1. Home
  2. 生き方
  3. ロンドンならすぐに恋人ができると思っていた
  4. フェミニズムの生まれた国イギリスにあるセ...

ロンドンならすぐに恋人ができると思っていた

2022.05.11 更新 ツイート

フェミニズムの生まれた国イギリスにあるセクハラとは別の「わかりづらい差別」 鈴木綾

(写真:iStock.com/vladans)

2つの裏切られた期待

5月11日に発売される『ロンドンならすぐに恋人ができると思っていた』は、2019年から幻冬舎plusで書いているロンドンでの生活についての連載「月が綺麗ですね 綾の倫敦日記」をまとめただけでなく、連載に書いていないこともたくさん加えているので初めから連載を読んでいる人にもぜひ読んでいただきたい。

タイトルから推測できると思うけど、ロンドンにいろいろ期待していた。期待しすぎていたと言ってもいいかもしれない。恋愛についてもそうだけど、仕事もロンドンという街についても。

日本人ではない私は、6年間東京で外資企業に勤務したあと、日本を離れMBAを取得した。そして、ロンドンのキラキラしている投資業界に3年勤め、最近スタートアップに転職した。

20代はずっと日本にいたし、日本以外の国での社会人生活をあまり知らなかった。ロンドンに引っ越す前、一度しかロンドンに行ったことがなかった。だから私の期待が現実と離れてても不思議ではなかったはず。

今回の本はある意味、その裏切られた期待についての本(そういうふうに書くとすごく暗く感じられるけど、ちゃんと笑えるところもたくさんある! 信じてね!)。

新しい国に引っ越したことのある人、まぁ、海外旅行をしたことのある人であれば、同じような経験をしていると思う。誰もが海外、特定の国について固定概念と期待を抱えている。憧れていたパリがイメージと違ってうつ病になる観光客のことを表現する「パリ症候群」っていう言葉だってあるぐらい。日本人が毎日お寿司を食べてないことを知って、がっかりする外国人も一緒(笑)。

本の内容を全部明かしたくないけど、さらっと、裏切られた期待に触れたい。

期待1:ロンドンは日本より女性に優しい街!

他の先進国と比べて、日本はジェンダー平等で明らかに遅れている。職場という意味でも、家庭の中という意味でも。日本に住んでいた時はこの悲惨な事実を肌で実感した。

日本で働く女性は男性と同様、長時間労働やプレゼンティーイズム(病気など理由があっても必ず出勤しなければいけない概念)という古い働き方と戦わなければいけないうえに、職場でのセクハラがある。私は日本で働いていた時、取引先にストーカーされたり、無理やり触られたりして、かなりトラウマになった。二度とそういう労働環境に戻りたくないと思った。

本心でどう思っているか知らないけど、日本のリーダーたちは表向き、事態をよく把握しているような発言をする。政治家、財界の偉い人はいつも「女性のエンパワメント」「女性活躍をうながそう!」とニコニコしながら虚言を吐く。こういう時、必ず海外の事例が挙げられる。日本がアメリカやイギリスを真似すれば全ては解決するみたいな感じで。

それをずっと鵜呑みにしていた私は、海外は日本よりずっと女性に優しいと思っていた。

でも、ロンドンに引っ越して、それが大きな間違いだと分かった。

ロンドンは別の意味で女性に優しくない。子供の時から、女性はなんでも引き受けるように育てられているので、「No」が言えない女性は職場で便利屋扱いされる。私が日本で体験したセクハラと違って、こういった差別は発覚されにくいし、自分が「差別を受けている」とあまり実感しない。

日本には存在しない、他の種類の差別もある。例えば、イギリスではカップルを優先する「パートナー文化」が根強い。パーティやイベントは必ずパートナーと一緒に参加する。会社の集まりも!これはやっぱり不公平だと思う。

暗黙の女性差別を乗り越えるための知恵を、ロンドンで働く女性たちにたくさん教えてもらった。この本を通じて、そういうヒントを読者のみなさまと共有したい。

期待2:恋人ができると思った!(タイトルのいうとおり)

余計な情報かもしれないが、私は、人生のパートナーをそろそろ見つけられるといいなー的な年齢になっている。別に結婚願望が強いというわけではないし、焦っているわけでもないが、素敵な人がいたらいいなーと思う。

何百万人が居住しているロンドンならいい人きっといるかな、と期待していた。こんな国際的な街なのだから「だ・れ・か」がいるはず。

これも大きな間違いだった。

多くのイギリス人は、ロンドンに住んでいても別に外の世界に興味があるというわけでない。ということで、私は現地の男性たちをあまり魅力的に思っていない。

パンデミックがあって、外出制限で物理的に新しい人に会いづらくなった。

「アプリ使えばいいのに」と勧められる。しかし、アプリでいい人に出会うためには何十人とデートしなければいけないという印象が強い。仕事と物書きを大事にしたい私にはそんな時間がない。確実に自分を幸せにすることを優先したい。私が幸せであれば、きっといい人が現れる、と信じたい。

それでも、面白いデートをたくさんした。本でいくつかの経験を紹介しています。

そして、とても大事なこと。

ロンドンで恋人ができなかったとしても、ここで本当に素敵で一生友だちでいたい人にたくさん会えた。彼らのことも本に登場する。彼らとの友情はロンドンから得た最高の宝物。

関連書籍

鈴木綾『ロンドンならすぐに恋人ができると思っていた』

フェミニズムの生まれた国でも、若い女は便利屋扱いされるんだよ! 思い切り仕事ができる環境と、理解のあるパートナーは、どこで見つかるの? 孤高の街ロンドンをサバイブする30代独身女性のリアルライフ

{ この記事をシェアする }

コメント

なんと今日Cu△  フェミニズムの生まれた国イギリスにあるセクハラとは別の「わかりづらい差別」|ロンドンならすぐに恋人ができると思っていた|鈴木綾 - 幻冬舎plus https://t.co/eLlfzxsC0I 2日前 replyretweetfavorite

ゆ ᘄㄑ ၊၂ 茶番豦刂@逆転の北海道  https://t.co/bwo2I8DQsu >ロンドンは別の意味で女性に優しくない。 「No」が言えない女性は職場で便利屋扱いされる。私が日本で体験したセクハラと違って、こういった差別は発覚されにくいし、自分が「差別を受けて… https://t.co/CDvav6XVoQ 3日前 replyretweetfavorite

つま先  同じ著者 >海外は日本よりずっと女性に優しいと思っていた。でも、ロンドンに引っ越して、それが大きな間違いだと分かった。ロンドンは別の意味で女性に優しくない >「No」が言えない女性は職場で便利屋扱い…日本で体験したセクハラと違って… https://t.co/X7UIk3PYwJ 4日前 replyretweetfavorite

ロンドンならすぐに恋人ができると思っていた

5月11日発売『ロンドンならすぐに恋人ができると思っていた』について

バックナンバー

鈴木綾

1988年生まれ。6年間東京で外資企業に勤務し、MBAを取得。ロンドンの投資会社勤務を経て、現在はロンドンのスタートアップ企業に勤務。2017〜2018年までハフポスト・ジャパンに「これでいいの20代」を連載。日常生活の中で感じている幸せ、悩みや違和感について日々エッセイを執筆。日本語で書いているけど、日本人ではない。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP