1. Home
  2. 生き方
  3. 眩しがりやが見た光
  4. 祭りの準備

眩しがりやが見た光

2018.07.18 更新

祭りの準備マヒトゥ・ザ・ピーポー

こういうのは避けようとすればするほどに風邪を引いてしまうから、わたしはシャツを一枚脱いで、上半身を裸にし、雨を受け止めにいくようにペダルをこぐ。肌を突き抜かんとする雨粒が視界を遮る。強めのシャワーだと思えばいい。握っていた傘をゴミ箱に突き刺し、空いた右手で髪をかきあげシャンプーでもするように張り付く髪を後ろに流した。

真夜中の豪雨、ママチャリを立ちこぐ上半身裸の長髪はさぞかし滑稽な風景だっただろう。しかし、まあ、この豪雨の中ではその滑稽さも霞む。それほどに異常な世界がいつもの駅までの道の上にはあった。

ここから先は会員限定のコンテンツです

無料!
今すぐ会員登録して続きを読む
会員の方はログインして続きをお楽しみください ログイン

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP