1. Home
  2. 生き方
  3. 料理ができない!うつ病が教えてくれた家事の意味
  4. 「献立を考える」は何故ハードルが高いのか

料理ができない!うつ病が教えてくれた家事の意味

2020.01.14 更新 ツイート

「献立を考える」は何故ハードルが高いのか阿古真理

台所を任されている人にとって最大の悩みは、献立づくりではないだろうか。環境にもよるが、それは毎日のことで何年も何十年も続くのである。誰も交代要員がいない、旅行もめったにしないとなれば、それは休日ゼロの過酷な労働となり得る。

 

献立のネタに困ったとき、皆さんはどうしているだろうか。インターネットでレシピを検索する。ストックしてあるレシピ本をめくる。暇そうにしている子どもたちに「今日は何を食べたい?」と聞いてみる。スーパーへ行って店頭で決める。誰かとおしゃべりしながら相談する。勤めている人なら、同僚に聞くこともあるだろう。

献立づくりは、食べたいものを考えればいいだけでないところに、難しさの要因がある。何しろ、生活というのは昨日もあって明日も続く。つまり、まっさらな状態で、後先考えずに決められるわけではないから難しいのだ。

まず台所に残っている食材、という「しがらみ」が料理人の足を引っ張る。使いさしの大根、キャベツ、ニンジン、肉といった食材を、傷まないうちに使ってしまわなければならない。

また、「今日は魚を焼こう」と思ってスーパーへ行ったら、ピンとくる魚がない日もある。いつも置いてあるキャベツが、やけに高い時期もある。使いたかったパクチーが置いていないときもある。こちらも店頭にあり、予算に納まる範囲で買える食材を選ぶことになる。欲しい食材がないと、献立を立て直す必要に迫られることもあり、その場合は店内でウロウロしながら悩むことになる。

その日の天候も、考慮が必要な要素だ。急に寒くなった日は、鍋ものや汁ものなど、体が温まる料理にしたくなる。急に暑くなったら、サラダや冷ややっこなどがいいかもしれない。あまりに天候の条件が悪くて買いものに出かけるのが嫌になり、ありあわせの材料を工夫したほうがいいと判断する日もある。

自分や家族の体調も、献立を決める重要な要因である。体調を崩している人がいるとき、ストレスが溜まってやる気がないとき、逆にストレスフルだからこそおいしいものを食べて奮起したいとき、落ち込んでいる人がいるとき。食事に制限がある幼児や高齢者、病人がいる家庭では、その人に合わせた配慮も必要である。

うつ回復期の私は、どうしていただろうか。やはり、このように複合的な要因を考慮しなければならない献立づくりはとても大変なことだった。何しろ欲望が少ないのである。好奇心もあまりないし、刺激を得る機会も限られている。

これを書いている今はかなり状態がよく、好奇心も旺盛だ。経験を積んだこともあり、献立に悩むことがほとんどない。比較するとあの頃の大変さがよく見えると思うので、しばらく今のことを書いてみたい。

今は食の仕事を中心にしていることもあり、食いしん坊の仲間がたくさんいる。彼女たちと会話していて、食べたいものが浮かぶことがある。外食の機会も多いので、おいしかった料理になぞらえてつくってみることもある。食がテーマのテレビ番組もたくさん録画しているので、それも結果的に大量のヒントのストックになっている。

そして経験を積んで肩の力が抜けたのか、ふだんは定番料理でいいと思っていることが、今悩まない最大の要因だ。夫があまり料理にうるさくなく、「何でも食べるよ」と言ってくれることも助かっている。

味噌汁と魚と菜っ葉の炒めものの献立、野菜いろいろの煮込みやスープと肉と菜っ葉の炒めもので済ませる献立といった似たパターンが多い。そして、汁ものは翌日にも残す。

一方、イギリスの料理番組で観たから、と肉の塊をオーブンで焼いてみる日もある。おいしい在来ゴボウが手に入ったから、素揚げしていい塩を振りたくなる日もある。

定番にときどき楽しい料理が加わる今と比べ、あの頃は食の分野を専門にし始めたばかりで、経験が少なかった。テレビ番組もストックしていない。食いしん坊の仲間もいなかった。お金がなかったから、珍しい食材を買うこともない。そもそも、そういう食材を売っている場所を知らず興味もなかった。

しかもあの頃は、料理はできるだけ多くの種類の食材を使い、できるだけ毎日違うものを食卓にのせるべきだ、という先入観に囚われていた。ところが現実は、何をつくったらいいのか、何を食べたいのかすら、思い浮かばない。そして「正しい」ことができないから苦しい。

ダメダメ尽くしで発想など浮かぶわけがない。あの頃一番よくなかったのは、仕事がないことと重なって、ただでさえへっている欲望を抑え込むのに必死だったことだ。それは、「がまんしなさい」としつけられて育ったことも影響している。今でもそういう面は残っているが、あの頃の私は特に自罰的だった。うつはもともと欲望が少なくなる病気なのだが、しんどい時期が長く続いたのは、「がまんしなきゃ」と自分をギューッと抑え込んでしまったためかもしれない。

欲望は過ぎると身を滅ぼす要因となるが、そうでなければ生きる原動力になる。人間を動かすのは、義務より欲望である。「あれをしなければいけない」より「あれがしたい」のほうが、実行への大きな力となる。でも、お金がかかる欲望を極力抑えていた私は、より安い食材だけを求めていた。そうなると使える食材も限られ、ますます思いつく料理も少なくなる。

インターネットで料理を検索するのも面倒だし、レシピ本はほとんど持っていないし、ひたすら店頭と自分の頭の中だけを探ることになる。情報の種類も量も限られている中で、何を食べたいか思い浮かばないでつくれる料理なんて、本当に少ない。そりゃ、献立に悩むわけだ。何にも思い浮かばないで困ってばかりだった私が、ではどうやってあの時期を切り抜けたのか。それは次回の話題にするので、しばらくお待ちください。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

コメント

幻冬舎plus  [今日の新着記事] 「献立を考える」は何故ハードルが高いのか|料理ができない!うつ病が教えてくれた家事の意味|阿古真理 https://t.co/tWXSf8uHS7 6日前 replyretweetfavorite

幻冬舎plus  "定番にときどき楽しい料理" 長く続けるために、必要以上にがんばらない。(片) 「献立を考える」は何故ハードルが高いのか|料理ができない!うつ病が教えてくれた家事の意味|阿古真理 - 幻冬舎plus https://t.co/kJGBaqLGkJ 6日前 replyretweetfavorite

林けいこ  「献立を考える」は何故ハードルが高いのか|料理ができない!うつ病が教えてくれた家事の意味|阿古真理 - 幻冬舎plus https://t.co/GIri2MBN6p 6日前 replyretweetfavorite

幻冬舎plus  [公開] 「献立を考える」は何故ハードルが高いのか|料理ができない!うつ病が教えてくれた家事の意味|阿古真理 https://t.co/tWXSf8uHS7 7日前 replyretweetfavorite

料理ができない!うつ病が教えてくれた家事の意味

うつ病になったら、料理がまったく出来なくなってしまったー。食をテーマに執筆活動を続ける著者が、闘病生活を経て感じた「料理」の大変さと特異性、そして「料理」によって心が救われていく過程を描いた実体験ノンフィクション。

 

バックナンバー

阿古真理 作家。生活史研究家。

1968年兵庫県生まれ。神戸女学院大学文学部総合文化学科(社会学)を卒業後、広告制作会社を経てフリーに。1999年より東京に拠点を移し、食や生活史、女性の生き方などをテーマに執筆。著書に『昭和育ちのおいしい記憶』『うちのご飯の60年 祖母・母・娘の食卓』『昭和の洋食 平成のカフェ飯 家庭料理の80年』『「和食」って何?』『小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代』『料理は女の義務ですか』『なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか パンと日本人の150年』『パクチーとアジア飯』『母と娘はなぜ対立するのか 女性をとりまく家族と社会』など。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP