1. Home
  2. 生き方
  3. 人生の目的
  4. 人は運命に流されるだけ、とは思いたくない...

人生の目的

2019.04.22 更新 ツイート

第14回

人は運命に流されるだけ、とは思いたくない。その正直な気持ちをどうする五木寛之

辛いことや苦しいことがあっても私たちは生き続ける。人生に目的はあるのか。あるとしたらそれは何か――。20年の時を経て名著『人生の目的』が新書版に再編集され復刊。いまの時代に再び響く予言的メッセージ。

*   *   *

人間としての共通の運命

では人は運命にすべて支配され、その星の下(もと)でただ川に浮かぶちりのように流されてゆくだけなのか。私はそうは思わない。いや、思いたくないと言ったほうが正直だろう。

ここでもう一度、中村元(はじめ)さんの『自己の探究』(青土社・一九八八年刊)の中の言葉にもどってみる。中村さんは《運命と宿命》という章のなかで、運命という言葉をとりあげてこう語られていた。

すなわち、運命とは避けることのできないものである。西洋では神が人びとの運命を支配すると考えていたらしい。中国には〈天命(てんめい)〉という考えかたがあった。人の意志や個人の希望に関係なく、見えない大きな力が人間にはたらいているとするのである。

しかし近代の文明は、その出発点において明るい未来を予想したので、近代人はひとつの不遜(ふそん)な思いあがりを心に抱くようになった。すなわち「意志の自由」によって、私たちは人生を自由に切りひらき、大胆に変えることができると考えたのである。すなわちつよい意志と、たゆまぬ努力をつづけさえすれば、人は必ず自分の人生を望む方向へ築きあげることができる、と信じたのだ。信じて最後までたたかう、そのことによって運命の重荷は、はねのけることができると考えたのだった。

(写真:iStock.com/Izf)

だが、人間は決して無制限に「自由」ではない。社会制度が近代化され、改革されても、人間にはどうにもならない運命がある、と中村さんはいう。私たちが人間として生まれ、この地球上に「生きている」こと、それ自体が、ひとつの逆らえない私たちの運命ではないのか、と。

私たちはその点で、すべて共通の運命を背負っている。もし核兵器が思わぬ暴発(ぼうはつ)をひきおこせば、地球上の人類全員の生命が危険にさらされるだろう。世界の気温が何度か上昇(じょうしょう)して、極地の氷床(ひょうしょう)や高山の氷河がすべて溶ければ、地上の多くの国や都市のなかには水没してしまうところもあるだろう。その意味では、私たちはばらばらの他人であってもひとつの〈運命の共同体〉の仲間である。つまり同じ運命によって結ばれた家族の一員であるといってもよい。

しかし、その一方で、個人はあくまで個人として生まれ、生きる。そこでは地上の誰ともちがう、ただひとりの自己として存在しているのだ。それゆえにその個人もまた、それぞれに異(こと)なった運命の道をあゆまざるをえない。

たしかにそう考えてみれば、そのとおりだ。この私は人類の一員でもあり、また同時に、世の中の誰ともちがう個人なのである。その意味で私たちは二重の運命を背負っているといえるだろう。

では、そのような〈運命〉は、私たちをしばりつけ、支配するだけの鉛(なまり)のような重圧にすぎないのだろうか。私たちにとって運命は呪(のろ)うべきものであって、不幸のもとといえるような悪(あ)しき存在なのか。

関連キーワード

関連書籍

五木寛之『人生の目的』

人生に目的はあるのか?あるとしたら、それは何か。 お金も家族も健康も、支えにもなるが苦悩にもなる。人生はそもそもままならぬもの。ならば私たちは何のために生きるのか。 刊行から20年――。人々に寄り添うその深い洞察が大反響を呼んだ衝撃の人生論。 平成という時代が変わる今、再読したい心の羅針盤。大きな文字で再編集した新書オリジナル版。

{ この記事をシェアする }

人生の目的

人生に目的はあるのか。あるとしたらそれは何か――。お金も家族も健康も、支えにもなるが苦悩にもなる。人生はそもそもままならぬもの。ならば私たちは何のために生きるのか。

バックナンバー

五木寛之

1932年福岡県生まれ。生後まもなく朝鮮にわたり47年引き揚げ。52年早稲田大学露文学科入学。57年中退後、PR誌編集者、作詞家、ルポライターなどを経て、66年「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で直木賞、76年『青春の門 筑豊篇』ほかで吉川英治文学賞を受賞。『蓮如』『大河の一滴』『風の王国』『戒厳令の夜』など著書多数。英文版『TARIKI』は2001年度「BOOK OF THE YEAR」(スピリチュアル部門)に選ばれた。2002年に菊池寛賞を受賞。『親鸞』(2010年刊)で毎日出版文化賞を受賞。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP