がかかる料理なので、この頃はとてもつくる気力がなかったが、白菜蒸しを食べていたらギョウザの気分で楽しめた。そうやって食べて気づいたが、白菜は見た目の割にお腹がふくれる。青菜よりずっとボリューム感があるのだ。そして体も温まる。真冬はキャベツより白菜がいい。

もっとかんたんにできるのが、長いもの短冊切り。10センチほどに切れば2人で1回分。スーパーに売られているカットされた長いもで、2回分。八百屋で丸ごと買えば4~5回分。ちゃんとラップにくるんで冷蔵庫に保存すれば、1~2週間持つ。切り口が変色したら、そこだけ切って捨てればいい。皮をむき、汚れた表面をちょっと洗って、4等分し、短冊に切る。器に盛って鰹節をかけ、ポン酢をかけたら完成する。

トウモロコシも蒸せばかんたん。皮をむいてひげ根を取り、2つに切って、塩をすり込み、蒸し器で数分。色がツヤツヤと黄色が濃くなったら完成だ。このとき、気持ちに余裕があれば底に溜まったお湯をスープに使う。よい出汁が出ているので、おいしくなる。

これらの料理の助かるところは、どれもかんたんにつくれるうえ、お腹がふくれることだ。「恐るべき食い意地」の回でも書いたように、私は病気だろうが元気だろうが、いつだって毎日お腹を空かせている。しっかり食べないと満足できないので、お腹がふくれるかどうかは重要なポイントなのだ。特にこの頃は、肉や魚介をたっぷり摂るほど買えなかったし、品数もたくさんはできなかったので、お腹がふくれる食材は重要だった。

お腹はあまりふくれないが、かんたんに1品足せる1食材料理もある。

キュウリの端っこを切り落とし、塩もみして30分以上置いておく。それを斜め切りか輪切りにして、皿に盛るだけ。肉料理などに添えておくと、箸休めになるし、梅酢でもかけておけば、サラダ扱いもできる。梅酢がなければポン酢でもOK。

トマトを切っただけ、というのもやる。私は子どもの頃からトマトが大好きで、これによけいなドレッシングはかけなくない。だから、トマトは本当に切っただけで済ませる。病気かどうかに関係なく、夏場のお気に入りだ。

もっと後になって思いついた料理だが、今は味つけしたものが「サラダチキン」として人気の蒸し鶏もかんたんだ。鶏の胸肉2枚に塩コショウをすり込んで、中火で20分蒸す。それを薄くスライスしておき、3回ぐらいに分けて食べる。私は柚子胡椒をつけて食べるぐらいだが、トマトソースなど好みのソースをかけるとおしゃれになる。

これは昼につくったら夜も食べるなど、できるだけ続けて食べるが、翌日にはもう脂が回っているので、ベビーリーフなどと混ぜてサラダにする、あるいは青菜と炒めるなどして、ほかの食材に紛れ込ませる。

蒸し器の底にたまった肉汁は、味を調えればいかにも滋養があるスープになる。一番かんたんなのは、溶き卵を入れるだけ。タマネギのみじん切りやキャベツ、キノコを加えて増量してもいい。オクラやネギなど薬味を浮かべてもいい。

こうして見つけたミニマム料理の多くは、今でも活用している。そういえば、最近夫婦して、お腹の周りの肉をへらしたいと悩んでいるが、それはこの頃より食卓にのる品数がふえてしまったからかもしれない。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

料理ができない!うつ病が教えてくれた家事の意味

うつ病になったら、料理がまったく出来なくなってしまったー。食をテーマに執筆活動を続ける著者が、闘病生活を経て感じた「料理」の大変さと特異性、そして「料理」によって心が救われていく過程を描いた実体験ノンフィクション。

 

バックナンバー

阿古真理 作家。生活史研究家。

1968年兵庫県生まれ。神戸女学院大学文学部総合文化学科(社会学)を卒業後、広告制作会社を経てフリーに。1999年より東京に拠点を移し、食や生活史、女性の生き方などをテーマに執筆。著書に『昭和育ちのおいしい記憶』『うちのご飯の60年 祖母・母・娘の食卓』『昭和の洋食 平成のカフェ飯 家庭料理の80年』『「和食」って何?』『小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代』『料理は女の義務ですか』『なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか パンと日本人の150年』『パクチーとアジア飯』『母と娘はなぜ対立するのか 女性をとりまく家族と社会』など。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP