1. Home
  2. 暮らし術
  3. ご縁の法則
  4. 2019年下半期 おとめ座の運勢

ご縁の法則

2019.06.20 更新 ツイート

2019年下半期 おとめ座の運勢真木あかり

 

自分がブラッシュアップするために、自分が立つ場所を再確認する

「太陽の塔」などの作品で知られる芸術家・岡本太郎の生涯のパートナーであった岡本敏子の言葉に、印象的なものがあります。

 

「自分は自分で立っていること。
そうでないと、いつまでたってもその恋愛はむなしいままね。」
(『愛する言葉』イースト・プレス)

 

公私ともに、太郎の最大の理解者であった敏子。事実上は妻のような存在でありながら、彼女は「養女」として太郎を支えました。太郎が結婚という形を望まなかったためと伝えられていますが、愛についてのこうした言葉を見ると、続柄はともかくとしてひとりの自立した存在として、太郎という人を愛したのだろうということがしみじみと伝わってきます。

 

自分で立っていること。家族や会社、趣味のグループなどさまざまな組織に属して生きている私たちですが、誰かに寄りかかってしまうと常に「この支えがなくなったらどうしよう」という不安がつきまといます。「寄りかかってばかりで迷惑がられているのではないだろうか」と考えることもあるかもしれません。寄りかかることで、自分で立つ力がだんだん、弱っていくこともあるでしょう。ひとりで立てないときだって、人生には幾度となく訪れます。病気のとき、大きな喪失を経験したとき、子育てを頑張っているとき。こうしたときはひとりで頑張りすぎることなく、肩を貸してもらったり、支えてもらったりすることも重要な生きる手段です。寄りかかり、寄りかかられて人は生きています。ただ、誰かに自分の人生を心ごと預けることは、ネガティブな想像をどんどん広げてしまいます。そして自分が生きる力や選択肢を、どんどん狭めていくのですよね。敏子が語ったように、恋愛に限らず「むなしいまま」なのです。

 

もちろん、あなたが今、誰かに寄りかかっていると申し上げたいわけではありません。あなたは自分に厳しい方です。いろいろとしんどいことがあったとしても、凛として立っておられることでしょう。ただ、今はどこか心もとない感覚があるかもしれません。自分が立つべきところが「本当にここでいいのかな」「立ち続けていられるのかな」と、不安になる時期だからです。

 

おそらくは春頃から、何度か「知らなかった。そんな世界があったのか!」というような出来事が、あなたの周りに起こっているだろうと思います。2019年下半期は、あなたがどんどん視野を広げていく躍動感のある時期。ただ、未知の世界というものを見ると、人は既知の自分と対比しては「自分の立っていた世界はなんだったのだろう?」「誤りだったのではないだろうか?」と考えたりします。かといって、価値観をすべて「未知のこと」に塗り替えていくのは賢明とはいえません。

 

大事なのは、あなたがぐんぐんと自分の視野を、そして可能性を自分らしく広げていくこと。自分がこれまで大切にしてきた価値観を、より自由に活かせるように自分をブラッシュアップしていくことなのです。

 

そうするために、この下半期に求められているのが「自分が立つ場所を、再確認すること」。自分の原点はなんだろうか、大切にすべきものはなんだろうかと今一度、問い直すことなのです。

 

これまで自分がなんの関心もなかったものが、急に面白く思えてきたとき。逆に、無理やりでも知識を叩き込んで新しい世界への扉を開かなければいけなくなったとき。これからは、この両方が起こる可能性があります。そんなとき、ふと自分の原点を、軸足を置いているものはなんだろうかと、振り返ってみる瞬間を持てると素敵です。それこそが、この変化の激しい時代において、あなたを「糸の切れた凧」にしないための、重要なカギとなるはずです。

 

家族や身近な人との絆を強めるタイミング

この下半期は、自分の「ホーム」とも呼べる場所とのつながりを強化する流れも起こってきます。たとえば家族。多くの時間を職場で過ごす会社員の方であれば、同僚や上司・部下との関係も含んで良いでしょう。どれだけ多くの人と交流を持っても、有名な人や話題になっている人とつながりができても、「ホーム」の心強さを凌ぐものはないでしょう。少し振り返ってみると、あなたは新年度がスタートしたあたりから「外」に目が向きがちだったかもしれません。今までの場所から飛び出して、もっと違うことをしたいと思う気持ちが、強くなっていたかもしれません。

 

おそらく8月上旬から11月いっぱいくらいまでの間、あなたにはふたたび「ホーム」との結束を強めようというお気持ちが強く湧いてくるでしょう。しばらく目を、お気持ちをそらしていたからこそ、見える大切さというものもあるかもしれません。

 

家族や同僚、仲間といった「ホーム」の人々とは9月下旬、少し印象的な動きが起こる暗示も出ています。熱意を込めて呼びかけたけれども、どうしても思いが通じない。同じ視線で語り合えない。近い人間関係であればあるほど、そうしたときの絶望感というものは強くなります。「今までの自分は間違っていたのだろうか」「自分には価値がないということだろうか」という思いも募るかもしれません。ただこの時期の星々は、あなたを絶望させようとしているわけではないはずです。

 

ここであなたが考えたいのは「自分と他人は別の人間であり、万人にとって正しいことなどないのだ。相手を尊重し、ベストな判断ができるよう願うくらいしかできないし、それがベストなのだ」ということではないか、というのが私の見通しです。自分は自分、他人は他人。優しい方ほど、それは非情で冷たい言葉に聞こえるかもしれません。ただ、これは相手のことも自分のことも大切にする、尊重することでもあるのですよね。この時期、こういった結論を出せるようであれば、それは今のあなたがしっかりと星の恩恵を受け取り、より良い人生へ向けた一歩を踏み出しているということであろうと思います。相手との関係性が、近ければ近いほど。あなたが相手のことを、大切に思えば思うほど。

 

晩夏から初秋へ。あなたが主役の、輝けるシーズン

8月の下旬から9月いっぱいにかけては、いくつもの星が折り重なるようにあなたを応援してくれます。「もっと、こんなふうに生きたい」という思いが自然と心の奥底から湧いてくる人は多いことと思いますし、いろいろな人から「あなたと話したい」「あなたに会いたい」と言われる人もいるでしょう。持ち前の魅力が光り輝き、愛される人もいるはずです。まさに、あなたが主役とも呼べる1ヵ月なのです。

 

ちょうどお誕生日を迎える方も多い時期ですが、ここを節目としてひとつ、「○歳の私の目標」というものを、立ててみるというのはいかがでしょうか。あなたは思慮深く現実的なところが素敵な人です。目標を立てるときは「このくらいの目標であれば、きっと叶えられるだろう」と、本当の望みよりも一歩下がった、現実的なラインをゴールに設定するかもしれません。それもまた良いことです。達成することで自己効力感も得られることでしょう。ただ、この時期の星々が投げかけてくれる明るい輝きのなか「こうしたい」と思えることがあるならば、それはあなたをより素敵な人に導く素晴らしい目標になりえるでしょう。いつもの自分ならまずしないような選択が、あなたの前を明るく照らしてくれることも、あるのではないだろうかと思います。すごいことだけが、すごいんじゃないんです。弱さだって武器にできます、できないことだって、個性にしていけるのです。

 

<恋愛運>

下半期のおとめ座の人は、どこか内向きなお気持ちで過ごすことが多いでしょう。たとえば恋人が欲しいと思っていても「今日はひとりでゆっくり過ごしたいな」と思ったり、出会いの場に行こうと思っていても「家でまったりしていたいな」というのが本音だったり、しやすい時期にあたっているのですね。理想がグッと高まって「こういう人以外じゃ、そもそも付き合わなくていいかも」などと思ってしまうことも。

 

ただ、生涯をともにするような愛をのんびりじっくり育むには、素晴らしい追い風となる時期でもあります。もっとも心安らぐ場所でマイペースに過ごす時間も大切にしつつ、気持ちが向いたならば気になる人と会ってみたり、連絡を取ったりすることはおすすめです。

 

時期的にいえば、8月中旬から9月中旬にかけてはモテ期。持ち前の魅力に磨きがかかり、一目惚れされるなんてこともあるかもしれません。11月末から12月、もっといえば2020年いっぱいという非常に長い時間は、恋に嬉しい追い風が吹く好調期となっています。頑張らなくちゃという決意云々より何より、素敵な恋をするおつもりでいらっしゃることが、ひとまずは大事であろうと思います。

 

今は恋を探している途中という人であれば、8月中旬から素敵な時期になりますね。もしも「こうなったら自分はもっと素敵なはず!」という理想の姿が心のなかにあるようでしたら、ぜひイメチェンしちゃいましょう。理想というものは、思っているだけではいつまで経っても理想のまま。この時期は、理想を現実にするにはもってこいのタイミングですから、どうぞ自分を「自分史上最高の自分」にしてあげるとよろしいかと思いますよ。新たな出会いについては、育ってきた環境に共通点がある人、というのがひとつのキーワードとなるでしょう。出身地が同じ、子どもの頃の習い事が同じ、同じ運動部だった……などといった話で盛り上がれる人がいたら、その人との今後を夢見てみるのも面白いでしょう。

 

パートナーがいる人は、この時期はお互いをかけがえのない人として大切にしていけるタイミングです。11月いっぱいまではドラマティックなイベントというものは期待しにくいです。ロマンティストのあなたとしてはつまらないと感じるかもしれませんが、おそらく12月以降から1年間くらい、ドラマは山ほどあります。そこでたっぷり味わえるはずですから、今は大切な人とのかけがえのない日常を、大切にしていらしてはいかがでしょうか。あとになって「あのときは楽しかったな」と閃光のように思い出されるワンシーンというのは、意外にこういった時期のことではないかと、私は考えています。

* * *

月ごとの詳しい恋愛運、運をよりよく使っていく方法、今が辛いという方へのアドバイスについては、電子書籍で書いております。こちらもぜひ、ご参照ください。

<仕事運>

2019年下半期の仕事運において、いくつかキーワードを挙げるなら「堅実さ」と「環境を整備」です。現状を変えたい、不満を解消したいという思いも8月下旬から9月にかけては強くなるだろうと思うのですが、転職をしたり、組織に向かって下剋上を企てたりするようなことは、11月いっぱいまでは裏目に出やすいでしょう。代わりにというわけではありませんが、12月以降は自分のやりたいことをビシッとできる雰囲気も出てきます。大きく現状を動かしていきたいようであれば、じっと勝機を待つのがベストです。運気というものは思いの強さや努力だけでなく、タイミングも重要。良い時期にばりっと動いてこそ良い流れに乗ることができますから、衝動にまかせてガツンといくようなことは避けておきましょうね。現状を活かす方向性でなら、8月下旬から9月にかけての努力は追い風が吹きやすいはずです。

 

もうひとつの「環境整備」については、ずばり掃除と整理整頓です。不要なものは処分し、汚れたものはきれいにし、実質的にも気分的に動きやすく効率の良い環境に整えることで仕事運を向上させることができるでしょう。ひとりの力でできることは限られているとしても、たとえば落ちているゴミを拾って正しく捨てるとか、休憩スペースをそっと片付けておくといったことも良いアクションです。デスクの引き出しや足元を整えるのも効果があります。パソコンの中身も、不要なファイルはどんどん整理していけるといいですね。

 

また、これまでのやり方では乗り越えられないような壁にぶち当たったり、今のスキルや知識では全然足りないと思い知ったりするような出来事が起こりそうな暗示も出ています。すでに春頃から、幾度か思い当たる出来事がある人も少なくないかもしれませんね。もしもそうした実感があるのなら、ガッツリと向き合うのがベスト。先延ばししたり、その場だけうまくやり過ごそうとしたりしても、おそらくはまた近いうちに「これはやばい」と思う場面が出てくるのです。早めに取り掛かるに越したことはありませんし、おそらくはそこで身につけたスキルや知識は、あなたが思っている以上にキャリアを大きく広げてくれます。「取り掛かるチャンスってことね!」くらいに、前向きにとらえて頑張ってみるとよろしいのではないでしょうか。

* * *

月ごとの詳しい仕事運、運をよりよく使っていく方法、今が辛いという方へのアドバイスについては、電子書籍で書いております。こちらもぜひ、ご参照ください。

本連載では、真木あかり先生が読者のみなさまから頂いた恋愛相談にお答えします。

恋愛相談の応募はこちらから(Googleフォームを利用しています)

真木先生のメッセージはこちらからお読みいただけます。

関連キーワード

関連書籍

真木あかり『2019年下半期 12星座別あなたの運勢』

ウェブや女性誌で大注目の占い師、真木あかりさんによる、2019年下半期星占い。残り半年を悔いなく充実した時間にするために、あなたの生まれ持った強みをどう活かしていくといいのか。星の動きとその影響を知ることで、力を入れるべきポイントや、避けたほうがいい思考のクセなどが浮かび上がってきます。本作品では、12星座別にあなたの運命の流れを徹底解説。恋愛運・仕事運の月ごと(7月~12月)のアドバイスや、運をよりよく使っていく方法、今が辛いという方へのアドバイスもお楽しみいただけます。

{ この記事をシェアする }

ご縁の法則

ご縁とは何か、どうすれば良いものにできるのか。真木あかりさんが占い師として経験を積む中で見えてきた「ご縁の法則」をご紹介します。
真木あかりさんの最新情報がわかるTwitterはこちら

 

バックナンバー

真木あかり

大学卒業後、フリーライターを経て占いの道へ。『辛口誕生日事典 2018』『悪魔の12星座占い』(宝島社)など著書多数。LINE占い「チベタン・オラクル」監修。個人鑑定も行っている。

Blog http://makiakari.hatenablog.com/
Twitter https://twitter.com/makiakari

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP