1. Home
  2. 社会・教養
  3. 日本野球よ、それは間違っている!
  4. パ・リーグ連覇の西武が証明したCSの大欠...

日本野球よ、それは間違っている!

2019.10.19 更新 ツイート

パ・リーグ連覇の西武が証明したCSの大欠陥広岡達朗

セ・パ両リーグのクライマックスシリーズ(CS)が終わって、10月19日から巨人対ソフトバンクの日本シリーズが始まる。ファンもマスコミも、関心はもう日本一の行方に集まっているが、その前のCSを忘れてはいけない。

念のために復習すると、セ・リーグは名門復活を託された原巨人が実質3勝1敗で阪神に圧勝し、パ・リーグも工藤ソフトバンクが4連勝で3年連続の日本シリーズ進出を決めた。

巨人の日本シリーズ進出は当たり前

 

巨人が伝統の一戦に勝ったのは当然である。ペナントレースはBクラスで低迷し、大詰めでの「奇跡の6連勝」で広島をかわして最終日に3位に滑り込んだ阪神が相手だ。阪神の勢いはCSのファーストステージでも続いて、2位のDeNAを引きずり降ろしたが、ファイナルステージではオールスターメンバーの巨人に完敗した。

CSで注目しなければならないのは巨人でも、3年連続で日本シリーズに進出したソフトバンクでもない。2年連続でリーグ優勝を勝ち取ったのに、“敗者復活戦”のCSで2年続けてソフトバンクに「下克上」を許した西武である。

たしかに西武は、主要な個人打撃部門を独占して打ち勝った。43本の山川穂高が2年連続2度目の本塁打王に、森友哉が捕手としては南海(現ソフトバンク)の野村克也以来54年ぶりの首位打者になった。最多安打は秋山翔吾が3年連続4度目で、サードの中村剛也は4年ぶり4度目の打点王になった。

だが、勝敗の7割を占めるといわれる投手陣の防御率は4.35でリーグ最下位。規定投球回数以上のリーグベスト6にも1人も入っていない。これらのデータが示すように、打高投低の西武に比べると、ソフトバンクは防御率3.63でリーグトップ。チーム打率.251は2位タイで、個人としての打率はベスト17位まで1人も入っていないから、西武とは逆の投高打低で2ゲーム差の2位に食い下がってきた。

リーグ優勝はプロ野球の魂だ

だが私がここで主張したいは、戦力比較による勝因分析ではない。たしかに西武は弱い投手力を破壊力満点の打線が補ってリーグV2を勝ち取ったのに、なぜ今年も日本一を競う日本シリーズに出られないのか、ということだ。リーグ優勝はプロ野球の魂なのに、長いペナントレースを勝ち抜いた西武がパ・リーグ代表として日本シリーズに出場できないのはおかしいだろう、という単純な話である。

そしてなにより、1リーグに6チームしかない日本のプロ野球で、短期決戦の敗者復活戦がなぜ必要なのか。もっとも制度には一長一短があり、完全無欠なものはない。日本のCSも米大リーグの猿まねをしてポストシーズンでファンの興味をつなぎ、レギュラーシーズン後も観客動員やテレビ放映権料で増収をはかろうという経済効果が狙いだろう。

大リーグのポストシーズンは日本のCSと大違い

だが考えなければいけないのは、大リーグは3地区計30球団に肥大して、ワールドシリーズに出場するリーグ代表を決めるには両リーグとも5回戦制の地区シリーズと7回戦制のリーグ優勝決定シリーズを行う制度上の必然性があることだ。それが結果として(実は大きな目的のひとつだが)、莫大なテレビ放映権料や観客動員による収益源になっている。

ところが日本でのテレビ中継は、ほとんどが放映権料の安いBSかNHKで、メジャーとは比べ物にならない。球界全体の増収策を求めるのなら、一時的なCSより、昔のように放映権料の高い地上波放送の復活増加をめざすなど、球界をあげてMLB(大リーグ機構)のような根本的な経済戦略を構築する努力をすべきだろう。

もうひとつのCS導入の理由は、「夏が過ぎてリーグトップの独走が始まると、2位以下のチームがやる気をなくして観客動員も落ち込む。それより、3位まで下克上の可能性をつなぐほうが面白いし、観客動員を維持できる」というものである。もっともな理屈に聞こえるが、こういう議論が起こるのは6球団の戦力格差が大きいからだ。

CSよりドラフトの改革で戦力均衡をはかれ

いま、増収増益で好景気が続く大リーグが大きな経済戦略にしているのは、平等の原則による共存共栄のための「戦力均衡策」である。その柱が、最後まで最下位チームから順に指名入札を繰り返す完全ウェーバー方式によるドラフト制度だ。

そしてこの制度には、複数年契約による高額年俸にブレーキをかけるため、FA(フリーエージェント)で有力選手を獲得した球団は、その選手がいた前球団にドラフトの指名権を1人譲渡するルールがついている。

ところが日本のドラフト制度は、1巡目(1位指名)は競合したらクジ引きで、2巡目以降は公式戦の最下位からと1位からの入札を交互に繰り返す。これでは、下位球団を救済するドラフト本来の目的とは逆の悪平等だ。

だから日本も、競合した1位選手をクジ引きで決め、2位以降は下位球団からと上位球団から交互に指名するようなドラフトではなく、最後まで最下位球団から指名する完全ウェーバー方式で戦力の均衡をはかる覚悟を示すべきだ。

こうして6球団の戦力格差が縮まれば、最後まで2~3球団が僅差で競り合う緊迫したペナントレースが生まれ、プロ野球の魂であるリーグ優勝を犠牲にする理不尽なCSを続ける必要はない。

 

*   *   *

広岡達朗『言わなきゃいけないプロ野球の大問題 巨人はなぜ勝てなくなったのか?』

「私がイチローに引退を勧め続けた理由」
「大谷は外野手になれ!」
「原巨人は、丸で優勝しても意味がない」
――日本野球界を斬って斬って斬りまくる、この連載が本になりました!

 

●長野、内海の流出で試される巨人の若手育成力
●“ポスト原”の監督育成に着手せよ
●大谷はバッティングを封印してリハビリに専念しろ
●イチロー、45歳で引退。真価が問われる“第二の人生”
●ワールドシリーズを制したレッドソックスの「脱・フライボール革命」
●ソフトバンクは今シーズンこそ“真の日本一”をめざせ
●日ハム・吉田と中日・根尾 大型ルーキーの課題とは
●FA選手の巨額複数年契約はやめろ ……ほか

セ・パ両リーグ日本一の名将・広岡達朗氏が「野球の本質とは何か」を提言。
2019年シーズンの最新情報をもとに、甲子園から大リーグまで野球界の問題を徹底検証します。

関連キーワード

関連書籍

広岡達朗『言わなきゃいけないプロ野球の大問題 巨人はなぜ勝てなくなったのか?』

「私がイチローに引退を勧め続けた理由」「大谷は外野手になれ!」「原巨人は、丸で優勝しても意味がない」――セ・パ両リーグ日本一の名将が書き残す、野球の本質とは何か

広岡達朗『日本野球よ、それは間違っている!』

「清宮は即戦力にならない」「大谷の二刀流はメジャーで通用しない」「イチローは引退して指導者になれ!」――セ・パ両リーグ日本一の名将が大胆予言! 球界大改革のすすめ

広岡達朗『巨人への遺言 プロ野球 生き残りの道』

セ・パ両リーグで日本一監督となった球界の伝説・広岡達朗氏が、84歳になってようやくわかった「野球の神髄」をまとめた、野球人生の集大成的な一冊。 新監督、大リーグから賭博事件、元選手の薬物逮捕といった近年の球界を取り巻く問題まで舌鋒鋭く斬り込んだ、日本プロ野球への「愛の鞭」が綴られている。

{ この記事をシェアする }

日本野球よ、それは間違っている!

 

 

 

バックナンバー

広岡達朗

1932年、広島県呉市生まれ。早稲田大学教育学部卒業。学生野球全盛時代に早大の名ショートとして活躍。54年に巨人に入団、1年目から正遊撃手を務め、打率.314で新人王とベストナインに輝いた。引退後は評論家活動を経て、広島とヤクルトでコーチを務めた。監督としてヤクルトと西武で日本シリーズに優勝し、セ・パ両リーグで日本一を達成。指導者としての手腕が高く評価された。92年に野球殿堂入り。『動じない。』(王貞治氏・藤平信一氏との共著、幻冬舎)、『巨人への遺言』『中村天風 悲運に心悩ますな』『日本野球よ、それは間違っている!』(すべて幻冬舎)など著書多数。新刊『言わなきゃいけないプロ野球の大問題 巨人はなぜ勝てなくなったのか?』(幻冬舎)が発売中。

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP