1. Home
  2. 生き方
  3. 人生の目的
  4. “万人共通の”人生の目的などない

人生の目的

2019.04.14 更新 ツイート

第6回

“万人共通の”人生の目的などない五木寛之

辛いことや苦しいことがあっても私たちは生き続ける。人生に目的はあるのか。あるとしたらそれは何か――。20年の時を経て名著『人生の目的』が新書版に再編集され復刊。いまの時代に再び響く予言的メッセージ。

*   *   *

人生に目的はあるのか

人生に目的はあるのか。

私は、ないと思う。何十年も考えつづけてきた末(すえ)に、そう思うようになった。

人生に決められた目的などというものはない。人間は人生の目的をもたなくても、生きてゆくことはできる。はっきりした生きる目的をもたずに、その日その日をなんとなくすごしている人たちは少なくない。また、生きのびるだけで精いっぱいで、なんのために生きるのか、自分の人生の目的とは何か、などと考える余裕(よゆう)さえない人びとも世界じゅうにたくさんいる。

「それを言っちゃ、おしめぇだぜ」という声がきこえそうだが、人生に万人共通の目的などというものはない。人間はこうでなくてはならないという、道徳的な規則などない。あらかじめ決められている法律のような人生の目的というものを、私は想像することができない。要するに、身(み)もフタもない言いかただが、万人に共通の人生の目的などというものはない、と私は思う。

(写真:iStock.com/gustavefrazao)

しかし、それですめば世の中は簡単だ。ああ、そうですか、で、終わってしまう。だが人間というやつは、なかなか厄介(やっかい)な生きものである。人生に目的がないとなると、急にがっくりする気持ちがどこかにある。生きてゆく張りがなくなってしまうのだ。そして八方ふさがりの困難な状態に追いこまれたりすると、ああ、もう面倒くさい、生きるのよそうか、とすべてを投げだしたくなったりする。

人生に目的はない、と割り切っても、一方で、目的のない人生はいやだ、となぜか思ってしまうのだ。目的なき人生は不安でもあるし、頼りなく、ふらふらした感じがする。やはり人生に目的をもちたい、と思うのが自然な人間の心のはたらきだろう。人はおのずと生きていることに目的を求めるのだ。それは生まれた川へ帰ってくる鮭(さけ)や、渡り鳥などと同じような、生物の一種の本能なのかもしれない。

しかし、世の中には、目的などはどうでもいい、自分は当面の目標をもっている、それで十分ではないか、と考える人がいる。当面の目標に向かって一歩一歩すすんでいくのが生き甲斐(がい)だ、という人は決して少なくない。また具体的な目標も身の回りにはいくらでもある。

希望の大学に合格すること。安定した職業につくこと。自分の能力に向いた仕事で活躍すること。理想の恋人を獲得すること。四十歳までに自分の家を建てること。外国語やパソコンをマスターすること。スポーツに熱中して国際的な大会に出場すること。芸能界にはいって有名になること。行政府や立法府で国の経営に参画(さんかく)すること。アルマーニのスーツをビシッと着こなすこと。介護や福祉の仕事について働はたらくこと。大金持ちになること。美容師の国家試験にパスすること。バイクを走らせること。幸せな家庭を築くこと。病気を克服して健康をとりもどすこと。運転免許をとること。そのほかいくらでもある。

二十歳のころの私の目標は、とりあえずきょうの食い物にありつくこと、そしてなんとか大学の授業料を払えるだけの貯金をすること、その二つだった。しかし、それはなかなか両立しがたい目標である。かろうじて毎日なんとか食いつなぐことはできたが、結局、授業料のほうは滞納(たいのう)に滞納を重ね、ついに抹籍(まっせき)となった。あらためて授業料の滞納分を払って正式に中退したのは、それから三十年以上たってからのことである。

関連キーワード

関連書籍

五木寛之『人生の目的』

人生に目的はあるのか?あるとしたら、それは何か。 お金も家族も健康も、支えにもなるが苦悩にもなる。人生はそもそもままならぬもの。ならば私たちは何のために生きるのか。 刊行から20年――。人々に寄り添うその深い洞察が大反響を呼んだ衝撃の人生論。 平成という時代が変わる今、再読したい心の羅針盤。大きな文字で再編集した新書オリジナル版。

{ この記事をシェアする }

人生の目的

人生に目的はあるのか。あるとしたらそれは何か――。お金も家族も健康も、支えにもなるが苦悩にもなる。人生はそもそもままならぬもの。ならば私たちは何のために生きるのか。

バックナンバー

五木寛之

1932年福岡県生まれ。生後まもなく朝鮮にわたり47年引き揚げ。52年早稲田大学露文学科入学。57年中退後、PR誌編集者、作詞家、ルポライターなどを経て、66年「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で直木賞、76年『青春の門 筑豊篇』ほかで吉川英治文学賞を受賞。『蓮如』『大河の一滴』『風の王国』『戒厳令の夜』など著書多数。英文版『TARIKI』は2001年度「BOOK OF THE YEAR」(スピリチュアル部門)に選ばれた。2002年に菊池寛賞を受賞。『親鸞』(2010年刊)で毎日出版文化賞を受賞。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP