1. Home
  2. 生き方
  3. 阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし
  4. 姉妹、別々の部屋になりました!【書籍発売...

阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし

2018.07.26 更新 ツイート

姉妹、別々の部屋になりました!【書籍発売記念リバイバル掲載】 阿佐ヶ谷姉妹

この度、阿佐ヶ谷姉妹の初書籍『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』が発売になりました!本サイトの連載エッセイはもちろん、書き下ろしのエッセイと小説も加わった盛りだくさんな内容。こちらのリバイバル掲載をお楽しみ頂きつつ、ぜひ書店でお探し頂けたら幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お隣の学生さんが引越しをされて、なんと隣の部屋が空いたのです!
奇跡です、奇跡が起きたのです。
学生さん、神様ありがとうございます!

話し合いで姉は風呂トイレ別がいい、私はロフトが嫌だったので(ロフトって物を上げるのも下ろすものとにかく大変じゃないですか? 夏は暑くなるし!私は荷物を見渡せる押入れが好きです。)隣の部屋の方がキッチンが狭いので、一緒に料理する時はこっちの部屋で作りましょうと言う事になり、姉が隣の部屋に移動する事に。


いよいよ引越しできる10日前になった時、人によるのかもしれませんが、普通、隣の部屋でも引越しするならちょこちょこ荷物整理をするとか(大家さんが引越しする日より前でも荷物を移してもいいですよと言ってくれていた)、いらない物を捨てたりとかすると思うのですが、姉に全くその気配がないのです。


確かに引っ越し熱は私の方が高かったと思いますが私だったらインテリアどうしようかしら? とワクワクするのですが、姉から引越しできる喜びが全然感じられないのです。姉は物を仕分けるとか整理するのが苦手なのでそれも嫌だったのかもしれません。このままでは何も進まないっ。イライラした私は、姉のいない時、一番の大物押入れから整理する事にしました。奥の方を探ってみると……ありますあります、ビリーズブートキャンプDVD、6、7年前にもらったぬいぐるみやらキーホルダーいっぱい、衣装用に買ったモコモコのニセ毛皮コートやら、いろんなシワシワの紙袋やら、使わない物ばっかりやないかい!


私はいらない物を捨てるとさっぱりして快感なのですが、姉はいる物といらない物の判別がつかないand後で使うかもと思うようで、とりあえずなんでもとっておくのです。似た顔でも性格が違うものですね。勝手に捨てるのはよくないので、一応姉にどうするのか聞くのですが、そんな時もなんだか寂しそうな複雑な表情をしているのです。それでもイケアに収納棚を見に行くというので、一緒に行ったりとすこーしずつ引っ越しが進み始めました。


引っ越し当日は何年も手付かずだった姉のクリアボックスに満杯に入っている細々した物を2人で、いる物ボックスといらない物ボックスに分け、姉の物たちがかなり片付いたのでした。


そして部屋が別々になり色々な問題が解決しました!

・朝どっちが先に風呂に入るか揉めなくなった。
・姉のいびきにイライラしなくなった。
・姉にトイレにこもられる事がなくなった。


2間の部屋だったら、お風呂トイレ問題が解決しなかったので、逆に良かったのかもしれません。

☆良い所
・お互いの部屋で布団が縦に敷けてゆったり寝られるようになった。
・隣の部屋だと気配があるので寂しくない怖くない。
・すぐ行けてすぐ帰れる。

家賃は高くなりましたが、それでもよかったと満足しております。

姉の謎のポリシーで、エッセイで皆さんに別々の暮らしになったとちゃんと公表するまでは、インテリアはちゃんと揃えないと言うので、まだ姉の部屋にはイケアの収納棚とセミダブルの布団と2匹の犬のぬいぐるみしかありません。

姉の部屋に行くと、いる所がないので布団の端に座りぬいぐるみをグリグリして、つまらないので3分で帰ってきてしまいます。

なので打ち合わせや、一緒に自炊をしてご飯を食べる時は、みほ部屋に姉が来るパターンになっています。

今年はもう無理そうな気がするので、来年こそ姉の部屋で優雅なティータイムなどしてみたいものです。(妹・美穂)

姉の犬のぬいぐるみ 左の黒白の子がむすびちゃん、右がすこやかちゃんだそうです。(変な名前!)肌触りがいいのです。

関連書籍

阿佐ヶ谷姉妹『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』

40代・独身・女芸人の同居生活はちょっとした 小競合いと人情味溢れるご近所づきあいが満 載。エアコンの設定温度や布団の陣地で揉め る一方、ご近所からの手作り餃子おすそわけ に舌鼓。白髪染めや運動不足等の加齢事情を 抱えつつもマイペースな日々が続くと思いき や――。地味な暮らしと不思議な家族愛漂う 往復エッセイ。「その後の姉妹」対談も収録。

{ この記事をシェアする }

阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし

40代、独身、女芸人ふたりの地味おもしろい同居生活エッセイ。

バックナンバー

阿佐ヶ谷姉妹

ASH&Dコーポレーション所属
高い歌唱力で歌って踊れるピンクのドレスの二人組。
劇団東京乾電池研究所にて知り合い、以来親交を深める。
本当の姉妹ではないけれど、顔が似ているということでコンビを組むことに。
2016年フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」『第22回細かすぎて伝わらない モノマネ選手権』優勝。現在、数々のバラエティ番組で活躍中。

渡辺 江里子(わたなべ えりこ・写真右)
1972年7月15日生 栃木県出身 特技:ハモり 趣味:カラオケ

木村 美穂(きむら みほ・写真左)
1973年11月15日生 神奈川県出身 特技:ゼリー作り 趣味:仏像鑑賞

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP