1. Home
  2. 暮らし術
  3. ご縁の法則
  4. 2019年下半期 おうし座の運勢

ご縁の法則

2019.06.20 更新 ツイート

2019年下半期 おうし座の運勢真木あかり

 

節目の年、自分の可能性を広げていこう。どこまでも深く、広く

星占いでは毎年、「今年はこの星座の人が、特にビビッドな転換点を迎えるのだろうな」という“目立つ星座”がいくつかあります。だからといってその星座の人がえらい! とか、ほかが地味だと言いたいわけではありません。すべての人に価値ある時間が巡ってきているわけですが、2019年はその“目立つ星座”のうちのひとつがおうし座なんですね。3月、自由と改革を司る天王星があなたのアイデンティティを表す場所に巡ってきました。ここから7年ほどをかけて、あなたは自分をがんじがらめにしていた鎖をひとつずつ外し、より自由に自分の人生を生きられるようになるために自分を改革していきます。

 

「改革」という言葉から連想されるように、安定した状況をひっくり返すような出来事も起こるでしょう。もともと人は変化を嫌う生き物ですし、あなたはとりわけ安定や確実さを好む人です。それでもこの春からは「自分を変えていきたい」という思いが強まったり、かねてより心のなかで温めていたことを実行に移したりして来られたのではないでしょうか。「まだ自分は何もしていない」と焦らせてしまったら恐縮です。7年という長丁場の取り組みです、人それぞれベストなタイミングは異なります。「こういう時期だから何かしなければ」と無理やり自分を枠にはめるほうが「自由と改革の星」らしくないことですから、きっとこれから訪れるであろう「!」とひらめく瞬間を、どうぞ楽しみにしていらしてください。そのとき、自信を持って踏み出していただければ大丈夫です。知らないこと、見たことのないもの、初めて聞く言葉、すべてがあなたの未来をそっと後押ししてくれるだろうと思います。

 

ビビッドな転換点を迎えた上半期に対し、下半期はその流れにありながら深く深く自分を探っていくような流れが起こります。8月頭まではエネルギーがふわっと拡散しがちで、どこか「定まらない」感覚があるかもしれません。ただ、そういう時期を「不安定でよくない」と思わなくても大丈夫。これと思ったものだけに集中することも大切ですが、どうしても視野が狭まりがちになるのは事実です。いろいろなものを見て、吸収する時期と思っておかれるといいでしょう。おそらく好奇心が刺激されるようなものと出会えるはずなので、まずはそれにコミットしてみるのも面白いだろうと思います。気軽にトライできるのも、この時期の素敵なところです。

 

8月に入ったら原点回帰、生きる意味ややりたいことを改めて自分に問い直すような動きが出てきます。仕事や恋愛、対人関係などさまざまなことで「そもそも、自分はどういった日々を望んでいたんだっけ……?」と、ふと立ち止まる瞬間というものを大切にしていただくと良いでしょう。必要であれば信頼している人に話を聞いてもらったり、セラピーやカウンセリングといったものを受けてみたりするのもアリだろうと思います(もちろん、占いも!)。これまで意識のはじにものぼっていなかった、心の奥深くに優しい光を当ててあげられるときです。新年度あたりから続いていた、モヤモヤや迷いへの答えがここで出る人もいそうです。

 

夏の終わりから秋が深まる頃までは、仕事でも恋愛でも対人関係がにわかに賑やかになってくるでしょう。あなたに会いたいという人が現れたり、また人と会う用事が多くなったりしそうです。会いたくない人にまで無理をして合わせる必要はまったくありませんが、この時期はなかなか良い出会いがあったり、意義のある時間になったりしやすいときです。前向きに人と交流していけるといいですね。夏の終わりから秋口にかけては広くいろいろな人と、本格的な秋を迎えた頃からは大切だと思える人としっかり向き合う時間を、と意識しておかれるとよろしいかなと思います。なお、11月はコミュニケーションに熱がこもりつつも何かとすれ違いも多いとき。連絡が来ないとか、予定が変更になったとか、思うにまかせない状況に意味を見つけ出そうとしなくても大丈夫です。「そういう時期なのだから、まあゆるっと構えていよう」というお気持ちで過ごすことが、この時期に空回りしないでいるためのポイントです。

 

12月、冒険の旅が始まる。まだ見たことのない世界へ

12月に入ると、あなたを取り巻く空気がふわっと軽くなったように感じられるかもしれません。1年くらい同じ星座に滞在して、その人の「年間のテーマ」を投げかける木星が移動するためです。木星は「幸運と拡大」を象徴する惑星。この12月から2020年いっぱいにかけて、あなたを「未知の世界への旅」に誘ってくれることになっています。

 

海外旅行や留学、海外赴任といった「旅」そのもののチャンスが巡ってくることも多いのですが、ひとことでいえば「視野を広げる」タイミング。旅をしてその土地の文化を肌で感じたり、心洗われるような風景のなか思索を深めたりして、視野が広がる。一期一会のご縁から、あたたかな学びを得る。そうした経験はどなたも少なからずあるかと思いますが、ここから始まるおうし座の人の「旅」は決して、物理的な移動ばかりではありません。勉強をする、読書をするといったことで頭や心のなかをどこまでも探索することもまた「旅」のうちなのです。社会人大学院や資格スクール、大学の公開講座などで本格的に学問に取り組みたいというお気持ちがあるならば、ぜひ行動に移してみてください。読書をするのも素敵です。地下に続く階段をどこまでも降りていくような、深さのある内容の本を味わい、考えるといったことに向いています。こうして自分の世界を広げていく、その深さや広さが、2019年12月以降の1年間はいつも以上に意味があるのですね。

 

おそらく、この時期の学びや旅といったものは、決して楽しいことばかりではないのだろうと思います。「こんなことをして、果たして役立つのだろうか?」という疑問が生まれるかもしれません。「もっと効率のいいやり方があるのでは?」と思うむきもあるでしょう。ただ、おそらく、インスタントな情報というのはこの時期、おうし座のあなたにとってはかえって面白みのないものとして感じられるだろうと思います。本当に必要なことを、時間をかけて咀嚼し自分のものにしていく。知識や学びなど得られるもの以上に、その時間の重みが今後、あなたの人生に光芒を投げかけてくれるのだろうと、私は考えています。

 

海外の方と交流したり、語学を学び直したり、行ってみたかった国への旅を検討したり、外資系企業へ転職したり。あなたの未来を広げる「旅」は、どのようなものだと思われますか。12月は2019年という1年を振り返りながら、いろいろと想像を広げてみられると素敵です。あったかいカフェオレでもいれて、おやつを用意して。きっと今年いっぱいかけて自分の内面を見つめ、自分を変えようと頑張って来られたことが、想像の幅をぐっと広げてくれるのでしょう。26日の日食あたりで、「2020年はこう生きるぞ」というテーマが、パーンと見えてくるかもしれません。それはきっと、とてもとても素敵なものであろうと思います。

<恋愛運>

今年の自分を振り返ってみると、恋愛面でずいぶんと成長したと思われるおうし座の人は多いかもしれません。恋のきらきらとした明るい部分だけでなく、ウェットで仄暗い感情からも、執着心や欲求からも目を背けずに人を愛するということを、今年ほど痛感した年はないのではないでしょうか。思うに、恋愛というのは人の美しい部分はもちろんのこと、嫌な部分や至らない部分もくっきりと浮き彫りにするのですよね。それはおそらく自分も相手も同じであって、マイナス面も含めて他人や自分を愛することに価値があるのだろうと思います。

 

恋に大きな動きが起こりやすいのは、まずは8月の後半から9月の前半にかけてですね。次いで10月、ほか12月にもなかなかアツいムードが漂っています。ただし12月は一気に燃え上がるような恋の予感がある一方で、「熱しやすく冷めやすい」傾向があるのも事実。ヒートアップしすぎて衝突する可能性も多分にあり、どうにも感情や関係性をコントロールしにくい一面があることを覚えておくといいでしょう。

 

今は恋を探している途中という方は、この夏から秋にかけてはチャンスが多いでしょう。どうぞ楽しみにしていらしてください。この時期に大事なのは、たくさん球を打つことです。といっても巨人とジャイアンツが違う球団だと思っていたレベルに野球に疎い私がこの例えを使うのは危険すぎる予感もしますが(野球ファンの皆様すみません……来世ではもうちょっと勉強したいと思っています)素振りだけでなく実際に球を打って感覚をつかんでいこうね、という意味に捉えていただけたらと思います。素振りだって大事なんです、でも球を打って初めてわかることがあります。一度打ってダメでも次も打ってみる。楽しみながらコントロールする感覚をつかんでみる、そんな感じで出会いの機会を積極的に求めていく。それが、チャンスの多い時期にしっかり運を動かしていくカギとなります。特に8月末、10月末は新たな恋が始まりやすい時期。しっかり行動を起こしていきましょう。

 

11月も素敵な時期ではあるのですが、何かとズレを感じやすいでしょう。いい感じになったと思ったのになかなか連絡が来なかったり、予定が合わなかったりしがちです。といっても、落ち込んでも連絡が来るわけではないです、そういう時期です。あまり悩まず、ゆるっといきましょう。「自分ならこうするのに、どうしてあの人はしてくれないの!?」などと、マイルールを相手に適用しないことも大事です。

 

パートナーがいる方は、楽しい下半期になりそうですね。8月末から9月半ばにかけて、少し遅めの夏休みをとってレジャーに出かけるというのは良い選択です。プライスレスな思い出が、ふたりの絆を強めてくれるのではないでしょうか。10月もすばらしい時期です。会話やスキンシップが増え、改めて相手に惚れ直すようなことが幾度も訪れるでしょう。ただし12月はケンカが多くなります。カッとしてあなたらしくない言葉をぶつけてしまったりしないように、この10月のきらめきを覚えておく、というのは良い選択であろうと思います。

 

障害のある恋など、精神的にハードな思いをなさった方は、よく頑張って来られましたね。自分は間違っていたのではないかと、過去の判断や行動を責めたくなることも多いことでしょうが、自分をいじめるようなことはなさらなくても大丈夫です。それよりも、その恋をすることで生まれた、自分の感情のほうに目を向けたほうが未来は見えてきやすいでしょう。自分自身を深く洞察する時期だけに、悩む深さもいつも以上です。悩むことにエネルギーを注ぎ続けず、自分を幸せにするほうにエネルギーを向けていけると素敵です。あなたはもとより、コロコロと考えを変えることはお得意ではありません。ですからすぐに辛い状況から脱出できなくても大丈夫ですが、「いつでも変えていいよ」という一言を、ご自分にかけておくと勇気が出やすくなるでしょう。

* * *

月ごとの詳しい恋愛運、運をよりよく使っていく方法、今が辛いという方へのアドバイスについては、電子書籍で書いております。こちらもぜひ、ご参照ください。

 

<仕事運>

新年度あたりから、仕事で成長したい、もっと求められるような人材になりたいとお力を尽くして来られた方は多いことでしょう。若手の方や転職したての方など、人から教わることが多いお立場にいる方は、この職業選択は正しかったのだろうかとモヤモヤを抱えているかもしれません。別の可能性に焦がれたり、現状が物足りなく感じてしまったりするのは、それだけ今のあなたの成長意欲が高まっているからとも言えるでしょう。

 

とはいえ、急いで成長を目指すのは、この時期は本末転倒と言えるかもしれません。スピードよりも中身のある仕事を目指したほうが、この先2年くらいのあなたの伸びしろをぐっと広げることにつながるでしょう。あなたはもともと、じっくり腰を据え、自分のペースで仕事に取り組んだほうが充実感を得やすい方でもあります。いたずらに周囲のキャリア論に煽られることなく、今やるべきことを見極めて実直にやっていかれるのがベストでしょう。

 

転職したいというお気持ちを持っておられるのなら、10月まで待ってみるのがベストです。というのも9月は、今の仕事で得られるやりがいや喜びを改めて実感することができるタイミング。「頑張って良かった」と思えるときですから、この感情と転職で得られる新境地を天秤にかけることで迷いや後悔のない転職ができるはずです。不満や閉塞感といったものは転職を決意させるきっかけのひとつですけれども、ネガティブ感情からする転職はともすれば仕事運の低迷を招くこともあります。「ここでの仕事も良かった、十分やりきった。さあ次に行くぞ」と思って転職先を探したほうが、良いご縁を招きやすいのですよね。

 

いまひとつ調子が出にくいのが7月。いつもの自分の持ち味が出しにくかったり、得意な分野なのにうまくいかなかったりと自信を失うような出来事があるかもしれません。そういうときもある、足元固めのチャンスと思ってできることをなさっていれば十分、損失を取り戻していけるでしょう。11月は交渉や相談といった、タフなコミュニケーションが不調です。どうにも意思疎通がはかりにくい、噛み合わないという感覚が強いなら無理をせずリスケをするのも良い選択であろうと思います。

 

12月は転機が訪れやすいでしょう。転職の意思をここで固める人もいるでしょうし、海外赴任や視察といった話が舞い込むことも。これは、積極的に受けてみて良いお話であろうと思います。

* * *

月ごとの詳しい仕事運、運をよりよく使っていく方法、今が辛いという方へのアドバイスについては、電子書籍で書いております。こちらもぜひ、ご参照ください。

本連載では、真木あかり先生が読者のみなさまから頂いた恋愛相談にお答えします。

恋愛相談の応募はこちらから(Googleフォームを利用しています)

真木先生のメッセージはこちらからお読みいただけます。

関連キーワード

関連書籍

真木あかり『2019年下半期 12星座別あなたの運勢』

ウェブや女性誌で大注目の占い師、真木あかりさんによる、2019年下半期星占い。残り半年を悔いなく充実した時間にするために、あなたの生まれ持った強みをどう活かしていくといいのか。星の動きとその影響を知ることで、力を入れるべきポイントや、避けたほうがいい思考のクセなどが浮かび上がってきます。本作品では、12星座別にあなたの運命の流れを徹底解説。恋愛運・仕事運の月ごと(7月~12月)のアドバイスや、運をよりよく使っていく方法、今が辛いという方へのアドバイスもお楽しみいただけます。

{ この記事をシェアする }

ご縁の法則

ご縁とは何か、どうすれば良いものにできるのか。真木あかりさんが占い師として経験を積む中で見えてきた「ご縁の法則」をご紹介します。
真木あかりさんの最新情報がわかるTwitterはこちら

 

バックナンバー

真木あかり

大学卒業後、フリーライターを経て占いの道へ。『辛口誕生日事典 2018』『悪魔の12星座占い』(宝島社)など著書多数。LINE占い「チベタン・オラクル」監修。個人鑑定も行っている。

Blog http://makiakari.hatenablog.com/
Twitter https://twitter.com/makiakari

この記事を読んだ人へのおすすめ

幻冬舎plusでできること

  • 日々更新する多彩な連載が読める!

    日々更新する
    多彩な連載が読める!

  • 専用アプリなしで電子書籍が読める!

    専用アプリなしで
    電子書籍が読める!

  • おトクなポイントが貯まる・使える!

    おトクなポイントが
    貯まる・使える!

  • 会員限定イベントに参加できる!

    会員限定イベントに
    参加できる!

  • プレゼント抽選に応募できる!

    プレゼント抽選に
    応募できる!

無料!
会員登録はこちらから
無料会員特典について詳しくはこちら
PAGETOP