1. Home
  2. 生き方
  3. 阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし
  4. 阿佐ヶ谷姉妹が小説執筆!「ふきのとうはま...

阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし

2018.08.27 更新 ツイート

阿佐ヶ谷姉妹が小説執筆!「ふきのとうはまだ咲かない」(姉・渡辺江里子)第三回。 阿佐ヶ谷姉妹

この度、阿佐ヶ谷姉妹の初書籍『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』が発売となりました。「面白い」「癒される」「2人の関係が羨ましい」「文才がすごい」と多方面で話題になっています。そして、実は本書には「私の落とし方」をテーマにしたお二人の短編恋愛小説も掲載になっています。もちろん小説執筆は初の試み。実は、これがものすごく面白いんですよ…! 少しずつですが、妹・美穂さんに続き、姉・江里子さんの小説をお楽しみください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 渡り廊下の掃除が終わると、担当客間の掃除や、リネンやお茶器の交換。お客様を迎える準備が済んでようやく、短い休憩時間に入る。休憩室からは「有馬の上沼恵美子」とのあだ名もある、真知子さんのハリのある声が漏れ聞こえてくる。この旅館では、少ない人数でまとめて仕事をする分、短い休憩時間にほとんどの人が集まる。皆が当たり前のように、小さな休憩室で同じ賄いを食べ、テレビを見、たわいのない話をしながら、次の仕事まで休みを取るのだ。

 こういった仕事に就く人達は、何かしらすねに傷持つ身で、お互いの事は詮索しないものと思っていたが、それは違った。話題の半分がテレビや雑誌の、残り半分が有馬にいる人々のゴシップ。そして、その発信元はほぼ真知子さんだ。

「だからあんた私言ってたでしょ、山の坊んとこのあの高田純次は絶対むかし証券マンかなんかだって。そしたらあんた、こないだ仮想通貨の話になってやっとこさあんた正体バラしてさ、ビンゴよ。したっけあんた、あそこの若女将がせっせっせのヨイヨイヨイってまぁあんた」

 ゴシップを楽しげに話す時の真知子さんは、なぜか美川憲一のような話し方になる。「あんた」が多すぎて、誰が誰だかわからない。

「でもさー、結果みんな、幸せになってほしいよね」
 収まり所はいつもこの言葉だ。どんなにゴシップを言っても、最後はこの言葉でしめる真知子さんだから、みんなから慕われ、嫌われないのだろう。この言葉が合図のように、残りの仲居達が「そうだね、そうだ」と言って、テレビ前のコタツから立ち上がる。この中では一番新参者の私がコタツの上を拭いていると、真知子さんがコソッと話しかけてきた。

「私はね、あんた、ふきちゃんにこそ、幸せになってほしいのよ」
「えっ?」
「ふきちゃんはさ、入ってきた時から、ただ必死でここに染まろうとしてさ。でも何だろね、染まり切れない何かがあるのよね。たとえるなら、そうあんた……おでんの中のトマト」
「おでんの中のトマト?」

「お出汁を吸ってすっかり和風になりましたーみたいな顔しても、トマトはトマトなのよ。悪いって言ってんじゃないわよ。私おでんのトマト大好きだし。でも何かね、早くお鍋からすくってあげたい! もはやあんたすくわせてーって気分になるのよ」
 短めの腕をクレーンのような形にして、大ぶりなジェスチャーをまじえて話す真知子さん。その言葉が、くっと胸に入り込んで、台ふきんを動かす手が止まってしまった。それを待っていたかのように、真知子さんは私の腕をぐっと引き寄せ、さらに小声でこう言った。

「したっけ、ふきちゃん。あんた年雄さんあたり、どう?」
「どうって言われても」
「だって年雄さん、見てるよ、ふきちゃんの事。いっつも見てるもの。あれはもう」
「真知子さん……私、今本当そういうのないですから」
「おおこわ、おおこわ、ふきおこわっ!」

※この続きは是非、『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』でお楽しみ下さい。

関連書籍

阿佐ヶ谷姉妹『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』

40代・独身・女芸人の同居生活はちょっとした 小競合いと人情味溢れるご近所づきあいが満 載。エアコンの設定温度や布団の陣地で揉め る一方、ご近所からの手作り餃子おすそわけ に舌鼓。白髪染めや運動不足等の加齢事情を 抱えつつもマイペースな日々が続くと思いき や――。地味な暮らしと不思議な家族愛漂う 往復エッセイ。「その後の姉妹」対談も収録。

{ この記事をシェアする }

阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし

40代、独身、女芸人ふたりの地味おもしろい同居生活エッセイ。

バックナンバー

阿佐ヶ谷姉妹

ASH&Dコーポレーション所属
高い歌唱力で歌って踊れるピンクのドレスの二人組。
劇団東京乾電池研究所にて知り合い、以来親交を深める。
本当の姉妹ではないけれど、顔が似ているということでコンビを組むことに。
2016年フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」『第22回細かすぎて伝わらない モノマネ選手権』優勝。現在、数々のバラエティ番組で活躍中。

渡辺 江里子(わたなべ えりこ・写真右)
1972年7月15日生 栃木県出身 特技:ハモり 趣味:カラオケ

木村 美穂(きむら みほ・写真左)
1973年11月15日生 神奈川県出身 特技:ゼリー作り 趣味:仏像鑑賞

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP