1. Home
  2. 読書
  3. #こんな時だからこそ読みたい本 幻冬舎社員リレー
  4. 名勝負を読んで熱くなりたい(第1編集局・...

#こんな時だからこそ読みたい本 幻冬舎社員リレー

2020.05.06 更新 ツイート

11

名勝負を読んで熱くなりたい(第1編集局・有馬大樹) 幻冬舎編集部

11人目は、第1編集局の有馬大樹です。

*   *   *

もう15年以上前のことなのですが、夏休みに青春18きっぷを買い、特にどこに行くとも決めないまま電車に乗って西に向かったことがあります。えんやこらと鈍行を乗り継ぎ、無目的のままたどり着いたのは大阪。お金もない&泊まるところもない、ということでファミレスで徹夜。翌日、早朝の大阪をぶらぶらと歩きながら、何となく「行ってみるか」と思い立って向かったのが甲子園です。元高校球児の私にとっては憧れの聖地。

それ以来、甲子園での野球観戦にどハマりしてほとんど毎年観に行っていることを思うと、「無目的」って意外な扉を開いてくれるんだなと思ったりします。

 

コロナ禍により多くのスポーツイベントが延期あるいは中止になりました。そんな状況で塞ぎ込んだ気持ちを吹き飛ばすためにも、名勝負を読んでドキドキするのはいかがでしょうか。名勝負を描いた作品は数多くありますが、甲子園好きの私がオススメしたいのが『金足農業、燃ゆ』。金足農業とは、2018年の夏を熱くした秋田県代表のチームです。

エースの吉田輝星選手(現・北海道日本ハムファイターズ)の熱投を覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。あるいは、準々決勝の対近江高校戦での劇的すぎるサヨナラ2ランスクイズを思い出す方もいらっしゃるでしょうか。僕はテレビや甲子園で金足農業を見て「爽やかなチームだなあ」と思っていました(勝利後、全力で校歌を歌う姿が印象的)。ですが、著者の中村計さんの丹念な取材によって浮き彫りになるこのチームは、私の勝手なイメージとは裏腹に強烈なヤンチャ集団。その姿はなんとも魅力的で、胸熱になること請け合いです。しかも、そんなヤンチャ集団が決勝まで勝ち進み、春夏連覇を狙う大阪桐蔭と対戦するのですから。「アツい、アツすぎるよ、金足農業!」と思いながらぐいぐい読み進められる傑作なのです。

在宅勤務を機に何冊かの本を読み直したのですが、「やっぱり好きだわあ」としみじみ思ったのが『蜜蜂と遠雷』。直木賞と本屋大賞をW受賞した作品です。ピアノコンクールを舞台にした「天才たちによるコンペティション」。誰が優勝するのかという視点で読み進めるのもいいのですが、それぞれの登場人物たちの「自分との戦い」に胸が熱くなります。僕は、楽器店勤務のサラリーマン・高島明石(映画では松坂桃李さんが演じていました)に感情移入しながら読みました。

気持ちが高ぶって「今すぐ何かやりたい!」と思っても、不要不急の外出を控えなければならないのがツラいところです。一日も早く平穏な日々が戻りますように。

#こんな時だから読みたい本

中村計『金足農業、燃ゆ』

あいつら、普段はパッパラパーだけど、野球だけは本気だったから。(女子マネ) 2018年夏の甲子園。エース吉田輝星を擁して準優勝、一大フィーバーを巻き起こした秋田代表・金足農業は、何から何まで「ありえない」チームだった。きかねぇ(気性が荒い)ナインの素顔を生き生きと描き出す、涙と笑いの傑作ノンフィクション。

恩田陸『蜜蜂と遠雷』

近年その覇者が音楽界の寵児となる芳ヶ江国際ピアノコンクール。自宅に楽器を持たない少年・風間塵16歳。かつて天才少女としてデビューしながら突然の母の死以来、弾けなくなった栄伝亜夜20歳。楽器店勤務のサラリーマン・高島明石28歳。完璧な技術と音楽性の優勝候補マサル19歳。天才たちによる、競争という名の自らとの闘い。その火蓋が切られた。

{ この記事をシェアする }

#こんな時だからこそ読みたい本 幻冬舎社員リレー

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP