1. Home
  2. 生き方
  3. 阿佐ヶ谷姉妹の、のほほんふたり暮らし
  4. 人のふり見て我がふり直せ【文庫発売記念リ...

阿佐ヶ谷姉妹の、のほほんふたり暮らし

2020.02.22 更新 ツイート

四十路姉妹のファッション事情、その1

人のふり見て我がふり直せ【文庫発売記念リバイバル掲載】阿佐ヶ谷姉妹

バラエティ番組からインタビュー記事、そしてモーニングルーティーン動画まで、各所で疲れた我々を癒しまくってくれている阿佐ヶ谷姉妹のお二人。この度、おふたりのリレーエッセイをまとめた『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』が文庫になって登場です! 同居生活からまさかの……!? 展開を経て、今の生活ぶりを語って頂いた特別対談付き。ぜひぜひ店頭でお求めいただけたら幸いです。発売を記念して試し読みミニ連載をスタート!

この歳になってくると、服装についても、我が出てくるというか、凝り固まってくる所があると思います。
出来ることならオシャレになりたかったものの、四十数年生きてきてオシャレと呼ばれるには程遠い人になってしまいました。
季節もTPOも問わず、ネグリジェといい勝負ができそうな薄手のピンクのドレスを、常々着ている大人になるなど!
これも結局、オシャレでないからこそ、なのかもしれません。


衣装こそピンクですが、私服は寒色系が多め。こう書くと、他の色もまあまああるけど〜みたいな含ませ方ですが、実際は、白、緑、青、グレーしかなかったりします。
その限られた色をどう組み合わせて良いかわからず、とはいえあまりにも平々凡々の組み合わせも……などと悩んだ末に、上下とも緑の服をライブ会場に着ていって、「わあ、ミドリマンだ、ミドリマンが来た!」と流れ星のちゅうえいさんに、訳の分からないいじられ方をされてしまったり。
とにかく、オシャレというものをいまだわかっていないのです。


阿佐ヶ谷には、隣町高円寺と比べて、オシャレ女子が通う様なお洋服屋さんというのは極めて少なく、どちらかというと、私達よりも一、二段階ご年配の方向けの「洋品店」や「ブティック」が多い気がします。
そんな中にも、もしかしたら掘り出し物があるかもしれない、と時々覗いてみたりするのですが、そのお店を見るに、これは何色と言ったらよいのかわからない色ばかりが並んでいて。


ヨモギ色と灰色を混ぜた様な色や、黄土色にクリーム色を混ぜた様な色……とにかく、自然界に帰る前の色、と言ったらよいのでしょうか。人間もいつかは土に戻るのだから、徐々に身に付けるものもそのようにしていった方がいいのですよ〜と何かの啓示があったかのごとく、はっきりしない色ばかりが取り揃えられているのです。
そのようなファッションを空気のように自然に身にまとって歩く阿佐ヶ谷の先輩方を横目に、阿佐ヶ谷の町を歩くにつれ、私もこのような自然界に帰る色で揃えた方が、いやでもまだお迎えには早いし、いやいやでも、とますますオシャレとは何か、わからなくなってしまうのです。


私の比較対象として、一番身近にいるのがみほさんなのですが、みほさんは姉妹の中では「オシャレ」担当だと自負している所があり、私もずっとそう思っておりました。
私が着ている服を見て「うーんちょっと違う気が」とか、「その組み合わせはちょっとダサいんじゃないでしょうか」とか、ご意見番の様にアドバイスをくれる時があります。
でも、そういうみほさんを見るとほぼ、事務所でもらってきたTシャツにジーンズ、小学生が履くような靴下にスニーカー、という出で立ち。あれ、ちょっとおかしい、どの口がそれを言うのかしらと思ったりするのです。
ファッジですとか、オッジですとか、オシャレ雑誌を時折買ってきては熟読している姿を目にするのですが、そこで磨いたファッションセンスをあまり使っている節がないのです。
出かける時に、ふと着替えているのを見ると、大抵事務所のTシャツにジーンズ、西友で買った、小学生が体育の時に履くような白の靴下を履いているのです。
でも、冬場はさすがにTシャツというわけに行かないのでは?と思われた方、ご安心下さい。冬場は中にヒートテックの長袖シャツを着て、その上に事務所のTシャツを重ね、ジーンズか厚手のパンツ、そして西友の靴下に、ダウンジャケット。ヘアスプレーより、スタイルキープバッチリなのです。
あまりに服装を変えないみほさんに、どういう事なのか聞いてみると、「ライブやお仕事などに行く時は、実用的な格好にしているんです。動きやすい、脱ぎ着しやすい、十分でしょう」。
なるほど、と納得させられてみたり。


ではプライベートの時はオシャレをしているかと言うと、家にいる時は主に、先輩芸人ユリオカ超特Qさんのライブで購入した、正面に「らっしゃい」と書かれたアップルグリーン色のTシャツに、無印か何かで買ったストレートタイプのジャージでいるのです。
あれ、だから、おしゃれ担当はどこに行ったの、という感じです。


本当にたまにですが、お仕事先などで「今日お姉さん、オシャレですね」と誰かに言って頂いたりする事が。するとみほさん、隣で納得いかなさそうな顔してる時があります。
「こんなダサい人がオシャレって言われてるなんて」って思っているに違いない顔です。でも、その時のみほさんの格好は、事務所のTシャツにジーンズに小学生の靴下なのです。

そんなみほさんが、時々通信販売のサイトを見て、随分悩んでいそうな時があります。場合によっては二週間ぐらい悩んで、「探し疲れてしまいました。オシャレは果てしないんですよ」と言っている姿を見ると、私はオシャレなどあまり語らずに、黙々と生きていこう、と思ったりするのです。(姉・江里子)

冬の定番みほファッション

 

ユリオカ超特QさんのライブTシャツ+ジャージで。みほ定番くつろぎスタイル。 
 

関連キーワード

関連書籍

阿佐ヶ谷姉妹『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』

40代・独身・女芸人の同居生活はちょっとした 小競合いと人情味溢れるご近所づきあいが満 載。エアコンの設定温度や布団の陣地で揉め る一方、ご近所からの手作り餃子おすそわけ に舌鼓。白髪染めや運動不足等の加齢事情を 抱えつつもマイペースな日々が続くと思いき や――。地味な暮らしと不思議な家族愛漂う 往復エッセイ。「その後の姉妹」対談も収録。

{ この記事をシェアする }

阿佐ヶ谷姉妹の、のほほんふたり暮らし

40代、独身、女芸人ふたりの地味おもしろい同居生活エッセイ。

バックナンバー

阿佐ヶ谷姉妹

ASH&Dコーポレーション所属
高い歌唱力で歌って踊れるピンクのドレスの二人組。
劇団東京乾電池研究所にて知り合い、以来親交を深める。
本当の姉妹ではないけれど、顔が似ているということでコンビを組むことに。
2016年フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」『第22回細かすぎて伝わらない モノマネ選手権』優勝。現在、数々のバラエティ番組で活躍中。

渡辺 江里子(わたなべ えりこ・写真右)
1972年7月15日生 栃木県出身 特技:ハモり 趣味:カラオケ

木村 美穂(きむら みほ・写真左)
1973年11月15日生 神奈川県出身 特技:ゼリー作り 趣味:仏像鑑賞

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP