1. Home
  2. 生き方
  3. 阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし
  4. 阿佐ヶ谷姉妹が小説執筆!「ふきのとうはま...

阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし

2018.08.26 更新 ツイート

阿佐ヶ谷姉妹が小説執筆!「ふきのとうはまだ咲かない」(姉・渡辺江里子)第二回。 阿佐ヶ谷姉妹

この度、阿佐ヶ谷姉妹の初書籍『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』が発売となりました。「面白い」「癒される」「2人の関係が羨ましい」「文才がすごい」と多方面で話題になっています。そして、実は本書には「私の落とし方」をテーマにしたお二人の短編恋愛小説も掲載になっています。もちろん小説執筆は初の試み。実は、これがものすごく面白いんですよ…! 少しずつですが、妹・美穂さんに続き、姉・江里子さんの小説をお楽しみください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 旅館ありまは、歴史ある有馬温泉の中でも中堅の宿である。規模はそれほど大きくなく新しくもないが、有馬の中でもここの湯が一番良いと長年通ってくれる常連さんも多い。
 自慢は歴史ある日本庭園の中にある、露天風呂。貸切にも出来て、ゆったり入れると評判だ。

 この温泉に仲居としてお世話になって三年が経つ。昔は苦手だった掃除も、今はルーティンワークの一環となった。埃も曇りも残さぬよう、隅々まで磨き上げ、ガラス窓越しに庭を見る。本館から露天風呂まで続く、計算して配置された飛び石の道。刈り揃えられた芝。丸々と刈り込まれた常緑樹や、隅々まで整えられた大樹達。春はつつじ、秋は紅葉が見事に映えるこの庭だが、冬に差し掛かる今も一分の隙もない。その隙のなさが、見る者の心を逆にほどいてくれるのはなぜだろう。おもてなしの精神というのは、このような庭の佇たたずまいに通じる所があるのではないかしら。仕事の折々に庭を眺め、そんな事を思ったりする余裕も出来てきた。これも3年の月日のお陰ね。

 すると、庭を眺める視界の隅に人影がある事に気づいて、ビクッとした。
 坊ちゃんカットを軽く七三に分けたような髪。紺色の法はつ被ぴが大きめに感じるのは、細身で身長もある上に、ややなで肩であるからだろうか。オーバル形の銀フレームのメガネをかけ、薄めの唇を一文字に結んでこちらを見ている男の姿。湯守の年雄さんだ。窓を少し開け、「お疲れ様です」と会釈した。すると、

「そのガラス窓」
「はい?」
「あまり、力を入れない方がいいかもしれないです」
「えっ?」
「随分昔のガラスだから、割れやすいんですよ。昭和初期のものみたいだから」
 きつい口調でも表情でもなかったが、いきなり言われたので、たじろいでしまった。
「すみません。今あの」
「いつも丁寧に掃除されているから、老婆心ながら、なんですが」

「年雄さん、ちょっと」と庭の先の方から、女将の呼ぶ声が聞こえた。すると年雄さんは、何か言いかけた口を閉じ、軽く会釈をしてそのまま行ってしまった。

 びっくりした。いつからいたのだろう、そしていつから見られていたのだろう。
 年雄さんとは、あまり話した事もなく、どういう人かもわからないが、湯守として腕利きだとは聞いていた。3年経った位で慣れたつもりの私の仕事ぶりが、職人気質の人から見たら気に障ったのかしら。嫌味な感じはなかったけれど。

 それにしてもこんな初歩的な仕事で注意されるなんて。恥ずかしい。動揺を隠そうと、また強めに窓を磨きそうになって、慌てて手を止めた。木枠のガラス窓が、はずみでカタコトッと鳴った。

関連書籍

阿佐ヶ谷姉妹『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』

40代・独身・女芸人の同居生活はちょっとした 小競合いと人情味溢れるご近所づきあいが満 載。エアコンの設定温度や布団の陣地で揉め る一方、ご近所からの手作り餃子おすそわけ に舌鼓。白髪染めや運動不足等の加齢事情を 抱えつつもマイペースな日々が続くと思いき や――。地味な暮らしと不思議な家族愛漂う 往復エッセイ。「その後の姉妹」対談も収録。

{ この記事をシェアする }

阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし

40代、独身、女芸人ふたりの地味おもしろい同居生活エッセイ。

バックナンバー

阿佐ヶ谷姉妹

ASH&Dコーポレーション所属
高い歌唱力で歌って踊れるピンクのドレスの二人組。
劇団東京乾電池研究所にて知り合い、以来親交を深める。
本当の姉妹ではないけれど、顔が似ているということでコンビを組むことに。
2016年フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」『第22回細かすぎて伝わらない モノマネ選手権』優勝。現在、数々のバラエティ番組で活躍中。

渡辺 江里子(わたなべ えりこ・写真右)
1972年7月15日生 栃木県出身 特技:ハモり 趣味:カラオケ

木村 美穂(きむら みほ・写真左)
1973年11月15日生 神奈川県出身 特技:ゼリー作り 趣味:仏像鑑賞

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP