1. Home
  2. 生き方
  3. 眩しがりやが見た光
  4. 「きみの鳥はうたえる」と渋谷の朝焼け

眩しがりやが見た光

2018.09.11 更新

「きみの鳥はうたえる」と渋谷の朝焼けマヒトゥ・ザ・ピーポー

渋谷の雑踏からギャルがいなくなった。ギャル男はもっとどこにもいない。数年前は金キラのライオンの雄、雌のように逆立てた黄金色の毛がタクシーの黒い排気ガスで揺れながら、鱗粉をこぼすように街に彩りを落としていたような気がするが、何に移り変わったのだろうか。相変わらずこの街は衣替えが早い。

妖怪大戦争のよう、街を飛び交う人や物の情報量が飛散していて、前後左右から飛び出してくる個性に、地方出身を引きずるわたしの心は火を吹いて爆発しそうになる。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP