1. Home
  2. 読書
  3. 惑星シベルのグッド・犬・ハンティング
  4. 愛くるしすぎるビーグル。なのに…『ジョン...

惑星シベルのグッド・犬・ハンティング

2019.11.18 更新 ツイート

愛くるしすぎるビーグル。なのに…『ジョン・ウィック』【再掲】惑星シベル

映画に出てきた“犬”だけをレビューするコミック・エッセイ連載「惑星シベルのグッド・犬・ハンティング」、通称 #グッ犬

映画フリーク&犬フリークに大人気のこの連載がついに書籍化されました(パチパチパチパチ)。それを記念し、公開を終了していた第5回までを特別に再掲いたします。

*   *   *

こんにちは…惑星シベルです…。

本日の作品はキアヌ・リーブス主演の『ジョン・ウィック』です…(お葬式ムード)

はい。こちらの映画、グッドな犬が殺されてしまいます…。チーン。

 

犬が死ぬ映画っていう情報だけ知っていたんです。でもよく友人にオススメされていたので、面白いんだろうな…と思い続けており。

ついに見るか…よし見よう…。

 

 

ハイ見ました。

 

え、ちょっと待ってください?

飼い犬ってビーグル(犬種)なんですか? しかも仔犬?

わたしの勝手な想像では、ジョン・ウィックの飼い犬はシェパード犬とかでした!(なんの根拠もない予想)

開始5分くらいで出会って開始20分ほどで殺されてしまうこのビーグル犬、ジョン・ウィックの亡くなった奥さんからの贈りものだったとは…。一生愛すしかない。。。

ゲージを覗いた瞬間に耳が大きすぎるビーグルの仔犬と目があったとき…もう正直観るのやめようかと思ったね。(死ぬとわかっていたから)

奥さんがあらかじめつけていた名前はデイジー。

その名前を見てジョンは「彼女らしい」と呟く…(涙)

 

そこから10分ちょっと、もう…デイジーとの生活は、"デイジー愛くるしいパラダイス"なんですけれども。愛くるしいところしかないです。

ジョンと目覚めのキッスをするシーン、すごく一瞬のささやかな感じなんですけど、初めてキスを見た小学生みたいな気持ちになってしまいました…え…この気持ちは一体なに…? 愛…。

朝ジョンをペロペロして起こしたり、ジョンが車に乗ったら意気揚々と助手席に飛び乗ったり。

というかお利口すぎますデイジー。躾してる様子ないのになんでそんなに意思の疎通できるんですか。でも、わたしもジョン・ウィックの犬だったら言う事きくなあ。わかるなあ。

前から一緒にいたかのような相性の良さを見せつけられて涙が出るほどかわいいんですけれども。

 

けれども…。

 

…。

 

 

ジョンの目の前でデイジーは蹴り殺されます。

絶対許さんわ…!!!!!!!!って感じなんですけど、

勿論その倍の倍の倍くらいの怒りでジョン・ウィックがブチギレてブチ殺しに行きます。もう全員死ねっていう勢いです。わかる。

 

後半、デイジーのことを「たかが犬」って言われたのに対してジョンが、あの犬は妻を亡くした自分にとって生きる希望だった…っていう話をするんですけど…泣くでしょ。泣きますよ。

もう彼の復讐を見届けるまで目が離せない。

 

ジョン・ウィックは、酒(バーボン)があるから痛み止めはいらないらしい…。か、かっこいい…!

わたしも親不知を抜いたら歯医者さんにそう言おう!

 

そして、実はこの映画のオチでも犬が出てくるんですけど…わたしは2をまだ観ていないので、あの犬が2にも出てくるか気になっております。もし出てきたら2でハントさせていただきます!(2を観てる人は答えを知ってますね)

本日の犬《デイジー》グッド・犬・ポイント

耳がお顔くらい大きい♡ お目目♡ 鳴き声♡ 細い尻尾♡ フローリングで滑っちゃうお尻♡ 言葉では形容しがたいくらい可愛い♡♡♡

『ジョン・ウィック』

裏社会に語り継がれる一騎当千・伝説の殺し屋ジョン・ウィック。
愛を知り、表の世界へと足を洗い平穏な日々を送っていた彼は、ある日、不運にも彼の愛するもの全てをマフィアに奪われてしまう。
怒りに震え、心の奥底に封じ込めた"殺し屋の魂"を解き放ち、復讐のために独り立ち上がる。

この連載が書籍になりました!

惑星シベル『惑星シベルのグッド・犬・ハンティング 映画に出てくる犬だけレビュー』

犬なくして映画は語れない!
映画と犬好きの漫画家 惑星シベルが、映画に出てきた“犬”だけをレビュー。

『ウォレスとグルミット』など犬が主役の映画はもちろん、『ロッキー』の愛犬バッカス、『マスク』の相棒マイロ、さらにはワンシーンだけしか出てきていない犬や、主人公を窮地に追い込む犬でさえ愛でてしまう、犬への偏愛が詰まったコミックエッセイ。

幻冬舎plusの連載『惑星シベルのグッド・犬・ハンティング』で公開された記事13本に、2本の書き下ろし描き下ろしイラスト「グッド・犬・チェキ」を加えて再編集した、映画フリーク&犬フリーク必携の1冊。

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

惑星シベルのグッド・犬・ハンティング

はじめまして!惑星シベルです!
映画と犬が好きと公言していたら、このような素敵な連載が始まりました〜!ヤッタ〜!
新しい映画から古い映画まで、ジャンル問わず、ゆるく激しく(?)出てきた犬を追いかけていきますので、見てやってくださいね。トイレとかで。
まだその映画を見ていない人に気を使いつつも基本的にネタバレはします〜!(するんかい)

書籍化のため、連載の一部は公開を終了させていただきました

バックナンバー

惑星シベル

生まれも育ちも北海道。2018年「月刊!スピリッツ」(小学館)にて漫画家デビュー。10年間、東京で楽しい日々を過ごしたのち、北国へ舞い戻り大人しくない犬と大人しく暮らしている。

今後の活動はTwitter @waku_sibe にて。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP