1. Home
  2. 読書
  3. 惑星シベルのグッド・犬・ハンティング
  4. エサがのどを通らないほど主人を心配する犬...

惑星シベルのグッド・犬・ハンティング

2021.01.24 更新 ツイート

エサがのどを通らないほど主人を心配する犬。『ゲット・アウト』 惑星シベル

映画と犬好きの漫画家・惑星シベルによる、映画に出てくるグッドな犬(略して"グッ犬")をレビューするコミック・エッセイ!

*   *   *

こんにちは! 惑星シベルです! あけましておめでとうございます!

今年はどんな犬たちに出会えるんだろう……フフ♡ と、胸を高鳴らせつつさっそく……

本日の作品は! ジョーダン・ピール監督、ダニエル・カルーヤ主演の『ゲット・アウト』です!

 

2017年公開の映画なんですが、惑シベは人のいない映画館で一人で見ましたね……。一番うしろの席で……。

いや~、最高でした……。好きです。見終わった後、しばらく“ティーカップ”がこわくなってしまった記憶がありますね……。

犬が出ていた記憶はあって(珍しく記憶ある)むしろもうすでにグッ犬でハントした気でいました!!!

なんとまだでした?!?! というわけでハントさせていただきま~す!(犬は無事だけど鹿が無事じゃない映画です!)

本日のグッ犬は、主人公クリスの愛犬「シド」くんです!

めちゃくちゃ穏やかでお利口な犬です……存在感が最高……!

犬種、わからないんですが……なんだろう。毛並みはプードルぽさありますが、、プードルだったらもっとくるくるですかね?

こういうタイプの毛並みの犬種、毛が伸びきってるときと切ってあるときと別人なので正解がわからないです……!

うちの犬(ミニシュナ)もほったらかしてたらこんな風にモッサモサになっているときあります。

(毛をカットした後、本当に本人なのか問いかけてしまいます毎回。)

そう、シドくんは毛がモッサモサで目が全然見えなくて超! かわ! いい! です!!!!

ハッハッハッと舌を出しています。かわいい……。いつもハッハッしてる犬をハッハッ犬(けん)と、惑シベは心の中で呼んでいます……。

犬は舌で体温調節するらしいので、ハッハッするのは超重要みたいですよ! 一概に暑いからという理由だけではないらしいです。

 

主人公のクリスは彼女の実家に泊まりに行ったので、クリスの親友ロッドがシドのお世話をします。

このロッドがね~~~! また良くて!!! 飼い主のクリスよりロッドとのシーンのほうが多いです! というかほとんどそう!

クリスの相棒とクリスの相棒だから気が合うんですかね? すごくお似合いなんですよ二人。

ソファに座るロッドの脇にシドがおさまってるシーン、2回くらいあったので、そこがシドの定位置なのかな?

 

わたしのお気に入りシーンは、クリスと連絡がつかずに心配するロッドをみて、シドも心配して餌を口にしないシーンです。

目の前に餌を用意されたのに……! 見向きもしない!

クリスが心配なんだ……! 心配だよな!!! わかるよ!!!(その頃クリスはとんでもない展開に……。)

 

あと、ロッドが警察署に行方不明のクリスの相談に行くとき、シドもちゃんと連れていくところ、すごくいいですね!

一緒にいる!!!!!! ってなります。日本だったらなさそうですよね、こういう、どこにでも犬を一緒に連れて入れてしまうシーン……。

「俺はシドを預かってる!」とシドを持ち上げて紹介したとき、「クゥ~~~~~~ン」と長めのクゥン出してくれます!

全く吠えないタイプなので、アピールしてくれるのはそこくらいです!

 

あとシドの情報としては……過敏性腸炎なので人間の食べものは与えちゃダメだぞ、と言われてましたクリスに。シド、腸が弱いのね……。

 

わたしもシドをお腹にのせてソファでくつろぎたいなあ……!

本日の犬《シド》のグッド・犬・ポイント

チラ見えしたつぶらな瞳……♡
ゆらりと弧を描く尻尾。
もじゃもじゃの毛で包まれたぬいぐるみのような足先……!!!

『ゲット・アウト』

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家へ招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。

関連書籍

惑星シベル『惑星シベルのグッド・犬・ハンティング 映画に出てくる犬だけレビュー』

★★★この連載が書籍になりました★★★ 犬なくして映画は語れない! 映画と犬好きの漫画家 惑星シベルが、映画に出てきた“犬”だけをレビュー。 『ウォレスとグルミット』など犬が主役の映画はもちろん、『ロッキー』の愛犬バッカス、『マスク』の相棒マイロ、さらにはワンシーンだけしか出てきていない犬や、主人公を窮地に追い込む犬でさえ愛でてしまう、犬への偏愛が詰まったコミックエッセイ。 幻冬舎plusの連載『惑星シベルのグッド・犬・ハンティング』で公開された記事13本に、2本の書き下ろしや描き下ろしイラスト「グッド・犬・チェキ」を加えて再編集した、映画フリーク&犬フリーク必携の1冊。

{ この記事をシェアする }

惑星シベルのグッド・犬・ハンティング

はじめまして!惑星シベルです!
映画と犬が好きと公言していたら、このような素敵な連載が始まりました〜!ヤッタ〜!
新しい映画から古い映画まで、ジャンル問わず、ゆるく激しく(?)出てきた犬を追いかけていきますので、見てやってくださいね。トイレとかで。
まだその映画を見ていない人に気を使いつつも基本的にネタバレはします〜!(するんかい)

書籍化のため、連載の一部は公開を終了させていただきました

バックナンバー

惑星シベル

生まれも育ちも北海道。2018年「月刊!スピリッツ」(小学館)にて漫画家デビュー。10年間、東京で楽しい日々を過ごしたのち、北国へ舞い戻り大人しくない犬と大人しく暮らしている。

今後の活動はTwitter @waku_sibe にて。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP