1. Home
  2. 生き方
  3. 眩しがりやが見た光
  4. 明星

眩しがりやが見た光

2018.12.03 更新

明星マヒトゥ・ザ・ピーポー


  photography by Shiori Ikeno 

冬の朝、かじかむ指でアイフォンに触れ、顔のあたりにだけ温度のないうす光を浴びて、今日をはじめる準備にはいる。足の指先をまるめ毛布にしまいこみ、さてさてなんて言ってからが長い。

この熱くもなんともない光を発明したのが誰だかわからないが、いつまでも違和感が消えず、わたしは真の意味で光として認めていない。光熱費が安くなり、主婦の味方だかなんだか知らないが、このエジソンフォロワーが光と光のような何かを混同させた罪は重く、密かだが確かに極東の青年が一人、軽蔑しつづけている。

まずLEDなんていうスカした名前は90年代のJ-POPのバンド名のようで、調子に乗りすぎている。電気ならば電気らしく厳かな名前こそがふさわしい。例えるなら「陽華〜ひか〜」だとか、「雷兎〜らいと〜」など、厳かで品のある名前をつけるべきだった。ELTみたいなLEDなど、エイベックスの闇の力にねじ伏せられてほしい。わたしはそれを強くのぞんでいる。ピース。

名前とは、それをイメージするときに一番最初に出会うもので、風向きを左右するから大切だということは十分皆、理解している。わたしの名前、マヒトゥ・ザ・ピーポーなど最底辺の極み、ふざけていて、ふしだらで堕落的で、「・」を二個使いしている箇所など、耐え難く、今も下唇に犬歯が刺さり血をにじますほどの苦痛の表情でタイプライトしている。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP