1. Home
  2. 生き方
  3. 人生の目的
  4. 来世により良く生まれることを信じて生きる...

人生の目的

2019.04.21 更新 ツイート

第13回

来世により良く生まれることを信じて生きるインド的思考五木寛之

辛いことや苦しいことがあっても私たちは生き続ける。人生に目的はあるのか。あるとしたらそれは何か――。20年の時を経て名著『人生の目的』が新書版に再編集され復刊。いまの時代に再び響く予言的メッセージ。

*   *   *

はっきりした人生の目的をもつ人

こう考えてくると、運命を変えることは人間にできないことの最大のもののように思われてくる。しかし、これを変えることができる、と古代インドの人たちは考えた。いまもそう信じている人びとが少なくないらしい。それは生きているあいだに善(よ)い行いを多くしさえすれば、つぎに生まれ変わるときにはいまより良く生まれ、逆に悪行(あくぎょう)を重ねる者は来世(らいせ)で悲惨な目にあう、という考えかただ。これを「善因恵果(ぜんいんえか) 悪因悪果(あくいんあっか)」などという。

(写真:iStock.com/AAGGraphics)

この考えかただと、いま現在、苦しい生きかたをしている人間は、前の世の悪い行いの結果であるから、当然の報(むく)いだということになってしまう。もともとは人に善行(ぜんこう)をすすめるための発想だろうが、私はそういう考えかたにはどうしてもなじめない。いま苦しんで生き悩んでいる人たちを、あいつらは前の世でよほど悪いやつだったのだ、だからいまはこんな目にあっているのだ、という目で見ることは、苦しむ人への二重の侮辱(ぶじょく)ではないのか。

このような考えかたに立つ限り、インド的な人生の目的は、はっきりしている。人がなすべきことは来世により良く生まれること、あるいは輪廻(りんね)の鎖(くさり)から永遠に解き放たれて自由になること、である。そのために信仰を深め、善行をつむ。ガンジス河で沐浴(もくよく)をし、行者(ぎょうじゃ)に布施(ふせ)をする。現在もそれを信じて疑わずに生きている人たちを、私たちはどう見るか。あこがれの目で見る者もいるだろう。そして、うらやましい、と思うときもあるだろう。また逆に、無知だと思ったり、抵抗感をおぼえる場合もあるだろう。それは人によってさまざまである。しかし、そのように人生の目的をはっきりと定めて疑わない多くの民衆の目に宿(やど)る、なにか説明のできないつよい光に、ふと心が揺れる瞬間があることもたしかである。

関連キーワード

関連書籍

五木寛之『人生の目的』

人生に目的はあるのか?あるとしたら、それは何か。 お金も家族も健康も、支えにもなるが苦悩にもなる。人生はそもそもままならぬもの。ならば私たちは何のために生きるのか。 刊行から20年――。人々に寄り添うその深い洞察が大反響を呼んだ衝撃の人生論。 平成という時代が変わる今、再読したい心の羅針盤。大きな文字で再編集した新書オリジナル版。

{ この記事をシェアする }

人生の目的

人生に目的はあるのか。あるとしたらそれは何か――。お金も家族も健康も、支えにもなるが苦悩にもなる。人生はそもそもままならぬもの。ならば私たちは何のために生きるのか。

バックナンバー

五木寛之

1932年福岡県生まれ。生後まもなく朝鮮にわたり47年引き揚げ。52年早稲田大学露文学科入学。57年中退後、PR誌編集者、作詞家、ルポライターなどを経て、66年「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で直木賞、76年『青春の門 筑豊篇』ほかで吉川英治文学賞を受賞。『蓮如』『大河の一滴』『風の王国』『戒厳令の夜』など著書多数。英文版『TARIKI』は2001年度「BOOK OF THE YEAR」(スピリチュアル部門)に選ばれた。2002年に菊池寛賞を受賞。『親鸞』(2010年刊)で毎日出版文化賞を受賞。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP