1. Home
  2. 生き方
  3. 眩しがりやが見た光
  4. 真夏のアウトラインを飛び越えた私たちは

眩しがりやが見た光

2018.07.31 更新

真夏のアウトラインを飛び越えた私たちはマヒトゥ・ザ・ピーポー

photography Shiori Ikeno

視覚にデザインがあるように、当然、音にもそれは存在する。

音のシャワーともいうべき蝉の音が降る七月のおわり、何もやることがなくて、いや、正確には山積みなのだが、何一切のやる気が起きなくて、ベッドの上で一塊の肉になって駄々をこねている。くるまった体は成虫前の虫のよう。季節外れだ。

窓の網戸にとまった蝉を指でつまみ、部屋の中に招き入れ観察すると、なかなかえぐいデザインをしている。神様という奴がクリエイターなのだとしたら、随分と攻めた造形をつくったものだ。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP