1. Home
  2. 生き方
  3. 阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし
  4. 阿佐ヶ谷姉妹が小説執筆!「ふきのとうはま...

阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし

2018.08.25 更新 ツイート

阿佐ヶ谷姉妹が小説執筆!「ふきのとうはまだ咲かない」(姉・渡辺江里子)第一回。 阿佐ヶ谷姉妹

この度、阿佐ヶ谷姉妹の初書籍『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』が発売となりました。「面白い」「癒される」「2人の関係が羨ましい」「文才がすごい」と多方面で話題になっています。そして、実は本書には「私の落とし方」をテーマにしたお二人の短編恋愛小説も掲載になっています。もちろん小説執筆は初の試み。実は、これがものすごく面白いんですよ…! 少しずつですが、妹・美穂さんに続き、姉・江里子さんの小説をお楽しみください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「またのお越しをお待ちしております」
 深々と下げた頭を上げ、送迎車が見えなくなるまでお見送りすると、それぞれの持ち場に戻る。今日はあと何組お帰りだったかしら。桜の間と桔梗の間と、あとは……。

「ふきちゃん!」
 背中をドンと押す肉厚な手の感触。先輩の仲居の真知子さんだ。少し白浮きしたお化粧と人懐っこい笑顔。いつも通り、ぐぐっと距離を詰めてくる。

「まーた考え事? あれでしょ、あんた昔の男の事考えてたんでしょ! それでは歌っていただきましょう。吉田蕗子で『昔の男を待ってます』」
「考えてませんし、そんな持ち歌ありませんし」
「ふきちゃん。こういう時はアーとかウーとか少しでも歌ってから、ノリツッコミしないと。あんたそんなんじゃ、いつまで経ったって吉本の芸人に勝てないよ!」
「真知子さん、私達仲居ですよ。いつ吉本の芸人さんと戦うんですか」
「おおこわっ、おおこわっ 山菜おこわっ!」
「私、廊下の窓磨き入りますね」

 小太りな真知子さんの足ではついてこられないくらいのペースでロビーから離れる。真知子さんは朝からテンションが高い。そのハイテンションが少し鬱陶しい時もある。けれど、表裏のない明るい性格の真知子さんがよくしてくれたお陰で、こんな私でも何とか、この旅館で仲居を続けてこられた。感謝はしているのだけれど……。

 何かと男性関係の話にこじつけようとする真知子さん。あれだけは、何とかならないものかしら。

 窓を磨き上げる手に、つい力が入る。「何が、山菜、おこわよっ」

関連書籍

阿佐ヶ谷姉妹『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』

40代・独身・女芸人の同居生活はちょっとした 小競合いと人情味溢れるご近所づきあいが満 載。エアコンの設定温度や布団の陣地で揉め る一方、ご近所からの手作り餃子おすそわけ に舌鼓。白髪染めや運動不足等の加齢事情を 抱えつつもマイペースな日々が続くと思いき や――。地味な暮らしと不思議な家族愛漂う 往復エッセイ。「その後の姉妹」対談も収録。

{ この記事をシェアする }

阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし

40代、独身、女芸人ふたりの地味おもしろい同居生活エッセイ。

バックナンバー

阿佐ヶ谷姉妹

ASH&Dコーポレーション所属
高い歌唱力で歌って踊れるピンクのドレスの二人組。
劇団東京乾電池研究所にて知り合い、以来親交を深める。
本当の姉妹ではないけれど、顔が似ているということでコンビを組むことに。
2016年フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」『第22回細かすぎて伝わらない モノマネ選手権』優勝。現在、数々のバラエティ番組で活躍中。

渡辺 江里子(わたなべ えりこ・写真右)
1972年7月15日生 栃木県出身 特技:ハモり 趣味:カラオケ

木村 美穂(きむら みほ・写真左)
1973年11月15日生 神奈川県出身 特技:ゼリー作り 趣味:仏像鑑賞

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP