1. Home
  2. 生き方
  3. 眩しがりやが見た光
  4. 監督

眩しがりやが見た光

2019.03.31 更新

監督マヒトゥ・ザ・ピーポー

「緊張して手が震えてるねん。」

電話口で声も震わせ神谷亮佑はそう言った。彼の撮ったGEZANのドキュメンタリー映画「Tribe Called Discord」の告知がはじまったからだ。

「緊張しても何もかわらんねんから、ほっとけよ。」

緊張している相手には全く響かない真っ当な返しに案の定黙り込む神谷。考えてみれば、この男と出会ったのももう10年近く前になるだろうか。

「オレ。パンチでるおって言うねん。」

そう言って差し出した手をわたしは払いのけてシカトしたように思う。なんて胡散臭い名前なんだと思い、関わることを拒んだが、かくいうわたしも何とかかんとかピーポーというふざけた名前をしているから、人のことを言えたたまじゃないことは薄々勘づいていた。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP