1. Home
  2. 読書
  3. 惑星シベルのグッド・犬・ハンティング
  4. バッカスなしでロッキーは語れない。『ロッ...

惑星シベルのグッド・犬・ハンティング

2019.02.04 更新

バッカスなしでロッキーは語れない。『ロッキー』惑星シベル

こんにちは! 惑星シベルです!

第2回目ということで…『ロッキー』にしました!

こちら最高の犬がでてくる映画です。。。

というのも、1月にロッキーシリーズの続編『クリード 炎の宿敵』が劇場公開だったので!

旬な映画の初心に返り『ロッキー』の一作目にしました。

グッド・ロッキー・ハンティングになっちゃいそうになるのを堪えながら描きました。……なっちゃってますね。はい。

伝わったかどうかわからないのですが、このロッキーという男、本当に本当に動物を愛していて、

シリーズ通して愛犬バッカスに愛情を注いでおります。

バッカスは実際にスタローン氏の愛犬らしく!どおりで愛が溢れ出ているわけです…。

お互いを見る眼差しに絆を感じますよ。(1も勿論ですが『ロッキー2』なんてとくに…)

 

バッカスはブルマスティフという大型の犬種だそうで。強面ですが穏やかな性格の犬種らしく…それもこの映画を見てたらわかります。とても優しくてキュートなことが伝わってきます。

がっしりしていてロッキーととてもよくお似合い…。

エイドリアンが連れていると大きいなと思うんですけど、ロッキーと並ぶとロッキーの胸筋の方がすごいです。(?)

バッカスはおそらく雄です。作中で雄って言ってるシーンはなかった気がするのですが、その…チン…を確認いたしました。ええ。

彼は立派な男だ!(とか言って勘違いだったら大変失礼)

 

ちなみにわたし、洋画は字幕派なのですが、ロッキーの吹替が大好きになってしまい吹替で見ていたら、

ロッキーが最初にペットショップに入って子犬に対して「おはよう殺し屋!」って挨拶しているんですよね。聞き間違いじゃなければ。(字幕だとそうは訳されていない)

子犬にそんな挨拶する男います? しかも気になる女を前にご機嫌な様子で。たまりませんなぁ。

ロッキーはエイドリアンが部屋に初めて来て、扉のところから動かなかったときに、「そっちはゴキブリがでるからこっちに来なよ」って誘います。

ヒュウ~~~! 無骨~~~! これ犬関係ない話~~~!

 

話を戻しましょ。

バッカスなしでロッキーは語れないくらい、なくてはならない存在のバッカスです。

本当はシリーズ通してバッカスのことを描こうと思ったのですが、漫画50ページくらいになっちゃいそうだったので我慢して我慢して『ロッキー』一作目だけにしたので、みなさんがこの記事を忘れた頃に『ロッキー2』について描きたいです。1よりさらに最高なバッカスが多々でてきます! イエ~イ!

本日の犬《バッカス》のグッド・犬・ポイント

体格の良さとまん丸お目目の困り顔のギャップ。触りたくなるたくましい背中。嬉しいとぴったり後ろにいっちゃう耳。耳に優しい低音ボイス。そして、ロッキーにめちゃめちゃ愛されているというところ。ペットショップから脱して愛してくれる人のところに行けてよかったなあバッカス……。(涙)

関連キーワード

{ この記事をシェアする }

惑星シベルのグッド・犬・ハンティング

はじめまして!惑星シベルです!
映画と犬が好きと公言していたら、このような素敵な連載が始まりました〜!ヤッタ〜!
新しい映画から古い映画まで、ジャンル問わず、ゆるく激しく(?)出てきた犬を追いかけていきますので、見てやってくださいね。トイレとかで。
まだその映画を見ていない人に気を使いつつも基本的にネタバレはします〜!(するんかい)

バックナンバー

惑星シベル

生まれも育ちも北海道。2018年「月刊!スピリッツ」(小学館)にて漫画家デビュー。10年間、東京で楽しい日々を過ごしたのち、北国へ舞い戻り大人しくない犬と大人しく暮らしている。

今後の活動はTwitter @waku_sibe にて。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP